家出(失踪)人調査

家出失踪調査に関する情報をお伝えします。家出失踪調査は状況に応じて、調査の手法、必要な情報が異なりますので、まずは無料相談をご利用ください。家出失踪調査のご相談・見積作成は無料です。

家出(失踪)はスピード勝負!まずはご相談ください

家出調査について

家出した家族や恋人を探す調査

家出調査とは、家出した家族を探すことを目的とした調査です。家出の原因は家出人によってさまざまですが、共通することは「家族にも言えない悩みや心の病」などがあり、発見後の対応で再発防止につながります。

家出の主なパターン

  • 家庭環境(親子間不和・夫婦間不和・未成年の非行による家出・家族からの叱責・結婚の反対・DV)
  • 異性関係(駆け落ち・出会い系サイトでのトラブル・浮気・DVなど)
  • 職場、学校(いじめ・成績、業績不振・教師または上司からの各種ハラスメントを含めた理不尽な扱い・倒産など)
  • 疾患(うつ病・認知症・統合失調症をはじめとした精神疾患など)

家族の家出は犯罪に巻き込まれるといった危険性があります。最悪の事態を防ぐために、早めに行動することが大切です。

《警察に届け出る際に必要な情報》

まずは、居住していた住所を管轄する警察署に「行方不明者届」届け出てください。

警察は日夜パトロールを行っていますので、子どもであればその場で保護することが可能です。他にも、「職務質問」や「交通違反」などがきっかけで見つかることもあります。

  • 基本情報 「氏名 住所 本籍 生年月日 血液型 病歴 職業」
  • 本人特徴 「体格(身長・体重)身体的特徴(けがや手術の痕、ほくろや入れ墨など)」
  • 失踪状況 「所持品 家出した日時と場所 家出時の服装 本人の所持品 原因など」

ただし、事件性のない家出に警察が積極的に捜索しません。一刻も早く家出人を見つけたい時は、専門家と連携して探しましょう。

失踪調査について

突然いなくなってしまった…

失踪調査とは、何らかの原因によって連絡が取れなくなった相手や、借金から逃れるために失踪した債務者などを探します。また、行方不明になった原因を調べたり、失踪に協力した人の信用度を調べることもあります。

具体的には以下のような場合が挙げられます。

行方失踪の主なパターン

  • 家族・同居人の失踪(家出、駆け落ちなど)
  • 社員の失踪(パワハラ、人間関係の問題、会社資産の持ち逃げ、業績不振など)
  • 連絡がつかない取引先(計画倒産など)
  • 養育費が未払いのまま失踪した元配偶者(連絡無視など)
  • お金を貸した相手の失踪(夜逃げ、連絡無視など)
  • その他金銭トラブルによる失踪(特殊詐欺など)
  • 認知症の徘徊捜査(行方不明、迷子など)

《認知症の徘徊捜査》

近隣住民の方々に事情を話して「見かけたらご連絡をください」とあらかじめお願いしておくとすぐに発見できることがあります。また、本人がよく立ち寄りそうな場所や思い出の場所などにも事前に話をしておくといいでしょう。

《金銭問題》

借りたお金を返さずに踏み倒されてしまったら、永遠に戻ってきません。借金にも時効が存在しますが、「消滅時効の援用」によって時効までの日数をリセットすることもできます。

これらをうまく活用して、借金が踏み倒される前に債務者の居場所を特定しなければいけません。

《養育費問題》

養育費は離婚しても父母それぞれが負担するものですが、離婚して子どもと離れてしまうと支払わなくなる無責任な親が多いのが実情です。

安易に諦めずに、現在の居場所を特定して子どものためにも支払ってもらいましょう。

家出失踪人を探すために必要な情報

行方失踪調査・家出調査には、いずれも探したい相手の情報が必要不可欠となります。どんな些細な情報でも調査対象者本人につながる可能性があるため、ご相談前に細かくチェックしておくといいでしょう。

 

基本情報

氏名・年齢・性別・住所・前住所・連絡先・写真(全体写真と顔写真があれば2枚以上)上記情報が基本情報といい、行方調査のベースになります。

 

金融情報(銀行の通帳の状況・クレジットカード明細書)

直近のクレジットカード使用履歴や場所、銀行口座の明細(こちらは依頼者様にて確認してください)や入出金確認とその場所を割り出し、現在の居場所を絞り込みします。

 

所有車両情報及び運転免許証の情報

車で移動している場合、運転免許証の更新が必要になり更新手続きをするため、免許センターに来る可能性があります。

 

異性関係・交友関係(交際相手や配偶者、友人との関係性)

調査対象者と親密な関係にある人物に狙いを定めることで、本人の居場所に繋がる可能性があります。

 

勤務先・通学先情報

調査対象者が勤務又は通学している場所、どれくらいの時間に出かけるか、手段は徒歩・自転車・車・電車なのかを割り出すことで調査の効率を高めます。

 

その他(書き置き・よく行く場所・趣味)

調査対象者のよく行く場所がわかっていればあらかじめその場所に張り込み、待ち伏せにて調査を成功させることができます。その他、書き置きや趣味などの手がかりがあればそれを基に調査プランを作成し、効果的な調査が可能です。

家出失踪調査にかかる費用について

家出失踪調査費用に関する重要なポイント

家出失踪人を探すうえで大切なのはスピードです。なかには命に関わる大変な家出もあり、「初動のスピード」と「捜索範囲」が重要なポイントになります。

捜索範囲は「発見率」につながり、山や川の方面に向かった場合、ドローンなど特殊機材を利用することで捜索範囲は何倍にも広げることが可能です。

基本的な「聞き込み」「張込み」なども効果的ですが、探偵ではなくてもできることが多いため、役割分担することで広範囲に調査が可能です。

家出(失踪)人調査の料金

家出失踪調査の解決事例集のご紹介

【金銭問題による失踪】

依頼内容:
私は離婚して1年、2人の子どもがいます。元夫はお金にだらしない人だったので、離婚時に公正証書にて養育費・慰謝料を決定しました。

半年経っても振込が無いので連絡したら、携帯電話は解約され勤務先を退職していました。元夫の実家に相談すると「友人からも借金をして失踪している」「居場所がわからない」といわれ、諦めていました。

しばらくして、友人から「元夫の実家の近くのパチンコ屋で本人を見かけた」と目撃情報が入りました。すぐにでも行きたかったのですが、子どもがいて自由に動けないので代わりに旦那を探してください。

調査結果:
このようなケースでは、住民票も実家に置きっぱなしで足取りを追うのが困難となります。しかし、実家の近くでの目撃情報があることから実家にいる可能性が高いと判断できます。

おそらく、実家に住む両親も関わりたくないなどの理由で聞込みしても居場所にたどり着けない可能性が高く、周辺での聞き込みや実家付近での張り込みを行ないました。

周辺住民の聞込みの結果は、「たまに見る」「同居はしてない」と確認、おそらく郵送物を取りにきている程度と判断し、周辺のパチンコ店を絞り込みローラー作戦に変更した結果、本人車両を発見することに成功しました。

尾行調査で、実家近くのワンルームを借りていることが判明し、ご依頼者報告した結果、弁護士に相談するとのことで調査終了となりました。

 

【出会い系サイトで知り合った男性と家出】

調査項目:家出調査(男性の特定調査含む)

依頼内容:
高校生の娘が出会い系サイトで知り合った男性と家出しました。門限も守らず無断外泊が増えたことから、娘の携帯を奪い取りメールなどを確認すると男性とのやり取りがありました。

サイトで知り合った男性と会う約束をしていたので、反対したことが家出の原因です。事件に巻き込まれる前に娘を連れ戻したいので、娘を探してください。

調査結果:
出会い系サイトで知り合った男性との家出は事件になることもあり、緊急性の高い捜索となります。まずは、出会い系サイトの情報を確認し、情報収集から行ないます。

このようなケースは、娘さんの携帯電話が捜索に重要なポイントとなります。今回は、携帯の名義人がご依頼者(両親)であったため、すぐに携帯会社に位置情報を確認してもらい、現地に向かい捜索後、発見することができました。

 

【売掛金回収におけるトラブル】

調査項目:失踪調査

依頼内容:
商品を卸している飲食店の経営者(個人事業主)との連絡が取れなくなりました。お店に赴いたところ、携帯電話がつながらないどころか、自宅も引き払い“夜逃げ”していました。

お店のテナントの貸主のビルオーナーも、賃料が数ヵ月分支払いが滞っているそうで困り果てていました。飲食店の経営者の居場所を探して、安否の確認と未払い金の回収をしたいと思っています。

調査結果:
コロナ問題は長期化する見通しで、飲食業界の夜逃げも多く見受けられるようになりました。

今回は、情報が少なく難易度の高い調査となりましたが、よく行くバーなどから「女性」の存在を確認し、働いているキャバクラ店の潜入を行ない、アフター後の尾行にて自宅割出に成功。

2日間による張込みを行なった結果、女性マンションから対象者の姿を確認することができました。ご依頼者に伝えたところ、また逃げてしまう前に、女性にも事情を話し直接交渉をしたいとのことでサポート終了となりました。

 

【認知症の父親が行方不明に…】

調査項目:行方調査

依頼内容:

認知症を患っている父が、突然、行方不明になりました。認知症といっても軽度で体力も視聴覚能力もあるため、クルマを運転していなくなってしまいました。

クルマの場合、捜索範囲も広く事故なども心配なので警察に行方不明届(捜索願)を出しました。警察の捜索と並行して探偵さんにも父を探して欲しいと思っています。

警察が捜索していない範囲を調べてもらうことはできますか?

調査結果:
認知症の行方不明者捜索は、経験上、「思い出の場所」など記憶に残っている場所にいくことがあります。他にも、迷子になってどこかに停車して休んでいる可能性もあります。

ご高齢であることから、長時間の運転は難しいと判断し、どこか休憩できるようなポイントを自宅から半径20~30㎞圏内に絞った捜索を行ないました。調査開始から8時間経過したころ、隣の町の「道の駅」駐車場で発見することができました。

家出失踪調査のご相談・ご依頼方法

当事務所の家出失踪調査の一番の強みは、調査経験と最新機材で行なう捜索です。他にも、ご依頼者との役割分担や情報収集方法の技術提供で、人件費などの費用面でも効率よく探せることも評価されています。

「最悪の事態を招かないために」は、一刻も早く探し出すことを優先とします。ご相談は24時間無料で、お電話が難しいときはLINEでのご相談も承っております。

  1. まずはお問い合わせください。

    ファミリー調査事務所では、年中無休24時間(TEL 0120-862-506)また、お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。
  2. 面談・お見積り

    専門スタッフとの面談相談の際、資料がございましたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務があるので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。
  3. ご契約・お支払い

    面談によるご相談の後、調査をご依頼される場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。ご依頼者と受任者がそれぞれ1通ずつ、同一内容の原本を保有します。
  4. 調査開始

    調査が開始したら、担当者より状況を「LINE・メール・電話」などご指定いただいた方法でご報告いたしますので、調査終了時まで内容がわからないということはありません。
  5. ご報告・アフターサポート

    調査結果は書面とデータで報告します。調査後の家出・失踪サポートも充実しているので、専門家を紹介することも可能です。
    報告とアフターサポート

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する 安心無料で相談する

ファミリー調査事務所の探偵塾

婚活のプロフェッショナル「探偵の縁むすび」

ファミリー調査事務所へ よくある質問