サイバー暴力(誹謗中傷)について【ネットリサーチ調査】

ネットリサーチ調査の依頼が多くなってきています。「ネットいじめ」「リベンジポルノ」などはサイバー暴力の1つとして捉えています。掲示板の本人の特定されるのもサイバー暴力。住所を仄めかすワードも、サイバー暴力。これらが発生する仕組みについて見ていきたいと思います。

ネットリサーチ調査のご案内

ローテクで情報を集めてる

個人情報が洩れていませんか?

本人しか分からない、インターネット上での誹謗中傷つまり、サイバー暴力は、ローテクから本人の情報を割り出します。例えば、パソコンでブログを作成してる時、鏡を使ってアカウントを検索するやり方でアカウントを見つけ出す手法が報告されています。

 

訓練された加害者が、どの角度で鏡を移せばパソコンの画面が見れるのか、プロじゃなければできない手法です。あとは、アカウントの友達申請をして、ブログをチェック。悩み、苦手意識などを抜き取って組織に送られてる仕組みになっています。

 

ハッキングされた形跡がなくて、ブログの内容やFacebookの投稿などを仄めかしてる場合、周囲を疑ったほうがいいでしょう。だいたい、分厚いメガネをかけた男性が真後ろに立って、Twitterのツイートを目視してる姿を目撃してる事例が報告されています。

 

また、誹謗中傷も「死ね」とかではなく、第三者が見たときに「普通のコメント」と解釈されてしまうように仕向けます。あとは、周囲の人間に言わせたり、盗聴して掲示板に拡散する手法も考えられます。

 

加害者は手段を選びません。友達のアカウントから被害者の情報を抜きとったり、盗聴したりして、被害者がインターネットで書き込みするのを待ってから、サイバー暴力へと発展するのです。

 

ネットリサーチ調査で分かることは誰が情報を漏洩してるのか、またその漏洩してるサイトを見つけることです。リベンジポルノの動画削除など、いろいろなネット上の嫌がらせを阻止する必要な調査です。

個人情報の徹底管理

日々の忙しさに紛れて、個人情報保護対策がおろそかになっていませんか?
個人情報が、外部に漏えいして犯罪者の手に入ると大変です。その前に、予防・対策が十分かチェックしましょう。まずは、情報漏えい対策の見直しを行う前に、情報漏えいの内容と被害状況について早急な事実確認が必要です。

 

郵便物には、電話番号やショッピング情報など、大事な個人情報が記載されているものがあります。郵便ポストには、鍵を必ず掛けておき、隙間がある場合はテープなど貼って郵送物を抜き取られないようにしましょう。

 
また、情報が記載されている書類や本人のものとわかるゴミなどはシュレッダーにて裁断してから捨てましょう。インターネット上では、個人情報や交友関係を出さないのはもちろんのこと、行動パターンなどの書き込みや写真を出すのも控えるようにしましょう。

 
初めて探偵事務所を利用される方に大切なポイントをお伝えします。

時には専門家の力を借りよう

ネットリサーチ調査とは

ネットリサーチ調査とは、個人情報や画像が流出されていないかを徹底的に調べ、証拠として保存し依頼人に報告する調査です。現在、グーグルでは「リベンジポルノ」によりインターネット上に流出してしまった画像や動画を、被害者からの要請があれば検索結果から削除することが可能です。盗撮された写真や動画がインターネット上に掲載されてしまうと、瞬時に拡散され、様々な場所で保存されてしまうことにより、画像が半永久的に残るという取り返しのつかない事態となりますので早急な対応が必要です。

  1. リベンジポルノ
  2. 不正アクセス
  3. 乗っ取り・遠隔操作
  4. 盗聴・盗撮
  5. メール・ラインの盗み見
  6. 情報漏えいによる風評被害
  7. データ改ざん・情報漏えい対策

専門家に相談する

ネットストーカーの目的はネットで情報が拡散されてないか「ビクビク」してることを楽しんでるもの。本人しか分からないような、誹謗中傷の書き込みをしてるアカウントが気になった場合、悩まず、ネットリサーチ調査が得意な専門家に相談してください。サイバー暴力をを行なう加害者は必ず複数のアカウントを持っていたり、組織が用意したツールで書き込みをしてます。

 

その書き込みから、サーバーを経由して書き込みの特定や身辺調査に発展することも可能です。ネットリサーチ調査は90%は依頼された書き込みを検索して削除できますし、それをもとに名誉毀損・名誉毀損罪として損害賠償請求を起こすことも可能です。ただ、「削除だけしてほしい」「大ごとにしたくない」って方でも、相応の対応を致しますのでご安心ください。

ネットリサーチ調査料金

調査料金の違い

同じ内容のネットリサーチ調査を行うと仮定しても、調査料金というのは、それぞれの探偵興信所によって大きな違いがあるようです。 なぜ、そこまで大きな差が生じてしまうのかと疑問に思っている方も多いかと思います。大きな理由としては、広告費などのプロモーションコストが大きく影響しているといわれています。当社では広告費などのプロモーションコストやサイト運営費を大手探偵事務所の半分以下に抑えることで、コストを抑えた調査料金でご案内いたしております。

ご契約以外の調査を事前説明なしに行い、請求することはありません!

近年、探偵事務所等で不正な料金を請求されるなどのトラブルが多発しております。当事務所では、ご契約された内容以外の調査をご依頼者様の了解なしに行うような事は一切ございません。もし調査の上で必要な場合であっても、必ず事前にご依頼者様に調査の必要性、内容をご説明の上、ご了解をいただいてから調査いたします。

調査料金につきまして

ネットリサーチ調査費用

ネットリサーチ調査費用表
基本料金/時間 調査員1名【当社】
8時間 20,000円~

ネットリサーチ調査利用方法

調査の流れ

1 お問合せ〜ご相談

ファミリー調査事務所にお電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

お問合せ〜ご相談

2 ご面談〜ご検討

お電話にてご予約いただいた日時に、事務所にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

ご面談〜ご検討

3 ご依頼〜調査開始

面談によるご相談の結果、調査相談による助言等のみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

ご依頼〜調査開始

4 ご報告〜アフターケア

証拠に自信!裁判にも有効な報告書で調査結果を報告。調査結果は報告書で報告します。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。専門家を紹介することも可能です。

ご報告〜アフターケア

ネットリサーチ調査無料相談

ネットリサーチ調査相談

ネットリサーチ調査を行う際は、情報漏えいの現状把握や情報漏えいした原因を特定することが大切です。ネットリサーチ調査の予算・スケジュールなども踏まえて、有効な調査方法を選択していきましょう。何か情報が漏れてるのではないか?と思ったらぜひ、ネットリサーチ調査について問い合わせてみてください。

ファミリー調査事務所

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ファミリー調査事務所では、24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらからお電話致しますのでお名前・電話番号記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。




メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日

ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する