探偵解決集|集団ストーカー加害行為一覧

集団ストーカーに対して探偵事務所が調査できるケースが多いので、是非、相談という選択を頭の片隅に入れておくようにしましょう。ファミリー調査事務所では無料相談サービスを実施し、悩まれている皆様に解決の第一歩として集団ストーカーの加害行為について、経験した情報を基にご説明しております。

集団ストーカー被害の相談窓口

集団ストーカーの加害リスト

集団ストーカーについて

集団ストーカー被害は多種多様に及び、証拠が取れないように機材や大量人材と資金を使って加害行為を行っています。しかし、被害者団体の報告会、ブログ、元加担者の暴露によって集団ストーカーには共通のマニュアルがあることが明らかになっています。

 

そのマニュアルがインターネットで拡散されたりと被害者同士の交流をを通して、この行為が「集団ストーカー」なのだと自覚できるようになりました。しかし、集団ストーカーの加害行為の確実な証拠を取ることは難しく、警察に相談しても今のままだと「動けない」の現状です。

 

しかし、集団ストーカーの加担者のなかには集団ストーカー自体が「犯罪」であることを自覚しながら加担しなければならない事情も見え隠れしています。このページでは被害者の声、ブログなどで把握してる集団ストーカーの加担行為をリストアップしてみました。項目に心あたりがあっても怯えることはありません。調査会社が調査できるケースが多いのでぜひ、相談という選択を頭の片隅に入れておくようにしましょう。

アンカリング

自分が集団ストーカーの被害者であることを意識づける心理を悪用したもの。

  • スマートフォンで連絡する仕草
  • タブレットやパソコンを立ちながら操作する
  • すれ違う車のナンバーや色を意識させる
  • 咳をする仕草が同じ

ガスライディング

アンカリングで意識づけた人の目に、コンビニにいるお客、通行人、ありとあらゆる環境が被害者を監視する環境になってると思い込ませる手法。実際は、ただの通行人になのに、その人たちに監視されてると思い込んでるため、周りからは「変わってる人」「不審者」「精神疾患者」「危険人物」と仕立てあげる基礎的な部分を作り上げる。
 
犯罪経歴がない人には加害者側から「喧嘩」「因縁」「トラブル」を仕掛けてきて、明らかに被害者が「悪者」という映像、画像を集団ストーカーの追尾班、盗撮班の加担者に映像を見せて口頭で説明することで、加害者が作り上げた「危険人物」が完成する。
 
集団ストーカーの被害者の盗撮画像や映像がネットで拡散されないカラクリはほぼ口頭で拡散されてるため、映像を開けて残さないように指示されていると思われる。

盗撮

主にネットで拡散されてる、迷惑行為防止条例違反での撮影、でっち上げた「危険人物」の情報の更新など、最近ではネットでの情報操作が支流になりつつあります。

盗聴

集団ストーカーの被害者の共通する点は、部屋の中に盗聴器を付けないケースが多く、コンクリートマイクを使い、ファミレス、居酒屋の会話を盗撮班がスマートフォンかICレコーダーを仕掛け会話を盗聴する可能性がある。

仄めかし

被害者しか知らないワードを不特定多数の人が会話してるケースが多いが、ほとんどデタラメの情報が多い。指向性スピーカーを利用して一般人の会話き仄めかしを「紛れ込ませる」手法で被害者に聞かせている。

服装での仄めかし

以前は黒色の服装を着てる加担者が多かったが、全国的に赤、黄色、青色、緑色の服装や靴を履く加担者が目立っている。これもガスライディングや仄めかしの1つで、グループによっては「赤黒:挑発、印象付け」「黄色:監視」「青緑:加害行為」という意味が加害グループによって分けられていると全国的に報告が上がっている。

車両ストーカー

通称カルトカー・ゾロ目ナンバー、被害者の誹謗中傷をもじった語呂合わせのナンバープレートの車両を、指定されたエリアで走行してると言われてる。道路交通法と条例違反を逃れるために一定の距離を走行したら被害者の車両から離れ、別のエリアでは担当するグループが車両を走らせている。車両ストーカーのなかに県外ナンバーも見られるのも、「全国」の人たちが被害者を監視してると思わせるガスライディングの1つ。

付きまとい

白いイヤホンをつけて、直立不動で不自然に立っている実行犯が報告される。無線を使って、被害者の服装やカバンや靴などをLINEやメールで仲間に報告して、担当してるエリア内を過ぎたらその場を離れるように指示されてる。半径100m以内に実行犯を監視してる人間がいて、リアルタイムで加害行為を盗撮してると報告があり、実行犯が指示に忠実な理由の1つとして確証されてる。

コリジョン

改札口を通りにくくしたり、満員電車のなかでカバンや体の一部にぶつかる行為。明らかに故意に仕掛けてくる加担者と満員電車の人の流れに装って行為する2つのケースがある。コリジョンでトラブルを作り被害者に因縁をつけ、危険人物をでっち上げる材料として利用される。

ブライディング

道路交通法や今の車両のライト機能を悪用して、被害者が近づくと自転車や車のライトをハイビームして「アンカリング」を行う。車両の走行は基本ハイビームなため、知らない人はアンカリングと勘違いしやすい。ブライディングする理由として、自律神経を興奮させて、睡眠妨害を促すために行為をしてるとも言われている。

ノイズキャンペーン

音に敏感させるため、レストラン、居酒屋、レジャー施設内のフードコートの雑音を大音量で聞かせる行為。深夜の時間帯に小さい子を連れた家族連れ赤ん坊の泣き声を開かせたりする。

モビング

通称、リストラストーカーの1つ
職場に加担者がいる部署に配属されたり、パワハラ、セクハラ、モラハラ被害を起こしながら被害者を退職に追いやってから本格的に加害行為が開始される。就職活動を邪魔をする、再就職先に悪評を拡散させて、パワハラ、セクハラモラハラなどが起きるように誘導する。結果的に被害者を経済的、社会的な破綻に追い込む手法。

思考盗聴

電磁波を頭に照射させて、脳裏の音声信号を抜き取り、今被害者が頭に考えていることを盗み取る手法。被害者の自宅の周辺で機材を置かないと遠距離での思考盗聴は不可能とされてる。

身体被害

被害者しか聞こえない音響攻撃。ありとあらゆる音が「声」に聞こえる被害が報告されてる。被害者を精神的に追い込み、統合失調症を作り上げたり自殺に追い込むことも可能。指向性スピーカーを使って被害者しか聞こえない風評被害を作りあげる加担者もいるが気にしなければ自然と小さい音になるケースがある。音声送信の声や会話の内容は全てデタラメ。

音声送信

低周波 高周波、マイクロ波、超音波などを悪用して、病気の偽症状を促したり、足首のしびれ、体調不良など電磁波過敏症、アレルギーなどを引き起こす。

集団ストーカーに気づいたら

上記の項目に当てはまる方へ

上記の項目に1つでも当てはまる、もしくは近い現象や環境になっている場合、集団ストーカーに巻き込まれてるかもしません。気づかないだけで実は集団ストーカーの被害に巻き込まれてることも考えられます。
 
初期の被害は圧倒的な人数を動員して恐怖感を植え付けたり、人数を減らしたりとマインドコントロールの容量を使い被害者を加担者たちの支配下に置くようにします。しかし、相談できる環境を作ればマインドコントロールから抜け出すこもできますし、普段と変わらない生活を送ることも可能です。
 
被害者であっても集団ストーカーの知識を持つこと。相談する環境を作ること。被害者同士の交流を持つことで、自分は「正常」の人間であることを自覚して、加担者が作り出す世界から解放することが可能になるのです。

他社で断られた相談/解決できなかった嫌がらせでも、的確な対処・対策で解決まで導きます!電話無料相談窓口は、携帯電話OKのフリーダイヤル0120-862-506(年中無休24時間相談受付)へ!

集団ストーカーについて相談しよう

相談先の選定

集団ストーカーの被害の会や、SNSで集団ストーカーの被害をブログで公開するなど、集団ストーカーを世間に周知するために、全国の被害者の人たちが立ち上がろうとしています。その仲間に入って、被害状況を共有するもしくは、被害について相談して仲間意識を強く持つことは否定しません。1人より仲間がいたほうが心強いからです。そこで集団ストーカーの相談する方法を間違えないための注意点をここで述べたいと思います。特に重要な点としては、インターネットの情報が全てではないことを知ってください。

探偵選びの判断基準について

早めに相談しよう

どのようにして調査を進めていくのかが曖昧だったり、調査プランに自信がないと感じたら、問題に対する経験値は少ないと判断して良いかと思います。一か八かで調査を依頼することは絶対あってはならないことです。仮に上手く証拠がとれたとしても、調査後にどうして良いか分からない方がほとんどです。経験不足の無知な探偵事務所に依頼すると、依頼人に不適切なアドバイスを行ない、かえって問題をこじらせてしまう場合があります。最後まで問題解決への的確なサポートができる探偵事務所に依頼しましょう。

過去の解決実績を確認する

「探偵は、全員調査の知識があるのだから、〇〇調査に強い探偵じゃなくても良いのでは?」と思われるかもしれません。しかし、実際は探偵事務所にも得意不得意があり、自分の得意な調査以外の実績については、あまり解決事例がない探偵事務所が多いのです。例えば、浮気調査をメインに扱っている探偵事務所に嫌がらせ調査のことを相談しても有益な回答は得られない可能性があります。

調査費用がどれくらいかかるのか、事前に答えることができる

探偵に正式に依頼する前に相談の段階で「実際に調査費用はいくらぐらいかかるのか」を聞いてみることをおすすめします。「実際に調査してみないと分からない」などと答える探偵事務所は、〇〇調査のプロではない可能性が高いので、避けた方がよいでしょう。調査経費が調査料金を上回るなんていう悪質なケースもありますので、「経費込み」の料金体系の事務所が安全です。

「大手の事務所だから安心」は間違い!

例えば「相談実績〇〇件以上」という探偵事務所の広告があったとします。この広告を見たときに探偵業界を知らない一般の方なら「〇〇件も相談実績があるならきっと立派な探偵事務所だから安心して相談できる」と思うでしょう。人は情報に乏しい時は、それが人気があるかどうかで相談先を選択する、という心理を利用したものです。それにネット広告には広告宣伝費がかかり当然、調査費用に反映され高額になります。

デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か

良い探偵事務所というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。依頼者が「このようにしてほしい」と言われても、担当者が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い調査事務所と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!大丈夫です!」という探偵事務所は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

集団ストーカーサポート依頼方法

未来を切り開くために一歩前へ

集団ストーカー被害を相談できる探偵事務所を探すのは難しいかと思いますが、相談相手を探すのは「自分」でしかありません。インターネットで「集団ストーカー 相談」「集団ストーカー 探偵」「集団ストーカー 解決」と検索して「これだ」という探偵事務所が見つかったら、思い切って連絡してみてください。収穫が無くても、必ず理解してくれる人がいると確信を持って、相談できる専門家を探しましょう。

調査の流れ

1 お問合せ〜ご相談

ファミリー調査事務所にお電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

お問合せ〜ご相談

2 ご面談〜ご検討

お電話にてご予約いただいた日時に、事務所にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

ご面談〜ご検討

3 ご依頼〜調査開始

面談によるご相談の結果、調査相談による助言等のみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

ご依頼〜調査開始

4 ご報告〜アフターケア

証拠に自信!裁判にも有効な報告書で調査結果を報告。調査結果は報告書で報告します。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。専門家を紹介することも可能です。

ご報告〜アフターケア

以下の関連記事に答えがあるかもしれません!

繝輔ぃ繝溘Μ繝シ隱ソ譟サ莠句漁謇€

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ファミリー調査事務所では、24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらからお電話致しますのでお名前・電話番号記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。




メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日

ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する