家出人・失踪人探しは必ず相談|山形-人探しの専門窓口

家出・失踪人探しを得意とする探偵ファミリー調査事務所は、法に基づき探偵調査業務を行う山形県ファミリー探偵事務所です。家出した人を探す方法やその際のポイントについて解説していきます。今現在、大切な人が家出または失踪していて行方不明だという方にこそ、本記事を参考にしていただければと思います。

山形県家出・失踪人捜索無料相談窓口

家出・失踪人の状況を整理する

なぜ失踪したのか。家出の理由は。その理由を知りたくても、行方不明になった本人がいないのでは確認しようがありません。しかし、失踪や家出がもしも意図的なものならば、「家にいたくない」「自分の居場所はここじゃない」と感じてしまったのかもしれません。家出人や失踪人を探す時、衝動的な家出なのか、計画的なものかにより、捜索の方法や範囲には変化がありますので、まずはいなくなった状況の整理が必要です。

失踪の原因⇒行動パターン⇒居場所の特定

状況整理
家出 自分の意思で家出した/トラブルに巻き込まれた/衝動的に家出した/精神疾患などの持病が原因/会社・学校に行きたくないなど
失踪 いじめられている/借金の返済ができない/持病が原因で帰れない/愛人・恋人との失踪/うつ病などの持病が原因など
行方不明 行方不明の場合、原因が不明

家出・失踪者の発見事例

家出・失踪者発見場所
家出・失踪人の居場所 知人宅や愛人宅/24時間営業のネットカフェやファミレス/宿泊施設/街や家出サイト上で声をかけてきた人の自宅/暴力団の事務所/宗教施設/住込可能な職場/海外(空港)/パチンコ店駐車場/大型商業施設内/高速パーキング/公園/自宅付近/道の駅など

捜索願を出す

捜索願とは、失踪者の捜索を警察に届け出るための書類です。捜索願は原則として、住所又は居所を管轄する警察署、行方不明となった場所を管轄する警察書でなければ出すことができません。
 
捜索願を出す理由として、自分で探す場合、または探偵会社が探す場合に聞込みや情報収集がスムーズにができるケースが多く、事件性が高い、命に危険が及んでいる、一人では生活が不可能など警察が動かざるを得ないといった状況であれば、警察による捜索が行われることになります。

自分で家出人を探す具体的な方法

友人、知人、職場に聞き込み

家出・失踪人探しにおいて、特に友人や知人は有力な情報源となります。家出の原因が親子間不和・夫婦間不和の場合、友人が同情して家出の協力をしているケースがあり、その場合は聞込みではなく張り込みに切り替える必要があります。普段家族には話さないようなことも、友人には話していることも多く、本人に近づけるわずかな情報でも聞き出すようにしましょう。

インターネットの活用

インターネットで家出・失踪人探しを行う際、SNSだけではなく、掲示板で情報を集めることができます。「家出人 掲示板」などとキーワードを入力すると見つかりますが、個人情報が掲載されるので家出・失踪人が見つかった場合は削除することを忘れないようにしましょう。家出・失踪人が事件や事故に巻き込まれている可能性があったり、命の危険や緊急性が高い場合は、警察に捜索願いの届出を最優先して動いてもらいましょう。

私物の整理(持っていった物)

家出・失踪人が持っていった物を確認することで、突発的な決断なのか、計画的な家出なのか、犯罪に巻き込まれた可能性があるのかなど原因を調べることから始まります。確認する点としては、身分証明(運転免許・健康保険・パスポート)、所持金(売れる物も含む)、通信機器(携帯電話・パソコン・タブレット)、金融情報(通帳・クレジットカード)、移動手段(徒歩・車・自転車など)は最低でも確認し警察に捜索願の届出を行います。

警察へ行方不明者届を出した時の捜索方法

公開捜査

警察が捜査資料の一部を公表して民間人の協力を求める捜査を行います。ビラを作成したり、聞き込みをしたり、報道などにより全国的に呼びかけが行われます。公開捜査、より多くの者からの証言・証拠の提供が一刻も早くに求められるケースになるので、相当事件性が高い場合に行われます。

科学捜査

以前は「鑑識捜査」といわれていた科学捜査は、失踪現場と見られる場所にのこされた家出人の血痕や、行方を探すのに有力だと思われる遺留品を鑑識にまわして捜査することがあります。この捜査を行う場合、事件性が高く相当身の危険が迫っている状態ではないと科学捜査は行いません。

捜索願の出し方

対象者が行方不明となった時の住所又は居所を管轄する警察署・対象者が行方不明となった場所を管轄する警察署・届出る人の住所又は居所を管轄する警察署のどちらでも可能です。捜索願の記入用紙を出す際は、行方不明になった日時や服装などできるだけ正確に記入してください。

警察署
山形県警察 担当課:生活安全企画課 電話:023-630-2211(代表)

探偵事務所の捜索方法

関連人物の尾行・張込

家出・失踪の原因特定や、家出・失踪の原因と関係が深いとされる人物を選定し、尾行や張り込みを行いながら家出・失踪人の行方に関する手がかりを得られないかを探ります。長年の経験を生かした探偵の調査は、依頼人が見落としていた細かい情報を集めて家出・失踪人の現住所を割り出していきます。

特殊調査

探偵独自の「ネットワーク」を駆使した調査になります。失踪場所(GPS)の特定やカードなどの使用履歴などリアルタイムでほしい情報を入手し居場所を特定するまで行います。また、家出・失踪した場所が特殊なケースでも、山岳捜索やドローンを使った調査まで幅広く対応できます。専門家に依頼する場合、必ずしも「費用=発見率」ではなく「情報量=発見率」になりますので、いかに情報を収集できるかにかかっています。

オンライン調査

インターネットを使って行方がわからない人を探すことができます。SNSのアカウント特定や家出サイトなどの掲示板チェック、ネットで情報の拡散や情報提供を求めて掲示板への書き込みなども利用できます。SNSを利用した捜査方法やネットリサーチでSNSの更新した画像から居場所が特定することができますので利用しましょう。

山形県家出・失踪調査料金のご案内

ファミリー調査事務所の家出・失踪調査料金

家出・失踪調査料金
家出・失踪調査料金 家出調査:着手金¥50,000~+日数分諸経費(成功報酬プラン有)
各種データ調査料金 特殊調査:着手金¥70,000~(クレジットカード・銀行などの直近履歴)
家出・失踪調査料金 失踪調査:着手金¥100,000~(移転先・郵便転送・車両ナンバーなど)

依頼人との共同作業

【長年の経験と独自のノウハウを生かした調査方法】
ファミリー調査事務所では、失踪者を早急に見つけることを最優先していただくために、専門家にしかできない事、依頼人にしかできない事を明確にすることにより、必要な分だけの調査費用を算出させていただきます。また、事前に予算をお決めになっている方にも、その予算内で出来る効果的な調査をご提案致しますのでお気軽に申し付け下さい。

安心の成功報酬

【結果が出なければ成功報酬料金は発生しません】
ファミリー調査事務所では、成果基準が明確なものを前提とした成功報酬での調査プランもご用意しております。居場所が判明した場合、本人の写真撮影を行い、依頼人に本人確認をして頂きますのでご安心下さい。また、難易度が高く、他社で高額な成功報酬を提案された方もお気軽にご相談下さい。

繝輔ぃ繝溘Μ繝シ隱ソ譟サ莠句漁謇€

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ファミリー調査事務所では、24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらからお電話致しますのでお名前・電話番号記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。




メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日

ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する