公開日:2017/07/06 / 最終更新日:2021/04/02

集団ストーカー調査・対策ガイド

集団ストーカーの被害者が、探偵事務所に相談するのも容易ではありません。そこでファミリー調査事務所では無料相談サービスを実施し、悩まれている皆様に解決の第一歩として調査・対策について、経験した情報を基にお伝えしております。

目次│集団ストーカー調査・対策相談

集団ストーカー相談室

はじめての相談

「集団ストーカー被害かも」と感じたら一人で悩まずに是非ご相談下さい。集団ストーカーについて初めて相談する方は、どの探偵に相談して良いのかわからないでしょう。勇気をだして相談したものの、「集団ストーカーは被害妄想」と決めつけられ、話すら聞いてもらえないなどの悩みを抱えている方が多くいらっしゃいます。はじめて相談する方、他社で解決できなかった方は一度ご相談ください。

「早期」に相談するメリット

よく誤解されるのですが、探偵事務所には相談するだけでもよく、必ずしも調査の依頼までする必要はありません。集団ストーカー被害が悪化してしまっている時は、早期に依頼した方がよいケースも確かにあります。ですが、まだ集団ストーカーの初期段階であれば、早めに相談しておくことで、早期解決やトラブル回避することもできます。

最善の解決策を提案することができる

探偵にできることは、「集団ストーカーの被害を証明」することを目的に調査をします。集団ストーカーの被害は複数の嫌がらせが絡み合い、一つの調査だけでは解決することは難しいのですが、探偵に依頼する際に必ず確認することは、「どの被害なら確実に証拠が取得できるのか?」になります。初めて経験する集団ストーカー被害に向き合うために、相談した探偵社の内容を鵜呑みにするのではなく、自分でも調べておく必要があります。

なぜ被害者個人の対策が必要か

集団ストーカーの主なパターン

「集団ストーカーと電磁波攻撃」について、日本ではメディアで放送されることもなく、社会的にも黙殺する方向に現在あります。だからといって解決できないわけではありません。要は犯罪組織の理念として言わないこと、つまり”秘密主義”あるいは”秘密であることの優位論”がベースにあるだけです。

「集団ストーカーと電磁波攻撃」あるいは”TI(Target Individual)”の犯罪組織の被害者で今まで解決できた人も一定の人数はおりますのでご安心ください。しかし解決できた方には共通の特徴があります。それは被害に遭われている方ご本人が「必ず解決する」という気持ちです。結論から言うと良い探偵に巡り合えば解決します。

被害者と探偵事務所

しかしなかには「探偵に依頼するなんて冗談じゃない。安部幾太郎さんが著書『集団ストーカー認知・撲滅』で書いていたように探偵はほとんどあてにならないと書いてあったじゃないか」と仰る方もいるでしょう。事実、そのような犯行に加担している探偵事務所というのもあるかもしれません。安部幾太郎さんの電子書籍の言うとおりに「昨今の探偵事務所の設立は著しいものがある」というのはまさに意表をついています。

しかしそのような認識こそ加害側の思うつぼだったということはご存知でしょうか?決して安部幾太郎さんが間違っているわけではなく書かれていることは現実のことです。しかしそのような善意の人たちも犯行側は利用します。

しかしあの著書ではきちんとしている探偵もあるでしょうと記述があります。そこを見逃さないのか見逃すのかによって読者の解決の明暗がはっきりと分かれてしまうでしょう。ですので、そのような情報操作の意向が加害側にあることを理解していただければ幸いです。詳細は探偵と共同対策の章に譲ります。

どうしたら解決に至るのか

集団ストーカーと向き合う

被害に遭っている方が完全に解決したいという意思を持つかどうかが組織犯罪と縁を切れるかどうかに大きくかかわるのです。「そのうちなくなるのでは」と思い、放置する人には犯人側は安定して加害を行えるチャンスで、あの手この手で解決の糸口を伏せようとしてきます。

そのため解決できるはずであっても、被害者に誤った情報を流して解決から遠のくようにします。「そこまでするか?」と思いますが加害側はビジネスです。加害側の一定の人たちは毎月安定的に給与があります。経費節約のために委託の人たちを利用しボランティア活動をさせて安い方法で犯行を続けることもあるくらいです。

その反面、脱退する人は徹底的に滅していくような反作用を起こすシステムを作動させているのかもしれません。おそらく”飴と鞭の使い分け”が徹底している組織で人員管理の統制が取れているのでしょう。つまり「秘密」にしたい犯行を掘り起こし、実証して「秘密」にさせないことが問題解決では重要になってくるということです。

問題の所在を割り出す・分析

「問題の所在」を放置する被害者を加害側は安心します。加害者たちを安心させないために問題の所在を定義していくことが重要です。ひとりで対策するというのはかなりの困難を極めます。

しかし、まったく何も対策しないよりかはまだよいのです。問題の所在を定義していくためにも、被害を割り出す作業が必要です。被害者ご自身の被害を割り出すには大きく分けて被害調査と情報収集調査になります。

被害調査
  • 1.家の外や会社で今までと違うことが起きていることを書いて分析
  • 2.仄めかしの内容を覚えている限り全部書
  • 3.なぜ自分はターゲットになったかを直近から過去を振り返り分析
  • 4.被害当初から現在までの身体的被害の経歴と詳細の書き出し
  • 5.被害当初から現在までの環境被害の経歴と詳細の書き出し
  • 6.被害当初から現在までの人間関係被害の経歴と詳細の書き出し
  • 7.他にもコリジョンキャンペーンやノイズキャンペーン、アンカリングなども書き出す
  • 8.思い当たる組織団体がいる場合、アンカリングや仄めかしで犯行側が被害者にたいして何を示唆してくるか記録する。
情報収集調査
  • 本や電子書籍から被害の情報収集
  • インターネット上の被害者の方たちのブログや記事から情報収集
  • 日本の探偵事務所の記事の調査

被害調査についてご自身でスムーズにできるように各ポイントを書きました。参考にしてみて最初は思いつくままに箇条書きでもいいです。思い出したことをすべて書いていく作業を続けてください。慣れてきたらあとから個別に分けていくというのでも結構です。

被害者個人の5つの対策方法

集団ストーカー被害対策

1. 毅然とした態度をとる。

理由:被害者丸出しで弱腰に逃げ回っている被害者は加害側から見たらただの獲物です。態度上、どんなに弱腰になって泣いてみせるなどしても加害が弱くなったという事例は皆無であると被害者の方の意見集約として記述があり信憑性は高いです。むしろ暴露していく方向に自分はいるという毅然とした姿勢を見せていき、その姿勢を変わらず安定的にもっている人のほうが加害側の弱みを握りその結果加害側に恐怖を与え続けます。

2. 自分だけが被害者でもないことを確認(メンタル強化)

理由:組織犯罪の被害に遭遇していると、人間関係で奇妙なことが起こります。全員が加害側ということでもないですが、実は加害者が一番監視されています。同情の余地はありませんが、サラリと嫌味を言えるぐらい胆力をもてる心の余裕は必要です。メンタルを強化することで、いつでも冷静な分析ができ、加害側を絞っていくのに大変役立ちます。

3. 加害側に対して過剰に反応しない

理由:加害側は全員、人です。組織犯罪というのはデバイスが介入して電磁波攻撃や盗聴をしますが、所詮は人が100%していることです。加害側を逆なでする必要もありませんが、過剰に反応すると「嫌がっている」ことがバレて、追い詰めようと必死に同じ嫌がらせを繰り返してきます。集団ストーカーができる行為を知っていれば、想定内で起こることに過剰反応することも恐れることもありません。

4. 行動パターンを変えてみる(

集団でストーカーを行う人は、被害者の通勤経路や行動パターンなど把握している可能性が非常に高いことから、あえて、いつもと違う道を通ってみたり、わざと行き止まりに行ってみたりすることで尾行している人を誘い込むことができます。集団とはいえ、何名か犯人が特定できれば主犯格にたどり着ける可能性が高くなります。注意点としては、捕まえようとする行為は危険ですので人通りが多い道にでて通報するなど危険を避けて対応して下さい。

5. とにかくメモや録画して記録する

不特定多数の場合、犯人の顔や状況を記憶力のみで把握するのが難しいです。プロに任せる前に、ある程度は自分で犯人の絞り込みをしたり、被害状況を把握できると調査がスムーズに進みます。可能な限り、集団ストーカーが行われた時間帯、人物の特徴、車のナンバーなどメモに残すことが必要です。

探偵社との共同対策について

探偵は加害者?は洗脳工作

「探偵はなんかあやしい」と思う方もなかにはいらっしゃるかもしれません。「なぜ被害者個人の対策が必要か」でも挙げたように被害者の方が情報収集をするにあたり、「探偵に依頼しても加害側とグルである」の記述を目にすることがあります。実際にそのような探偵もいたのかもしれません。しかし全ての探偵がそうと決めつけてはいけません。

探偵業の推移

安部幾太郎さんが著書『集団ストーカー認知・撲滅』の12章5節に「探偵業の概要」と記述があります。ここでは2012年末の探偵業が5546件(個人:4090件、内主たる営業所数:3987件、法人数:1456件、内主たる営業所数:1073件)となっています。

令和元年では探偵業が6066件(個人:4414件、内主たる営業所数:4291件、法人数:1652件、内主たる営業所数:1200件)となっています。2012年以降全国で520件以上探偵が増えているようです。増えている原因に「集団ストーカーの加害組織」が探偵業の許可を取るということも、もしかしたらあり得ますが、あっても少数で増えている原因とは無関係でしょう。

長期でも対応できる探偵事務所を探す

探偵事務所も特色がさまざまですし、まして「集団ストーカー」に理解のない探偵もあります。しかし適切な犯行の事実を特定し、証拠をとり、特定の犯行人物を捜査できる探偵事務所であれば、証拠を盾に、あなたの身に起きている不可解な被害を完全に終らすことも可能です。

前章で犯罪への対策を書いてきましたが、電磁波の被害調査対策については書きませんでした。なぜなら個人で電磁波調査をしても逆に被害が大きくなり深刻化することも考えられます。個人でできることと専門家ができることは異なりますし、かといってもやはりご本人の証言がヒントになることも多いのです。

ただ個人で犯行を解明しようと深く首を突っ込むことなく専門家にお任せいただくことで解決がスムーズになることは確かです。

最善の解決方法

ある程度被害意識がある方は「集団ストーカーと電磁波攻撃」の被害者である可能性は高いです。しかし、ご自身の思い込みもなかにはあります。加害側は、この思い込みを利用しようと「犯行を休止」し、まじめに調査している探偵も「何も発見できなかった」状況になることもありますが、犯行がなければ当然です。

現代ではスマートフォンそのものがハッキングされており、主な盗聴・盗撮手段となっているため、最初から被害者が誰に連絡して話した内容が加害側に分かっていることもあります。逆に、情報が漏れていることを利用して集団ストーカーを特定した探偵もいます。どのような探偵事務所なのか、ご自身でいくつか電話して、どのように対応するのか冷静に判断してください。

質問内容として、アフターフォローがどういうものかを知っておくことが重要です。期間が厳密に決まっていてその間のみの調査で終了(アフターフォローなし)か、それともある程度は証拠がとれるまで調査できる事務所か、そこまで判断したほうが同じ支払いをするのでも結果に雲泥の差がでてきます。

探偵事務所選びにも明暗があるのは事実です。

あなたが今まで受けた情報をぜひ私たちに教えてください。それにより問題の解決や糸口が判明するのに時間短縮したりします。年々犯行手口も社会情勢とともに変わり、そのために偶然を装い分かりづらくなっています。また被害者の方は経済的に困窮する工作を受ける確率が高いです。

「専門的な対策」と「有効期限のない調査期間」「解決するまで無料サポート」で、探偵事務所を探している方は当事務所へご連絡いただくことをお勧めいたします。

集団ストーカー調査費用

そのお悩みファミリー調査事務所なら解決できます!

  • 集団ストーカー調査を依頼したいが、なるべく費用は抑えたい
  • 調査後も定期的な無料サポートをしてほしい
  • 自分の予算で調査を依頼したい
集団ストーカー調査(現状把握調査) 基本料金:132,000円
集団ストーカー調査(1カ月サポート付き) 基本料金:300,000円
集団ストーカー調査(3ヵ月裁判資料証拠収集) 基本料金:480,000円

ご契約以外の調査を事前説明なしに行い、請求することはありません!

近年、探偵事務所等で不正な料金を請求されるなどのトラブルが多発しております。当事務所では、ご契約された内容以外の調査をご依頼者様の了解なしに行うような事は一切ございません。もし調査の上で必要な場合であっても、必ず事前にご依頼者様に調査の必要性、内容をご説明の上、ご了解をいただいてから調査いたします。

集団ストーカ—調査・対策をお考えの方へ

長年の経験と独自のノウハウを生かした集団ストーカー調査

集団ストーカ—による被害者の方が周りにそのような相談をすると「考えすぎ」などと真剣に話を聞いて貰えないことが多いようです。集団でのストーカ—被害は、自分で立証することが困難なケースが多く、また判断が難しく間違った判断は解決から遠のくため必ず専門家にご相談ください。

集団ストーカーの被害を相談できる人を探すのはとてと難しいです。ただ、相談相手を探すのは「自分」しかありません。インターネットで「集団ストーカー」と検索して「これだ」という事務所が見つかったら、思い切って連絡してみてください。まずは話してみないと分かりません。必ず皆さんの被害に対してサポートしてくれる専門家が見つかりますし、調査が終わっても解決までサポートしてくれます。

必要に応じて、弁護士のご紹介や法的アドバイスも致しております。

集団ストーカーによる被害者の精神的被害は相当大きいと考えられます。当社は、集団ストーカー調査・対策だけではなく、その後のアフターフォローを特に重視しております。調査後のサポートは、被害者だけではなくその周辺にいる家族や親族の不安を払しょくするような対策を講じる活動も行っておりますのでご安心下さい。

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する