正しい探偵事務所の選び方

探偵社はどのようなところか?

探偵のイメージとは

探偵というと、多くの方は映画やミステリー小説にあるように、経験と知識を駆使して謎を解き、事件を解決するイメージをお持ちなのではないでしょうか?しかし、現実は少し違います。

実際の探偵がどのようなことをしているかと言うと、探偵は調査の依頼を受け、情報の収集を目的に「面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査」をする者と法律で定められています(探偵業法の定義より)。

わかりやすく言えば、ご主人が浮気をしているかどうかを調べたり、「誰かに後をつけられているような気がする」と調査を依頼されれば、誰がストーカー行為をしているのか犯人を突き止めたり、家出などで失踪した人の行方や消息を探し出したりするのが探偵の仕事です。

その他にも、「この人は信用できるのかな?」と思う人の素行調査(信用調査)なども引き受けます。ストーカー調査などの場合、収集した情報を分析して「誰がつきまとい行為や嫌がらせをしているのか」等々を推理したりもしますが、真実を追及するのが本来の「探偵」の仕事です。

小説や映画の世界では警察が殺人事件の真犯人捜しやトリックの謎解きを探偵に依頼することが多々ありますが、原則として探偵が刑事事件に関わることは一切なく、民事上での問題解決が主な業務になります。

しかし、嫌がらせ行為やストーカー、DV等の調査において、私人逮捕(※1)を行使できる状況であれば、例外的に犯人を現行犯で捕まえることはできます。

ちなみに、探偵が刑事事件に介入できないように、警察も『民事不介入の原則』(※2)が定められているため、警察が浮気などの捜査(調査)をするようなことはありません。

※1 私人逮捕:現行犯での犯罪に直面したり目撃したりした場合、一般人でも犯人を現行犯逮捕できる制度。暴行傷害や痴漢行為、ひき逃げ、飲酒運転などのケースで、犯人に逃亡の恐れがある場合のみに限られる。しかし、犯人の素性(名前)がわかっている場合は私人逮捕できない。

※2 民事不介入:民事(一般の個人や企業間)でのトラブルに警察は関与しないとする方針のこと。例えば、夫婦げんかの通報があった場合、駆けつけた警察官が夫婦をなだめ、仲裁することはあっても基本的には夫婦間(民事)の問題としてそれ以上は関わらない。

しかし、一方が手を挙げ、他方が負傷したなどの刑事事件(暴行罪もしくは傷害罪)に発展した場合は逮捕となる。

探偵社の得意分野を見分ける方法

探偵ができる3つの調査方法

かつては浮気調査や素行(信用)調査、人探しなどが探偵社の主業務でした。

しかし、時代とともにコンプライアンスの概念が変わったり、スマートフォン(携帯電話)やインターネットの登場で情報システムが大変革を遂げたりするなど、私たちの生活スタイルが大きく変わると時代の変化に合わせるかのように探偵社に持ち込まれる相談内容も少しずつ変わってきました。

顕著なのが、「日常生活で起きるさまざまなトラブル」の煩雑化と「悪質なストーカー」が頻発して起こるようになったことです。

そのため、探偵社も「トラブル対策」「ストーカー対策」など、時代に合わせた新たなサービスを提供するようになりました。

✅ 探偵ができる3つの調査方法

警察には「民事不介入」の原則があるので、犯罪とは関係ない争いに警察は介入しません。そこで警察が関与しないさまざまな問題、トラブルの調査・解決を民間の企業である「探偵」が請け負っています。

聞込み・張込み調査

調査対象者の知り合い・同僚など周りの人に話を聞いて情報を集めたり、本人には気づかれないように行動を監視したりします。

尾行調査

調査対象者に気付かれないように尾行、行動を監視したり浮気現場などの証拠写真を撮影したりします。

また、調査対象者にはどのような知り合いがいて、どのような交友関係があるかなど、調査対象者の人となりや信用度をはかるための調査もします。

データによる情報収集

独自の調査ルートで情報を収集し、詐欺犯(もしくは詐欺集団)の特定や、慰謝料・養育費などを払わない債務者(慰謝料などを支払うという取り決めをした相手)の行方がわからなくなった場合の所在を突き止めるなど生活トラブルに関する調査も請け負います。

得意・不得意や探偵社の強み

探偵社の得意分野を知るには、依頼する前に必ず《調査手法》を確認してください。その分野に対して、探偵社がどのような考えや知識を持っているのかといった点などから判断することになります。

なかには専門的な知識が必要で、経験がなければ対応できないような案件もあります。

そのような場合は、専門的にその分野を扱っている探偵事務所に依頼する必要があるでしょう。専門分野を持つ探偵社への依頼がスムーズな問題解決につながるでしょう。

どの探偵社に頼んでも同じではないことを認識しておく必要があります。

探偵事務所の調査料金相場

正式な金額は見積作成が必要です

探偵事務所に依頼する場合、一番気になるのが調査費用でしょう。

調査費用は、基本的にはご依頼者と探偵事務所とが話し合って決めるものです。

探偵の料金相場を確かめておくのは、探偵選びで重要なことのひとつです。

料金相場を知っておけば、どの探偵事務所の料金が安く、どの興信所の料金が高いのかを見分けることができるので参考にしてください。

探偵の調査料金の相場
調査の種類 料金 調査内容
浮気・行動調査 30万~40万
  • 行動調査3日間
  • 事前調査(下調べ)
  • 車両費(車・バイク・自転車)
  • 機材費(撮影)諸経費
  • 報告書作成費等全て含んだ料金
  • 調査員2名~3名 調査時間6時間~10時間
行方・所在調査 15万~
  • 所在調査2日間
  • 車両費(車・バイク・自転車)
  • 機材費(撮影)諸経費
  • 報告書作成費等全て含んだ料金
  • 調査員3名
  • 調査時間8時間
結婚前信用調査 40万~
  • 現在の収入
  • 破産歴の有無
  • 借金の有無
  • 結婚相手の実家風評
  • 会社・近隣での評判
  • 結婚相手の素行(ギャンブル・交友関係・暴力団等)
  • 宗教
  • 卒業学校
  • 前職での評判
  • 過去の職歴
  • 交際歴 など
盗聴・盗撮・ストーカー対策 5万~
  • 盗聴・盗撮器の探索
  • 盗聴・盗撮器の取り外し

※ ストーカー対策は1日当たり3万~が相場になります。

※ ここに掲載された料金は一般的な探偵社・興信所の目安であり、この料金で結果が保証されるものではありません。

調査料金の相場を判断することが難しい場合は、「ファミリー調査事務所」へお問い合わせください。

まとめ

よく「探偵は怪しい」「探偵に相談すると幾ら取られるかわからない」などと言われることがあります。

実際には、多くの探偵社においては、そのようなことはありません。

ファミリー調査事務所では、ご相談から調査終了まで一貫して一人が担当します。ご相談しにくい悩みや、デリケートな悩みも安心してご相談いただけます。

また、ご依頼者からの急なご連絡にも対応できるように、24時間(土日・祝日問わず)対応できる体制を整えていますので、気軽にご相談下さい。

ファミリー調査事務所 お問い合わせフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する 安心無料で相談する

TV・マスコミ掲載情報

1.令和2年8月28日
THE フライデー
情報提供:「室間添随症」の実態
2.令和5年3月9日
THE 突破ファイル
情報提供:「新企画!盗聴発見Gメン」

Worldwide THE FAMILY Investigation Agency

世界探偵協会加盟

警察庁

東京弁護士会

共感と寄り添いの会「ふぁみりー」

慰謝料請求専門調査窓口

ファミリー調査事務所の探偵塾

クレームに悩まない新しい不動産管理サービス。クレームやトラブル対応はプロにお任せ。不動産の安心管理を徹底サポート。

婚活のプロフェッショナル「探偵の縁むすび」

ファミリー調査事務所へ よくある質問