「電磁波被害対策集」体に悪影響を及ぼす電磁波

電磁波調査の案内ページです。相談、依頼の仕方など、電磁波対策が必要な場合の嫌がらせ調査に関する様々な知識、情報や、方法などをお伝えします。電磁波の被害でお困りな方は参考にしていただき、電磁波について初めてのご相談の方は、被害に対し科学的に被害を証明することが重要であることを知って頂ければと思います。

電磁波被害対策相談窓口

強い電磁波は体に悪影響を及ぼす

影響は精神面にも

人体に悪影響を及ぼす周波数は1.5GHz〜300GHz、電界強度の実効値は61.4、電力密度で1と言われています。と言いましても何のことかピンと来ませんよね。もう少し身近なもので、携帯電話端末からの電波の強度、比吸収率10gあたり、138w/kgと言われています。
 
分かりにくい話しかと思いますが、では実際に強い電磁波を人体に受けると、全身に強い痺れが発生し、手や足が動かしにくくなります。痺れにより物事に集中できなくなるため、怖くて働くのに勇気がいるようになり、家の中にいても「落ち着く場所がない」状況に陥ってしまいます。
 
さらには、長年に渡り強い電磁波を受け続けた影響で、頭の中がごちゃごちゃになり、精神病の統合失調症になってしまうケースもあります。なぜ強い電磁波を浴びてしまったかというと、「集団ストーカー」という嫌がらせを受けていた方が多いのです。
 
このページを開いて、心当たりのある方は、一日も早く相談してみることをお勧めします。いち早く元の生活を取り戻せるよう全力でサポートします。人体に影響のある数値が電磁波測定で出た場合、調査結果を基に「民事事件と刑事事件」で対応することが可能ですので、安心な生活を取り戻すことができるのです。気になった方は、無料の相談窓口から相談してみることをお勧めします。

強い電磁波を受けた時のアーシング

簡単にできる電磁波対策

人体に悪影響を及ぼす程の電磁波を受けてしまった場合、アーシングと言って、体内に溜まった電磁波を排出し、正常値に戻す努力が必要になります。では、どのようなことを行なったら良いかといいますと、裸足で土の上に三十分程いる、薄めに塩を入れた湯船につかる、備長炭を部屋に置く、岩盤浴をする等です。
 
アーシングではなくても、体から老廃物を排出するために運動をして汗を流したり、カルシウムやビタミンB群を多く摂取して体に気を使うと良いようです。その他、電磁波をはね返すグッズを身につけたり、(ゴムのようなもので、手首に巻くものが売られているようです。)電気製品は、使わない時にはコンセントを抜いておくのも良いです。
 
入浴については、汗が流れるまで入浴するのですが、この時口に水を含むと発汗しやすくなります。何より簡単にすぐできるのはありがたいことで、他にも備長炭を部屋に置くことで軽減作用もあり試してみるのもよういでしょう。
 
これらのことは岩盤浴以外、ほとんどお金もかからないですから、心当たりのある方や、電磁波アレルギーになっている方も良かったら試してみると良いと思います。電磁波攻撃は人の体調や頭の中まで変えてしまう恐ろしいものですが、さらに怖いのは家族にも分かってもらえず孤立するということです。集団ストーカーにあって誰にも分かってもらえず孤立するということも大変な被害です。
 
集団ストーカーの攻撃は体だけでなく心理的にも追いつめ被害者を一人にさせる攻撃です。

電磁波過敏症とのつきあい方

被害者に寄り添う姿勢

電磁波過敏症を簡単に説明しますと、電気製品などに敏感に反応する体質のことです。最近は電磁波過敏症について興味がある方が増え、ネットで調べるとたくさんヒットします。症状としましては、頭痛、関節痛、吐き気、動悸、疲労感、集中力の低下、口の中が金属の味がするというようなものがあります。
 
電磁波過敏症は日によってばらつきがあるのですが、やはりストレスがあると症状が強く出ていると思います。毎日の症状とつきあっていくには、電磁波グッズが一番手軽で良いかもしれません。

電磁波と健康被害の関係

「電磁波過敏症」の健康被害は、個人差があることなので、強い電磁波を浴びても体調にあまり変化がないという方もいらっしゃるようです。一概に当てはまらない点が、対策を遅らせてしまう原因の1つです。
 
電磁波過敏症になってしまうと少しの電波でも反応してしまうため、ペースメーカーが誤作動を起こさないくらいの15センチメートルくらいは電気製品から離れておきたいところです。
 
最近、問題視されているのは、携帯電話やスマートフォンからの電磁波です。これらは耳に直接当てるので、聴神経鞘腫や脳腫瘍のリスクが上がるのではないかと言われています。電磁波の、高周波と低周波には蓄積作用はなく、日常で関係があるのはこの二つが多いのです。
 
スマートフォンはつい日常で手元に置いてしまうのですが、意識して離して置くようにしたいものです。

電磁波調査相談利用方法

未来を切り開くために一歩前へ

電磁波の被害を相談できる人を探すのはとてと難しいかと思いますが、相談相手を探すのは「自分」しかありません。インターネットで「電磁波 相談」「電磁波 探偵」「電磁波 解決」と検索して「これだ」という事務所が見つかったら、思い切って連絡してみてください。収穫が無くても、必ず理解してくれる人がいると確信を持って、相談できる専門家を探しましょう。

調査の流れ

1 お問合せ〜ご相談

ファミリー調査事務所にお電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

お問合せ〜ご相談

2 ご面談〜ご検討

お電話にてご予約いただいた日時に、事務所にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

ご面談〜ご検討

3 ご依頼〜調査開始

面談によるご相談の結果、調査相談による助言等のみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

ご依頼〜調査開始

4 ご報告〜アフターケア

証拠に自信!裁判にも有効な報告書で調査結果を報告。調査結果は報告書で報告します。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。専門家を紹介することも可能です。

ご報告〜アフターケア

電磁波被害無料サポート

電磁波被害解決方法

『解決するためには、被害状況を把握し正しい対策を行うことから始まります! 』
電磁波被害は、自分で立証することが困難なケースが多く、また判断が難しく間違った判断は解決から遠のくため必ず専門家にご相談ください。弊社は、電磁波被害調査・対策だけではなく、その後のアフターフォローも重視しております。調査後のサポートは、被害者だけではなくその周辺にいる家族や親族の不安を払しょくするような対策を講じる活動も行っておりますのでご安心下さい。

電磁波被害を専門家に相談する

早めに相談しよう

どうしようもなくなってからの調査相談では、対処法も少なくなり、解決が難しくなってしまいます。電磁波被害が悪化する前に、なるべくお早めに相談されることをおすすめします。調査相談はもっと身近な相談相手としてお考えください。

自分はどうしたいのかを考えておこう

調査相談時間を有効に使うために、自分が何に悩んでいて、加害者を知ってどうしたいのかをできるだけ整理しておきましょう。相談する前に、メモにまとめておくのもよいでしょう。自分の気持ちを整理しておくことで、今後の方向性もはっきりとしてきます。

関係のありそうな書類は何でも持って行こう

良いアドバイスは正確な事案の把握から。自分ではあまり重要ではないと思っていた書類も、調査アドバイザーが見ると解決につながる重要な手がかりとなったりします。まずは関係のありそうな書類を集めて持って行きましょう。

ファミリー調査事務所

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ファミリー調査事務所では、24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらからお電話致しますのでお名前・電話番号記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。




メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日

ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する