公開日:2022/01/29 / 最終更新日:2022/02/16

後悔しない結婚相手の選び方|結婚調査の必要性

どれだけお互い想い合っている相手でも、相手の全てを知ることは不可能だと言えます。ご子息、ご息女、ご親族が幸せな結婚生活を送るためにも‟後悔しない結婚相手”を選んでほしいと思うものです。

結婚調査調査の申し込み方法、費用、期間、調査の手順などを含めたご相談を随時行なっております。結婚調査をご検討中の方は、ご参考になさってください。

目次|結婚調査のご案内

男性記者が記事を作成しました
後悔しない結婚相手の選び方
2022年1月29日
結婚調査10年以上の経験者の指導のもと、結婚調査担当者が書きました。結婚調査についての情報をお伝えしています。皆さまの抱えている問題や不安を解消し、幸せな結婚生活が送れるよう尽力いたします。

結婚調査のご紹介

結婚調査とは?

家系図

ご子息、ご息女、ご親族などが、結婚を視野に入れた交際をしている際、お相手の個人情報や、勤務先での評価(会社経営者の場合は、その会社の業種や業績)、学歴・性格・交友関係・異性関係・健康面・素行・趣味・将来性・家庭環境・不祥事の有無・金銭的なトラブルや多重債務の有無・バックグラウンドに関する情報収集、および、ご家族やご親族の家柄・関係性・学歴・職歴・人柄・周囲の評判・資産面などの調査も行ない、結婚後の思わぬトラブルを避ける狙いで行なわれる調査となります。

結婚相手に求める条件とは?

女性が求める条件

  • 安定した収入がある
  • 金銭感覚に問題がないか
  • 子育てに協力的か
  • 性格(自分を気にかけて大事にしてくれる)
  • 価値観

男性が求める条件

  • 家庭的であるかどうか
  • 居心地の良さ
  • 価値観
  • 仕事への理解
  • 育児の能力

上記事項のように男女に求める価値観の差はあるものの「性格」や「価値観」を重要視する傾向にあります。ですが、結婚後に相手が豹変した…という話をよく耳にします。

結婚調査が必要な理由

人間は嘘をつく生き物!?

もちろん、結婚は本人の意思が第一ですが、結婚した後に、交際中には見つけられなかった事実が判明し、「話が違う」となる状況を可能な限り回避するために行なわれる調査となります。

隠しごとや都合の悪いことを自ら正直に話す人は少ないではないでしょうか。結婚が白紙になったらと考えてしまうと、不安で言い出せない方もいるでしょう。

また、結婚後に豹変する相手の特徴として「結婚前はいい人が多い」という点です。猫をかぶっているので、ぱっと見や外面がいいので人当たりの良い人にしか見えません。

結婚調査の事例

結婚調査に至るケースは大きく「家族に会わせない(あるいは家族の話をしない)」「友人を紹介しない(あるいは友人についての話をしない)」「(借金も含めて)金銭を要求してくる」などといったことから、不審に感じたことがきっかけです。
また、仕事や職場、学歴などの話を避ける相手についても、それらを詐称している可能性が高く、調査が必要といえます

結婚調査の事例

仕事や勤務先について話したがらない調査対象者の場合、何か話せない事情があると考えていいでしょう。仕事や勤務先について、何らかの情報があれば在籍確認など調査を行ない、情報がない場合でも、素行調査を通して、仕事や勤務先を確認します。
また、会社の代表者や個人事業主であれば公開情報を調査)することによって、その業務内容や財政状況を調査することが可能です。

結婚調査の事例

結婚調査は若いカップルを対象としたものとは限りません。妻に先立たれた中高年男性の事業主などを狙った、「後妻業」にも注意が必要です。
こうした女性は財産目当てに近づき、事業主の中高年男性の財産の相続人となっていたり、名義を変更したり、さまざまな手口で食い物にします。

結婚調査で得られた情報の取り扱いについて

男性

差別や犯罪行為につながる調査はお断り!

探偵業は探偵業法やそれに付随する法令を遵守することが義務づけられています。

当事務所でも、これらに則り、調査で得られた個人情報を、プライバシーの保護の観点から、厳正に取り扱うため、ご依頼者が、個人情報保護法違反や名誉棄損、プライバシー権の侵害などで訴えられるリスクを心配するはございません。

なお、調査の内容が、差別につながる内容(出自や障がいの有無など)や、個人情報保護法に抵触する可能性がある場合は、調査をお断りすることもあります。

結婚調査によって判明すること

家族や友人の話をしないケースや金銭が絡むケースは結婚詐欺か、あるいは、金銭目的の“偽装婚”である可能性が高いといえます。このような相手と結婚してしまえば、自らの戸籍だけではなく、心にも癒し難い傷を負うことにもなります。

結婚調査によって判明すること

交際中は「公立学校の教員」と話していたものが、実は「任期付き臨時職員」であったケース、もしくは大企業の「正社員」と思っていたものが、実は「派遣社員」であったケースなどは、「ウソ」なのか「見栄」なのかは、第三者としては判断しかねる問題であり、調査の結果、客観的な事実はお仕えしますが、その後のご判断はご依頼者にお任せいたします。

結婚調査によって判明すること

妻に先立たれた中高年男性の資産を狙う「後妻業」については、探偵・調査会社に依頼することで、調査対象者の身元をはじめ、周辺情報や、金銭の授受などを調査したうえで、詐欺が疑われる行為が確認されれば、その証拠をつかみ、事実を明らかにしたうえで、必要であれば、弁護士、司法書士などをご紹介いたします。

結婚調査の相談・依頼の流れ

幸せな結婚生活を送ってほしい

交際中から自分をお金持ちに見せる・職業に見合わない生活をしている・家族や出身地・学歴など詳しい内容を明かそうとしないなど、少しでも“秘密主義”の節が見られれば、婚姻届に判を押す前に調査しておくことは、人生におけるリスクヘッジとしては、重要です。

そのうえ、男女の出会いが、出会い系サイトやマッチングアプリが中心となっている昨今、第三者による調査を経る過程は、安心して結婚するという担保にもなり得るでしょう。

結婚調査の依頼料の取り決めは、事前情報の量、調査項目、対象者の人数(結婚相手・結婚相手の家族や親類)、調査内容などに応じて費用が算出されるので、案件ごとに金額が異なりますがおおよそ15~60万円前後だとお考えください。

必要な情報と不必要な調査をしっかりと見極めたうえで、ご予算内で行なえる最良の調査・料金プランをご提案させていただきますので、まずは無料相談をご利用ください。

結婚調査の相談窓口

悩んでいるならお電話ください

交際相手やその両親や親族を調べることに対し、抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、結婚してから隠されていた不都合な真実を知って後悔するよりも、ご依頼をいただき、事前に結婚調査をすることで、交際相手が抱えるリスクを知ることによって、場合によっては、別れを選ぶこともできます。

また、別の見方をすれば、調査を通して「この人で正しかった」と結婚相手への気持ちを新たにし、清々しい気持ちで新たな人生をスタートするきっかけになることでしょう。

調査の流れ

1 お問合せ〜ご相談

まずはファミリー調査事務所にお電話をいただき、面談のご予約をお取りください。年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)また、お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

お問合せ〜ご相談

2 ご面談〜ご検討

お電話にてご予約いただいた日時に、事務所にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けください。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務があるので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。ご予約いただいた後に、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

ご面談〜ご検討

3 ご依頼〜調査開始

面談によるご相談の後、調査をご依頼される場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び調査方法、調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定めの他、探偵業務の対価などを明記した契約文書のことです。ご依頼者と受任者がそれぞれ1通ずつ、同一内容の原本を保有します。

ご依頼〜調査開始

4 ご報告〜アフターケア

証拠に自信!調査結果は報告書で報告します。写真の顔がはっきりと映っているなど、裁判になったときにもきちんと証拠として採用される報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実しているので、専門家を紹介することも可能です。

ご報告〜アフターケア

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する 安心無料で相談する