公開日:2021/09/07

集団ストーカーやテクノロジー犯罪に支配されない本当の生き方

集団ストーカーやテクノロジー犯罪に振り回されないためにはどうしたらよいか?

プロの経験から出した「答え」をお伝えしていますので、1つの方法として参考にしてください。

本来の生活を取り戻す第一歩

自分の弱みに漬け込んで近づく人に要注意

組織犯罪の被害者はどういう人がターゲットにされているのか垣間見ることになります。重要なことは、「人を信用しすぎないように気をつける」ということだけではありません。この手の犯罪は誰でも起こることです。

女性
ご依頼者様: 40代/女性 
ご依頼内容: 嫌がらせ調査
ご依頼理由: 私は派遣社員として仕事をしていました。詳しくは言えないのですが、ある時に、同じ被害者の仲間の1人に「正社員で働かない?」と勧誘されました。仕事があると紹介され、仕事を安定させたかったという気持ちが強かったので、藁にも縋る思いでその男性の仕事内容の確認や何日から働けるか調整し、私は派遣の仕事も辞めて、行動を起こしました。最初は、とてもやさしく頼りになる方だったのですが、お食事のお誘いを何度か断るようになってから態度が急変しました。男性から「この女性は被害妄想がある」「精神が病んでいる」と周囲にいいふらすようになったのです。リアルでもSNSでも女性が精神疾患を患っていると思わせるような書き込みをし続けていました。せっかく派遣社員の仕事を辞めたのに、仕事を無くされたことでショックを受けて、SNSのコミュニティや被害者との交友も断ちました。これは「分断工作」なのか、たまたまなのかわかりませんが、もうこんな生活うんざりなので解決までサポートしてください。

真実を知らなければ何も変わらない

分断工作とは

裏のとれない仕掛けられた罠

分断工作とは、集団ストーカーやテクノロジー犯罪の被害者同士の情報共有を妨げるために、「人」「金」「情報」を駆使し、被害者同士を引き離そうとするスパイ行為です。

よく、「情報に振り回される人」「同調同圧に弱い」人がターゲットにされているといわれますが、そんなことはなく「誰でも」ターゲットにされる可能性はあります。

その理由は、分断工作されても、そのことに気づいてないことがあるからです。被害者であれば、なにかしら不自然なことが起きたときに「仲間を疑ってしまう」ことはあります。

被害者心理をよく理解している加害者は、「きっかけ」だけを与えてあとは自滅するのを待つだけと考えているかもしれません。

距離感と相手に期待しすぎない

コロナ禍で人と会うことを控えるようにという世間の流れの中でも、ほどよい距離を保っている良い関係で情報共有できている方はいます。

お互いにメリットがあれば協力した方がいいに決まっています。それでも、人それぞれ被害内容や環境も違う中、完璧にわかりあうことは難しいことを理解してください。

出会いがあれば別れもあります。分断工作を考えるあまりに「孤立」することは考えないでください。

行動と思考を止めた時が「相手の望んでいる姿」だと忘れないでください。

自分の考えをきちんと持つ

思考を停止しない

情報がありふれてる中で自分が必要とする情報をみつけましょう。嫌がらせ被害者の中には、外部との接触を遮断し、考えることすら放棄してしまうことがあります。

情報の精査は大変かもしれませんが、「現状を変える」ためにも行動することを諦めないでください。そのためにも、孤立を避けることから始まります。

この記事は読んでいる方は、少なからず被害に振り回されているかと思います。我々プロでも1人の力では限界があり、解決できない被害者の問題もあります。

自分の考えをきちんと持つことは必要ですが、主張が客観的に誤っている場合、または、優れた意見が出た場合に自分の提案を素直に取り下げる柔軟さも必要になります。

解決後のイメージをする

コロナウイルスの緊急事態宣言のなか、リモートワークのおかげで「集スト被害」のことを考えなくなった人や自粛で制限されてる中で、外部との接触がなくなり生きやすくなった方もいます。

しかし、この状況はいつまでも続きません。コロナ後の生活をイメージして「今ある問題をコロナ禍」に解決させることで、次のステップに進むのです。

視野を広げる

自分の見識を広げる

視野が狭くなるのは理解できます。ただし、被害者の中には犯人を突き止めることが生きがいになってしまい、四六時中「組織犯罪」について情報収集している方もいます。

同じ被害者と情報共有することはよいのですが、本来の自分の生活を忘れてしまうのは違います。

ほどよい距離を取り、同じ被害や悩みを抱える人たちが「分断工作」によって「孤立」しないようにサポートすることが必要です。

その行動が、自分も救われていることに気付くことができるでしょう。

そのためにも、「情報弱者」にならないようになにかしらの「行動」することが一番の得策です。

ひとつの情報に対し色々な角度から見てみる

視野が狭くなると他人の意見を聞き入れられず、自分の意見に固執してしまう傾向があります。

自分を持つことと、視野が狭いでは全く違います。色々な意見を聞くことで「見えてくる景色」は、行動を起こした人にしかわかりません。

「どうせ相談しても…」ではなく、1つの意見として聞く習慣からはじめてみてはいかがでしょうか?

組織犯罪の共通点から見えてくること

真実の情報は多くはない事実

色々な情報がインターネットで拡散されており最近のSNSでは「集団ストーカー」もしくは「テクノロジー犯罪」などの被害者のブログが多く見受けられます。

しかし実際には組織犯罪にもビジネス要素があり、被害者を錯乱させ長期的に犯行を長引かせたいと考えるのが一般的です。

そのため被害者を装った加害側が「妄想・総合失調症」であることを仄めかしながら、いかに精神病のせいにして被害者として振る舞うことで実際に起きている組織犯罪を否定する方向に昨今は見受けられます。

そのような誤った情報に振り回される被害者の方も多く、解決できないまま長年にわたり被害者であり続けることが多いようです。本当の情報は精査していかないと真実が見えづらくなっています。

ならべく当社のサイトから知識を身に着けて、インターネットのSNSで情報取得することをお勧めいたします。

最善の解決策が見つかるまで何度でも無料

弊社の無料相談では、調査の専門家が問題の対処方法をアドバイスしたり、調査の手続きをご説明したりしております。1回のご相談で解決しない場合は、複数回ご相談いただいて構いません。

また、調査が必要かどうかわからない問題も、まずは相談してください。お悩みを打ち明けていただくことが、大きなトラブルへの発展を防ぎ、問題を解決する第一歩になるのです。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する