公開日:2023/09/05 / 最終更新日:2023/09/06

不審車両が頻繁に目撃される!所有者を特定する方法と解決策

嫌がらせ専門対策室#嫌がらせ

不審車両の実態

最近、地域で不審な車両が頻繁に目撃されています。

このような状況は住民に不安を与えるだけでなく、場合によっては犯罪につながる可能性もあります。

本記事では、不審車両の所有者を特定し、問題を解決するための手法を詳しく解説します。

執筆者兼監修者

執筆/監修者:山内 和也2023年9月5日 更新

不審車両特定調査20年以上の経験者監修のもと作成しました。お悩みを打ち明けていただくことが、大きなトラブルへの発展を防ぎ、問題を解決する第一歩になるのです。皆さまの問題を解決できるよう尽力いたします。

> 監修者ページ

1- なぜ不審車両が問題なのか?

不審車両が問題である理由は複数あり、以下に主な点を挙げてみましょう。

住民の安全感を損なう

不審車両が頻繁に現れることで、住民はその場所に対する安全感を失い、日常生活に不安を抱えることになる可能性があります。

犯罪のリスクが高まる

盗難、詐欺、脅迫、ストーカー行為など、不審車両が関与する可能性のある犯罪は多岐にわたります。

子供や高齢者への影響

特に子供や高齢者は、不審な車両や人物に対して防衛手段が限られているため、危険が高まることが考えられます。

住環境の低下

不審車両が頻繁に出没するエリアは、住みたい場所としての魅力が低下します。これは地域の評価だけでなく、不動産価格にも影響を与えかねません。

法の不備を招く可能性

不審車両に対する対策が不十分な場合、それが何らかの違法行為につながる可能性も考慮しなければなりません。例えば、自警活動がエスカレートし過ぎると、法的な問題に発展する可能性もあります。

以上のように、不審車両が頻繁に目撃される状況は多くの面で問題となりえます。

そのため、早急な対応と解決が求められます。

2- 不審車両(不審者)の特定方法

不審車両の調査ポイント

不審車両の特定にはさまざまな方法がありますが、以下のポイントを考慮することが有用です。

ただし、独自の調査を行なう際には、法的な制約やエチケットを守るよう心がけてください。

観察と記録
  • 不審車両がいつ、どこで、何をしているのかを詳細に記録します。
  • 車の型、色、ナンバープレート、特徴的な傷やステッカーなどを記録しておくことが重要です。
  • 近隣住民や地域のコミュニティと情報を共有することで、不審車両の特定につながるかもしれません。
監視カメラの活用
  • 不審車両が出没する場所に監視カメラがあれば、その映像を確認します。
  • 法的に許可が得られる場合、自分で設置することも考えられます。
警察への報告
  • 危険を感じた場合や繰り返し同じ車が出没するなど、警察に報告することが重要です。
  • 警察はプロフェッショナルな方法で不審車両を特定できる可能性があります。

注意:車のナンバープレート等をSNSなどで公開する行為は、プライバシーの侵害となる可能性があるため控えるようにしましょう。

以上の方法を組み合わせることで、不審車両の特定がより確実に行えるでしょう。

しかし、自力での対応が難しい場合は専門機関に相談することが最も確実な解決方法となります。

3- 不審車両(不審者)の相談事例

最近、不審車両や不審者に遭遇したという方は、以下のチェックリストを確認してみてください。

心当たりがある場合は、当サイトの(無料相談)をお気軽にご利用ください。

  • 同じ場所で繰り返し不審車両や不審者を目撃する。
  • 自宅を出る際に、何者かにスマホで写真を撮られた経験がある。
  • 最近、近所で何かがおかしいと感じる。悪い噂が広まっているのかも。
  • 不審車両が停まる場所がいつも同じである。
  • 過去にGPSトラッキングの経験があり、今も監視されているかもしれない。
  • 停まっている車は異なるが、必ずと言っていいほど家から見える場所に存在する。
  • 不審車両が現れてから、変わった出来事が頻発している。
  • 個人情報が流出していると感じる状況がある。
  • ドライブ中に急に進路を遮られたり、じっと見られることがある。

ストーカー行為、夫婦間の不信、探偵による尾行など、GPSが使われる場面は多いです。

不安に思う場合は、自宅や自分の車に対しても詳細な調査を行ない、安全を確保することが必要です。

4- 不審車両や不審者にどう対応するか

不審者への対応策

不審車両や不審者によるつきまといやストーカー行為は多様で、専門家の協力が必要です。

被害の状況や目的に応じて、証拠の収集方法が変わるため、詳細な相談が重要です。

調査依頼をする前に、具体的な被害内容とその期間を明確にしておくとスムーズです。

自力で確認できる事項

  • 自宅に隠された盗聴器を探す。
  • 自分の車にGPSが取り付けられていないかチェック。
  • 不審車両の車番をメモる。

盗聴機が見つかった時の対応策

  • 盗聴機をそのままの状態で写真に収める。これが後の証拠となる可能性があります。
  • 盗聴機の位置、種類、取り付けられた場所などを詳細にメモする。
  • 警察に被害届を提出する。その際、証拠の写真とメモを持参する。

盗聴機はプライバシー侵害に当たる重大な犯罪です。

速やかに専門家と協力し、犯人を特定して法的に対応することが重要です。

5- 車両ナンバーから所有者を調べたい

ファミリー調査事務所では、自動車ナンバーやバイクのナンバーから名義人の氏名と住所を調べることが可能です。

軽自動車のナンバーからでも調査可能です。

詳しい内容・料金についてのご質問やご相談は、無料相談をご利用ください。

自動車ナンバー調査料金プラン

普通自動車ナンバー 基本料金:100,000円~
軽自動車ナンバー 基本料金:120,000円~
自動二輪車ナンバー 基本料金:80,000円~
banner_chousaryoukin

6- 不審車両の調査依頼方法

不審車両の所有者に、証拠がなく追及したらかえって悪化する恐れがあります。

仮に、当事者間の協議で一時抑止することができても、時間の経過により再発することが多々あります。

まずは被害の状況を詳しくお聞かせ頂き、被害状況に応じた適切な調査・対策を行なうことをおすすめします。

調査の流れ

1 お問合せ〜ご相談

まずはファミリー調査事務所にお電話をいただき、面談のご予約をお取りください。年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)また、お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

お問合せ〜ご相談

2 ご面談〜ご検討

お電話にてご予約いただいた日時に、事務所にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けください。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務があるので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。ご予約いただいた後に、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

ご面談〜ご検討

3 ご依頼〜調査開始

面談によるご相談の後、調査をご依頼される場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び調査方法、調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定めの他、探偵業務の対価などを明記した契約文書のことです。ご依頼者と受任者がそれぞれ1通ずつ、同一内容の原本を保有します。

ご依頼〜調査開始

4 ご報告〜アフターケア

証拠に自信!調査結果は報告書で報告します。写真の顔がはっきりと映っているなど、裁判になったときにもきちんと証拠として採用される報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実しているので、専門家を紹介することも可能です。

ご報告〜アフターケア

ファミリー調査事務所 お問い合わせフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する 安心無料で相談する

TV・マスコミ掲載情報

1.令和2年8月28日
THE フライデー
情報提供:「室間添随症」の実態
2.令和5年3月9日
THE 突破ファイル
情報提供:「新企画!盗聴発見Gメン」

Worldwide THE FAMILY Investigation Agency

世界探偵協会加盟

警察庁

東京弁護士会

共感と寄り添いの会「ふぁみりー」

慰謝料請求専門調査窓口

ファミリー調査事務所の探偵塾

クレームに悩まない新しい不動産管理サービス。クレームやトラブル対応はプロにお任せ。不動産の安心管理を徹底サポート。

婚活のプロフェッショナル「探偵の縁むすび」

ファミリー調査事務所へ よくある質問