つきまとい行為をやめさせる方法【徳島県つきまとい対処相談】

つきまといやめさせる方法は、「どのようにつきまといをしているか」手口を知ること、つきまといに対する証拠収集が必要です。ファミリー調査事務所では、つきまとい行為の調査に特化している部署があり解決事例(刑事・民事)も豊富で、依頼人それぞれの被害内容に沿った解決プランをご紹介することで、ストーカー・つきまとい行為の解決までスムーズに進めることをお約束します。

徳島県つきまとい被害相談窓口

つきまといを行う人の特徴

何故つきまといをするのか?

  • 加害者の家庭環境に問題がある
  • 承認要求が異常に強い
  • 自己否定が強い
  • 勝手な思い込みと異常な執着
  • 見ているだけで満足したり興奮を覚える
  • 好意が憎しみに変わることによる攻撃
  • 根拠のない思い込みで異常行動すら正当化

徳島県のつきまとい事例のなかで加害者の特徴を7つの項目でまとめてみました。男女とも共通してることは「承認要求」が強い点です。「自分は~をやった」「ここまでやった」という気持ちが強いため、被害者に認めてもらおうとあの手この手を使い、どんどんエスカレートをしてきて、そこから抜け出せなくなる状況に陥っている可能性が高いです。

 

つきまといの原因は何かしらのきっかけで起きたかもしれませんが、それを悪用していつまでも、執拗に被害者を襲うのは加害者の都合なのです。つきまといをどうやって解決したいかを決めるのは被害者次第で、行動に移さない限り加害者の都合でいつまでもつきまとうのです。つきまといの対応に詳しい専門家に相談して解決の糸口を見つけ出していただければ必ず解決できるでしょう。

つきまとう人物に対して

相手の情報を十分に得ること

あなたが不安感や恐怖心を抱いている相手は、本当にそこまでの嫌がらせができる人でしょうか?相手の情報を把握すれば、その相手が「できること」「できないこと」を、ある程度は予測することができます。相手の情報を多く把握することは、あなたの漠然とした不安や恐怖をぬぐい去ってくれるはずです。

感情的に反応しない

嫌がらせをしてくる相手に対して、感情的に反応するのは逆効果です。相手はそれに対してまた更なる嫌がらせをしてくる可能性が高くなります。なぜなら、嫌がらせ行為者はあなたのその感情的な反応によって、更なる嫌がらせをする口実を得るからです。嫌がらせ行為者の思考は、何があっても「自分は正しくてあなたが悪い」のです。

つきまとい行為の記録と証拠の保全

自分で行うつきまとい行為に対してできることは限られています。しかし今後つきまとい行為がエスカレートした時のために早いうちから自分でしておかなくてはならないのが、被害の記録です。

  • 被害を受けた日時と詳細な被害内容
  • つきまといに対して行ったこと
  • 相手に関して知っている情報、特徴

つきまといによって起こる被害

つきまといによる二次被害

  • 親戚や家族にまで悪影響が及ぶ
  • 勤務先に悪い噂が拡散されている
  • 交際相手にまで悪影響が及ぶ
  • リベンジポルノによる風評被害加速、拡散
  • 外出するのが怖くなり孤立してしまう
  • つきまといに協力する人物が増える
  • 騒音や嫌がらせによる健康被害の悪化
  • ネットストーカーによる嘘の拡散

つきまといや監視行為は徳島県迷惑防止条例違反になりますが、あたかもたまたま通りがかったというシチュエーションで、自然に被害者を監視するようにつきまといを行います。つきまとい被害の年数が長いほど、犯人の特定や状況を把握できて、撃退するチャンスはたくさんありますが、身の危険を考えて、被害者が加害者にならないよう、すぐに警察に連絡しましょう。事件性が高いのであればその場で対処してくれるはずです。

つきまとい被害を証明したい!

つきまといには軽度のもから重度のものまで、あるいは、初期段階から終期段階まであります。できれば、初期段階から中期で解決されるべきで、この機を逃すと、つきまとい行為がエスカレートとしてしまう恐れが高まります。つきまといは、「不安」にさせることを目的とするので「いつか終わる」と先延ばしにせず、少しでも不安を感じたらすぐご相談ください。

一人で抱え込まずにすぐ相談

一人で悩まない

執拗なつきまといや監視行為は第三者に気づかないように行うと同時に、不特定多数の人が面白がって加害行為に加わっているケースもあるため、誰が加害者なのか分からず混乱してしまうのが被害者の辛さだと思います。そこが、加害者の思う壺であり、心のよりどころを無くし、孤立させるために手段が選ばないのが加害者です。

 

あまり警戒しすぎて、被害者の近くにいる人全員が加害者と思い込み、暴力沙汰になるケースがあるので、被害らしきことが起きたら、メモをとり記録しておくことが必要です。ここで大切なことは「一人で悩まない」ことです。つきまとい対策のプロに依頼するなど、心のよりどころを見つけると心に余裕ができ、解決まで冷静に対処できるので一人で悩まず是非ご相談ください。

相談先選びについて

つきまとい調査を依頼する場合、どんな探偵事務所を選んでも良いわけではありません!必ず「つきまとい調査に強い探偵事務所」を探して、依頼する必要があります。ほとんどの人は、知り合いに探偵はいないと思われますので、まず初めにインターネットで検索してみましょう。インターネットなどで検索した際や、電話で問い合わせる時に「これをクリアしておけばOK」と判断できるポイントを5つご紹介します。

早めに相談しよう

どのようにして調査を進めていくのかが曖昧だったり、調査プランに自信がないと感じたら、問題に対する経験値は少ないと判断して良いかと思います。一か八かで調査を依頼することは絶対あってはならないことです。仮に上手く証拠がとれたとしても、調査後にどうして良いか分からない方がほとんどです。経験不足の無知な探偵事務所に依頼すると、依頼人に不適切なアドバイスを行ない、かえって問題をこじらせてしまう場合があります。最後まで問題解決への的確なサポートができる探偵事務所に依頼しましょう。

過去の解決実績を確認する

「探偵は、全員調査の知識があるのだから、つきまとい調査に強い探偵じゃなくても良いのでは?」と思われるかもしれません。しかし、実際は探偵事務所にも得意不得意があり、自分の得意な調査以外の実績については、あまり解決事例がない探偵事務所が多いのです。例えば、浮気調査をメインに扱っている探偵事務所に嫌がらせ調査のことを相談しても有益な回答は得られない可能性があります。

調査費用がどれくらいかかるのか、事前に答えることができる

探偵に正式に依頼する前に相談の段階で「実際に調査費用はいくらぐらいかかるのか」を聞いてみることをおすすめします。「実際に調査してみないと分からない」などと答える探偵事務所は、つきまとい調査のプロではない可能性が高いので、避けた方がよいでしょう。調査経費が調査料金を上回るなんていう悪質なケースもありますので、「経費込み」の料金体系の事務所が安全です。

「大手の事務所だから安心」は間違い!

例えば「相談実績〇〇件以上」という探偵事務所の広告があったとします。この広告を見たときに探偵業界を知らない一般の方なら「〇〇件も相談実績があるならきっと立派な探偵事務所だから安心して相談できる」と思うでしょう。人は情報に乏しい時は、それが人気があるかどうかで相談先を選択する、という心理を利用したものです。それにネット広告には広告宣伝費がかかり当然、調査費用に反映され高額になります。

デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か

良い探偵事務所というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。依頼者が「このようにしてほしい」と言われても、担当者が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い調査事務所と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!大丈夫です!」という探偵事務所は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

つきまとい調査依頼方法

徳島県全域対応可

つきまとい被害者の皆さんに寄り添うことがどこまでできるのか? いつも自問自答します。実際には、同じ被害に遭っていないと本当の被害者の痛みは理解できないのでしょう。十分な力ではないにしても、被害者の方と一緒に考え、解決出来れば。私たちはそのような気持ちでご相談をお待ちしております。
 

藍住町・阿南市・阿波市・石井町・板野町・海陽町・勝浦町・上板町・上勝町・神山町・北島町・小松島市・佐那河内村・つるぎ町・徳島市・那賀町・鳴門市・東みよし町・松茂町・美波町・美馬市・三好市・牟岐町・吉野川市

調査の流れ

1 お問合せ〜ご相談

ファミリー調査事務所にお電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

お問合せ〜ご相談

2 ご面談〜ご検討

お電話にてご予約いただいた日時に、事務所にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

ご面談〜ご検討

3 ご依頼〜調査開始

面談によるご相談の結果、調査相談による助言等のみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

ご依頼〜調査開始

4 ご報告〜アフターケア

証拠に自信!裁判にも有効な報告書で調査結果を報告。調査結果は報告書で報告します。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。専門家を紹介することも可能です。

ご報告〜アフターケア

繝輔ぃ繝溘Μ繝シ隱ソ譟サ莠句漁謇€

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ファミリー調査事務所では、24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらからお電話致しますのでお名前・電話番号記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。




メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日

ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する