公開日:2021/07/20

繰り返し行なう「嫌がらせ」は洗脳を定着させる集団ストーカーの手口

集団ストーカーはなぜ繰り返し嫌がらせを行なうのか…その目的には「洗脳」が関係しております。

ここでは洗脳の仕組みからその解き方まで、わかりやすくご説明します。

目次│集団ストーカーの手口について

洗脳するために何度も繰り返す「嫌がらせ」

よく使われる「洗脳技術」

この洗脳のやり方は「マインドコントロール」するために、単発で行なう嫌がらせとは異なり「長期間」恐怖を与え続ける悪質な嫌がらせです。洗脳を仕掛ける側は、リスクがある「暴力」を避け、つきまといや仄めかしを使って極限の恐怖を与え、「支配する側と支配される側」の上下関係を築きます。

この上下関係が成立した状態は、身体的にも精神的にも弱ってしまい「無力感や無価値感」を持ち始め、「何をやっても無駄」と思い嫌がらせすら受け入れる心理状態になります。洗脳を仕掛ける側は、「ムチ」だけでは潰れてしまうことを知っており必ず「アメ」を与えて、本当の目的「コントロール」できる状態に仕上げます。

時間をかけて作り上げる環境
  • 周囲から孤立させる
  • 精神的に不安定にさせる
  • ネガティブ思考がとまらない
加害者も刷り込まれている

「刷り込み」は、嫌がらせだけではなく、マルチ商法の勧誘、スピリチュアル系のオンラインサロン、交際相手を自分の言いなりにするために使われる手法です。また、集団ストーカーについては「加害者(実行犯)」が一番洗脳されている状況で、「間違った正義感」で被害者を悪とし嫌がらせを続ける傾向があります。

まずは内集団バイアスを知る

集団間の競争

洗脳を解くためにはまず、どんな環境で洗脳をされるのか知る必要があります。その洗脳の一つとして内集団バイアスについて見ていきたいと思います。

まず「内集団バイアス」とは、自分の所属するグループ対して好意的・協力的に行動する一方で、自分が所属しないグループ対しては敵対的・競争的に行動するという内集団バイアスを示す傾向があります。

複数の嫌がらせや集団ストーカーの加担者はまさしく、内集団バイアスで洗脳された人たちであり、指示を受けたことに対して忠実にやることに徹底しています。

それが、自分たちの人生に影響がでようがおかまいなしに、嫌がらせや攻撃的な行為をやり続けます。簡単にやめられないのは、内集団バイアスで洗脳されると自分がこんな思いをしてるのは「属していない人たちのせい」と責任転嫁をして、自分を正当化する動きが見られます。そうなると、自分でやめようとはしません。

物理的な暴力とは違う心理的な虐待

集団ストーカーに加担している人は、主犯格に命令されて動いている「駒」に過ぎません。指示どおりに動きますが、危害を加えてくるようなことはありません。プライバシーを覗き込み、盗撮や盗聴を繰り返す集団ストーカーは人権を無視した犯罪です。

個人に対し集団でさまざまな嫌がらせをしてくるので恐怖を感じたり不安になったりするかもしれませんが、1人で悩まず私ども「ファミリー調査事務所」にご相談ください。

真実を知らなければ何も変わらない

洗脳を解くために必要なこと

カラクリを知れば怖くない

洗脳を解くにはやはり第三者の助言が必要になります。なぜ必要か?繰り返しになりますが、「孤立した状況」では、視野が狭くなり、狭い範囲の選択肢を無限ループするから抜け出せないのです。

まずは、多くの人の話を聞くことです。沢山の意見を聞くことで、自然と視野も広がって「洗脳された狭い世界」から徐々に抜け出すことができるのです。沢山の意見を聞くことはとても大事ですが、最初から「集団ストーカーは病気」と決めつける人の意見は参考になりません。

仮に、病気だとしても話を聞く前から精神的な問題だとわかる人などいません。わざわざ傷つける人の言葉も「視野を広げるため」と言い聞かせて、無理に話を聞く必要などないのです。まずは、自分の状況を第三者の意見として的確に伝えてくれる人に相談するようにしましょう。

無料相談をフル活用する

探偵事務所に求められているのは、「解決力」です。
この解決力については、無料相談の段階である程度は判断できます。まずは、無料相談をフル活用して「情報をアップデート」し、情報弱者にならないようにしましょう。探偵の選び方は、情報収集以外は直感でしかありません。解決までお付き合いできる探偵以外、お付き合いする必要がないことだけは保証します。

理由は1日で解決できる問題ではないことから、中長期になっても最後まで被害者に寄り添う責任感が解決に導くので、会社の姿勢も含め見極める必要があります。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

集団ストーカー洗脳対策相談

最善の解決策が見つかるまで何度でも無料

弊社の無料相談では、調査の専門家が問題の対処方法をアドバイスしたり、調査の手続きをご説明したりしております。1回のご相談で解決しない場合は、複数回ご相談いただいて構いません。

また、調査が必要かどうかわからない問題も、まずは相談してください。お悩みを打ち明けていただくことが、大きなトラブルへの発展を防ぎ、問題を解決する第一歩になるのです。自分から動かなければ何も変わらない「集団ストーカー」被害から抜け出すのは「行動のみ」です。

ストーカー規制法の改正や迷惑防止条例の施行された現状でも「何も変わらない」現状を変えてみませんか?

調査の流れ

1 お問合せ〜ご相談

ファミリー調査事務所にお電話をいただき、面談のご予約をお取りください。年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

お問合せ〜ご相談

2 ご面談〜ご検討

お電話にてご予約いただいた日時に、事務所にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

ご面談〜ご検討

3 ご依頼〜調査開始

面談によるご相談の結果、調査相談による助言等のみではなく、調査のご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

ご依頼〜調査開始

4 ご報告〜アフターケア

証拠に自信!裁判にも有効な報告書で調査結果を報告。調査結果は報告書で報告します。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。専門家を紹介することも可能です。

ご報告〜アフターケア

集団ストーカー調査Q&A


Q

加害者も洗脳されているのであれば、解く必要があるのでは?

A

異常な執着心で嫌がらせをする集団ストーカーの「加害者」は、なにかしらの洗脳(教育)をされている可能性は高いのですが、加害者側の洗脳を解くのは接触する必要があり現実的ではありません。私たち探偵ができることは、ご相談者の状況を確認し洗脳工作である「証拠」を見せることで初めて「洗脳されてたのかも」と自分に疑いを持つようになり、解決に向かっていくのです。


Q

集団ストーカーはいつ終わりますか?

A

集団ストーカーの終わりには、2パターンあります。1つは、集団で嫌がらせをしている証拠の積み重ねで被害を「証明」して解決に向かうケース、もう1つは、加害者側の都合で突然嫌がらせをやめるケースがあります。加害者側の都合とは、「嫌がらせをする必要がなくなった」「別のターゲットにシフトした」「飽きた」など自分勝手で一方的な理由が多く、いつ終わるのかわからないストレスがずっと続きますので「いつか終わる」と考えるのは危険です。


Q

集団ストーカーの情報戦略は洗脳が目的ですか?

A

集団ストーカーの加害者は、嫌がらせだけではなく、ネット上にある情報にも「集団ストーカーは被害妄想」「永遠に解決できない」など書き込み被害者を追い詰めます。今でこそある程度認知されてきた「集団ストーカー」ですが、未だに精神病扱いされることもあり、加害者側は「妄想」で片付けたいのです。


ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する