探偵調査ファイル/集団ストーカーの初期段階

このページは集団ストーカーの初期段階についてまとめたページです。最初は付きまといも何も感じません。ただ、近所迷惑な人が住んでるのかと思うくらいの騒音や気のせいと思うようなレベルのつきまとい。治安が悪いところなのかな?と思うレベルに慣らし集団ストーカーはターゲットに近づいてくるのです。

集団ストーカー被害相談窓口

気のせいと思えるレベルの加害行為から

なぜターゲットにされたのか

ターゲットになる場合、何かしらのきっかけがあるはずです。ですが、ターゲット本人に自覚がなく、ターゲット自身が関係なくても、何世帯前のいざこざごが原因で集団ストーカーのターゲットにされてしまったという事例もあります。また、ある被害者の方は、会社員時代に上司から「副業」に誘われたので、やんわりた断った時点で、ターゲットになってしまった。もし、副業を断ってなかったら「集団ストーカーの加担者」にされていたのではないかと話してくれました。

このように、因縁やささいなきっかけで集団ストーカーのターゲットになると、以下のようなことが起きます。

  • 何かしら勧誘にやってくる
  • 職場の同僚のによく似た人を見かけるようになる
  • 車両が停車して自宅近辺を撮影してる
  • バス停や電車で合図のような咳払いをする人物を見かける
  • 友達の友達との付き合が増える
  • 何かしらの悪口をいうグループを見かける
  • 不自然な行動をする人物がまわりに増えた
  • 近隣や会社の様子がおかしい

加害者の目的は「不安感」を持たせることが最初の目的になります。最初の内は、「気のせい」と思われるような出来事も何回も起こると気のせいではないのではと思うようになります。その「不安感」が日々続くことで、精神的に追い詰められていくのです。私たち専門家は、どうして集団ストーカーに巻き込まれたのか、この犯罪がなぜ自身に起こっているのかはっきりさせることがきます。

感情操作して、加害組織の悪口をあえて言わせる

加害者の狙い通りにならない

さて、次は無理やり因縁をつけられるように仕向ける段階に入ります。自分の身に起きていることをネットで調べたりして、やっと「集団ストーカー」にたどり着きます。友人や家族に、「集団ストーカー」について相談するようになると「気のせいじゃない?」「考えすぎ」「病気じゃないの?」と疑われるようになり、だんだんと孤立してしまいます。
 
これが、「集団ストーカーの開始のゴング」が鳴ったことになります。被害者が活発に動けば動くほど、周りに不審がられることで理解者がいない「孤立」が始まるのです。結果、「自分がおかしい」と思わせる演出が始まります。

監視と付きまとい

監視と付きまといは、今の段階で気付きません。付きまといと監視を見せつけるのは、ターゲットが集団ストーカーに気づいてから。そこから被害はあえて監視と付きまといを見せつけるようになります。それでも気付かない場合、「本人しかしらない情報を仄めかす」「連日つきまといが行われる」など、気が付くまで行います。

はじめての探偵依頼をサポートします

集団ストーカー被害者の相談先選び

集団ストーカー被害の相談するには、インターネットのサイトではなく集団ストーカーの調査に詳しい専門家に相談したほうが安全です。相談者の安全を確保するために注意するべき点についてご覧ください。

電話するときは1社に絞らない

専門家の中にはろくに話を聞かないで、「早く手を打たないと手遅れになる」「もしかしら、太刀打ちできない」と脅す専門家が報告されています。確かに、集団ストーカー被害は専門家から見たら早く手を打たないと「手遅れ=被害が悪化する」可能性は高い相談事例が多くありますが、脅すことで不安にさせて契約する探偵事務所には注意が必要です。
 
もう一つ気を付けてほしい大事なことは「解決パターンは1つではない」ということです。様々な嫌がらせがあるとおり、解決パターンも人それぞれ違います。相談する探偵社に、「尾行」「盗聴発見」「張り込み」ぐらいの提案しかない場合、解決することは難しいということを絶対に忘れないでください。
 
納得する専門家を見つかるまで、2~3社ぐらいは同じ内容を相談してみてください。対応が早くてターゲットに寄り添う専門家が見つかれば、その専門家に相談して予算があえば調査の依頼をお願いしましょう。早期解決のポイントは、早期着手になります。集団ストーカー被害の内容によって盗聴盗撮調査や電磁波測定調査など、張り込み調査以外の調査が必要になる場合もあります。

相談する内容を理解しているか

探偵事務所の中には集団ストーカーの被害を理解していない人もいます。そんな探偵と相談した場合、相談者の心はズタズタになるのかというとそうではありません。違った視点から集団ストーカーの被害を考えることで、実際問題、相談者が何に恐怖を抱いているのか把握できる場合があるからです。場合によっては集団ストーカーが仕掛けた「演出」が論破できるきっかけになりますし、ほかの専門家に相談する時の材料となるので、マイナス要素になることは少ないと言えます。

集団ストーカー相談利用方法

未来を切り開くために一歩前へ

集団ストーカーの被害を相談できる人を探すのはとてと難しいかと思いますが、相談相手を探すのは「自分」しかありません。インターネットで「集団ストーカー 相談」「集団ストーカー 探偵」「集団ストーカー 解決」と検索して「これだ」という事務所が見つかったら、思い切って連絡してみてください。収穫が無くても、必ず理解してくれる人がいると確信を持って、相談できる専門家を探しましょう。

調査の流れ

1 お問合せ〜ご相談

ファミリー調査事務所にお電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

お問合せ〜ご相談

2 ご面談〜ご検討

お電話にてご予約いただいた日時に、事務所にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

ご面談〜ご検討

3 ご依頼〜調査開始

面談によるご相談の結果、調査相談による助言等のみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

ご依頼〜調査開始

4 ご報告〜アフターケア

証拠に自信!裁判にも有効な報告書で調査結果を報告。調査結果は報告書で報告します。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。専門家を紹介することも可能です。

ご報告〜アフターケア

集団ストーカー被害無料相談

集団ストーカー解決方法

『解決するためには、被害状況を把握し正しい対策を行うことから始まります! 』
集団ストーカーによる被害は、自分で立証することが困難なケースが多く、また判断が難しく間違った判断は解決から遠のくため必ず専門家にご相談ください。弊社は、集団ストーカー調査・対策だけではなく、その後のアフターフォローも重視しております。調査後のサポートは、被害者だけではなくその周辺にいる家族や親族の不安を払しょくするような対策を講じる活動も行っておりますのでご安心下さい。

集団ストーカー問題を専門家に相談する

早めに相談しよう

どうしようもなくなってからの調査相談では、対処法も少なくなり、解決が難しくなってしまいます。情報が古くなるなる前に、なるべくお早めに相談されることをおすすめします。調査相談はもっと身近な相談相手としてお考えください。

自分はどうしたいのかを考えておこう

調査相談時間を有効に使うために、自分が何に悩んでいて、加害者を知ってどうしたいのかをできるだけ整理しておきましょう。相談する前に、メモにまとめておくのもよいでしょう。自分の気持ちを整理しておくことで、今後の方向性もはっきりとしてきます。

関係のありそうな書類は何でも持って行こう

良いアドバイスは正確な事案の把握から。自分ではあまり重要ではないと思っていた書類も、調査アドバイザーが見ると解決につながる重要な手がかりとなったりします。まずは関係のありそうな書類を集めて持って行きましょう。

ファミリー調査事務所

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ファミリー調査事務所では、24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらからお電話致しますのでお名前・電話番号記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。




メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日

ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する