公開日:2021/04/19 / 最終更新日:2021/04/20

集団ストーカーに狙われた息子は病気!?│家族がバラバラになる原因

集団ストーカーに自分の息子が遭遇していることを知らず、調べることもなく精神病だと今までずっと思っていて、その結果、気が付いたら家族がバラバラになっていた、という流れに心当たりはありませんか? 思い当たる節の方はどうぞこの記事から、今起きている問題について考えなおすきっかけにしていただければと思います。

目次|家族を集団ストーカーから守る

被害者は統合失調症にされやすい

統合失調症とは

統合失調症とは、精神病のなかで特徴のある病気です。主に幻覚や幻想、支離滅裂な思考や発言、奇妙な行動や不適切な行動などがあるようです。症状には、現実との接触の喪失、認知機能の低下などがあげられます。

精神だけではなく現実認識に乖離があると行動が乱暴になったり、感情を制御できなくなるとされています。そのため、家庭で手に負えなくなったとされる患者は精神科の医師が精神病棟へ強制入院させる権利があるのです。

その統合失調症は本物ですか?

精神病(精神および行動の障害)の総患者数は平成8年では1886人、平成29年では3481人という数字になっています。約2倍増えていますが、精神病になる人は年々増え続けているとされています。

話によると100人にひとりは統合失調症になると言われています。しかし、幻聴や幻覚それに異常行動というのは集団ストーカーやテクノロジー犯罪はよく使う手法を酷似していることも正視しなくてはなりません。あなたの息子さんが本当に統合失調症なのか、人工的に統合失調症と思わされてしまっているのか判断を見極めなければなりません。

真実を知らなければ何も変わらない

家族が集団ストーカーに遭っているとどうなるか

真実を隠されたまま問題が浮彫に

息子さんや娘さんにある一定のイメージを家族間や近所や特定の範囲の地域の人たちとすでに共有しているかもしれません。長年被害に遭われていても、病気だと気づきにくいものです。なので、一度そのイメージが正しいものかリセットし考え直す必要があるかもしれません。

実際に集団ストーカーに遭遇しているお子さんたちは集団ストーカーやテクノロジー犯罪に遭遇している背景を一切知らぬままに精神患者として仕立てられている可能性が高いです。

真実を隠したまま家族に精神病と思わせる理由

家族が集団ストーカーの被害に遭っていたとしても、あまりに巧妙であるため、水面下で何が周囲で起こっているのか、あるいは何が仕組まれ、どんな理由でされていることか知ることができないため被害者とその家族の間で食い違いを発生させ、家族の仲を引き裂くことができます。それが、被害者が家族に精神病だと思わせる理由であると考えられるのです。

集団ストーカーの「家族離散」の意図

長年にわたり計画される

被害者の不思議な共通点として集団ストーカーやテクノロジー犯罪に遭遇している人たちは、長年にわたって被害を受けていることが多いです。真相を隠された家族が子どもの精神病発症をきっかけに家族関係が徐々に悪化していき離れ離れになっていくというのは少なくありません。

子どもの精神病が発生した責任を両親がなすりつけ合いしたり、兄弟姉妹間で泥沼化してケンカになったり家庭環境が悪化することがとても多いのです。そこまでいくにはかなりの時間が必要でしょう。犯行を悟られずに家族の問題にすり替えたりすることも犯行では難しいことではなく、長年にわたった計画によって実現されているのです。

「家族離散」を計画する理由

なぜ集団ストーカーやテクノロジー犯罪では「家族離散」を計画するのでしょうか。一説によりますと、集団ストーカーというのは必ずしもターゲットをひとりだけと定めているわけではないということです。

「家族離散」というのは集団ストーカーが通説としている多くの人たちを不幸な目に遭わせる方向と一致しており離散させようとしている家族に何か恨みがあるわけではない場合もあるようです。

もしかすると恨みがあり、復讐代行によって行なわれるかもしれませんが、大きな組織が犯行していますので目的に沿うためにただターゲットを選んでいる可能性もあるということです。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

子供がターゲットにされるのは何故 理由1

ビジネスとして長期計画をたてやすい

大人の場合、運よくきちんと証拠のとれる探偵へ依頼し、あっさりと集団ストーカーが終了することがあります。そのような心配をしなくてよいのが子どもなのです。子どもに起きる事象を子どもは大人にうまく話すことができません。加害側はその不自由さを利用します。

乳幼児や幼少時から開始

犯行の中断を心配しなくてよいのが子どもですが、大人でもメディア統制によって中断を心配しなくてもよい場合があります。しかし、憶測ではありますが乳幼児や幼少時から犯行を開始することによって、生まれついて集団ストーカーの中で生きてきた子どもは環境を受け入れやすいのです。

途中から急にありえない環境になり、おかしいと思う大人の方がより犯行がしやすいでしょう。かなり小さい時から犯行がされてしまうケースは何かの実験対象になっているようだとSNSで幼少期からの犯行経験を述べている方もいらっしゃいます。

子供がターゲットにされるのは何故 理由2

親自身の恨みをもつ者がその子供を狙うケース

集団ストーカーにターゲットにされる方というのはさまざまで、大概は理由はないのに突然始まることが多いですが、中には理由があって被害を受ける人たちもいます。理由がある人のなかでも子どもに関することは、いわゆる「恨みの肩代わり」というものです。親の方に恨みがあったり、宗教の勧誘を親が断ったりすると、その当てつけが子どもにいきその結果、子どもが集団ストーカーのターゲットにされるのです。

「恨みの肩代わり」

例えばこのような事例があります。宗教団体に入信していた女性が宗教団体と何かのトラブルがあって行かなくなったことで、女性は独り身で息子を育てていました。そこで宗教団体が女性の一番大切な存在である息子をターゲットとして、不幸な目を遭わせることで女性と離縁させ女性を悲しませるという計画をしていた、というものです。

一方的な不幸の押し付けといえるでしょう。なぜそんな理由で長期的に不幸に陥れるのかが最大の謎ですが、裏では大きな組織が動きお金のかかったビジネスであるのかもしれません。集団ストーカーの目的ははっきりいって当てつけでも構わない世界ということは知っておいてください。

集団ストーカー被害無料相談

集団ストーカー解決方法

『解決するためには、被害状況を把握し正しい対策を行うことから始まります! 』
集団ストーカーによる被害は、自分で立証することが困難なケースが多く、また判断が難しく間違った判断は解決から遠のくため必ず専門家にご相談ください。弊社は、集団ストーカー調査・対策だけではなく、その後のアフターフォローも重視しております。調査後のサポートは、被害者だけではなくその周辺にいる家族や親族の不安を払しょくするような対策を講じる活動も行っておりますのでご安心下さい。

ご相談・お見積り全て無料です

『24時間相談無料・駆けつけサポート』
集団ストーカーをする人への対策調査にかかる費用は、依頼人の希望される調査内容やお持ちの情報、調査を行う諸条件等で異なる為、先ずは専門の担当が依頼人と直接お目にかかって詳しいお話をお伺いしております。

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する