公開日:2022/06/20

集団ストーカーの被害者が相談する際の注意点

集団ストーカーの被害者が、数ある探偵社の中に「解決までサポート」できる探偵を探すのは容易ではありません。

そこでファミリー調査事務所では無料相談サービスを実施し、悩まれている皆様に解決の第一歩として相談する際の注意点についてご説明しております。

男性記者が記事を作成しました
集団ストーカー調査
2022年6月20日 更新
探偵調査10年以上の経験者の指導のもと、集団ストーカー調査担当者が書きました。お悩みを打ち明けていただくことが、大きなトラブルへの発展を防ぎ、問題を解決する第一歩になるのです。皆さまの問題を解決できるよう尽力いたします。

目次│集団ストーカー被害相談について

「最初の段階」確認すべきポイント

相談先の選び方

集団ストーカー被害者の会や、SNSで集団ストーカーの被害をブログで公開するなど、集団ストーカーを世間に周知するために、全国の被害者が立ち上がろうとしています。

その仲間に入って被害状況を共有したり、被害について相談して仲間意識を強く持つことは否定しません。1人より仲間がいたほうが心強いからです。

ここでは、集団ストーカー被害を相談するときに最低限確認すべきポイントをお伝えします。

SNSなどの被害者に相談

被害者同士で情報共有したり、解決方法を模索することはよいことですが1つだけ注意しなければならないポイントがあります。

まず、前提として「同じ被害」の方を探すのは難しく、「似たような被害」がいっぱいあるので自分と違う被害だからといって「偽被害者」と決めつけるようなことはしないでください。

自分に当てはまらない被害でも苦しんでいるのは同じです。偽物はいつかボロがでますので最初から全てを話さず様子を見ながら接していきましょう。

探偵に相談

自分が置かれている状況を探偵に相談するとき、まず最初に思うことは「解決まで導けるのか?」ではないでしょうか?

相談した探偵社の回答が「解決策に自信がない」「実際に調査してみないとわからない」など、保全ばかりで責任逃れをする探偵社では解決事例が少ないでしょう。

無料相談の段階で、「集団ストーカーへの取り組み」について確認し、最後までサポートできるところで相談してみましょう。

理解者の必要性

集団ストーカーなどの問題を専門に扱う相談窓口は皆無に等しいと言ってもよく、相談窓口と言っておきながら「営利目的」「宗教勧誘」などの報告が寄せられています。

当事務所の「支えあう会」では、心のサポートが必要な方に支えあう場を無償提供しております。

どうして集団ストーカーに巻き込まれたのか、この犯罪がなぜ自身に起こっているのか共有することで気持ちもすっきりするでしょう。

妄想であってほしい現実逃避願望は危険!

犯罪を見過ごしてしまうリスク

現在起きていることを妄想だと信じている「被害者」は、「加害者」からしたら何をしても大丈夫だと思いエスカレートしながら「どこまで大丈夫なのか」試されてしまいます。

エスカレートしてもやり方は変わらず、日常生活に紛れ込む「ガスライティング」「ほのめかし」「アンカリング」を少し過激にして、意識させるように仕向けてきます。

意識させる理由は、完全に妄想だと思い込んでしまうと嫌がらせを受け入れてしまうので、嫌がらなくなります。

加害者側は、嫌がらせを行なう理由の1つに「嫌がる反応をみる」ことに執着する人がいます。反応しないとエスカレートし、反応すると喜びまた同じことを繰り返す、無限ループの状況なのです。

そのうちに、加害者が作り出すループから抜け出せないとあきらめて、仕事や仲間を捨てて外部との接触を嫌う生活をします。

完全に孤立した状況から元の生活に戻すのは大変なので、妄想かもしれないと思った段階で相談する必要があります。

失ったものより、得たものを考えよう

「失ったものより残ったものは何なのか?」
集団ストーカー被害者はいろいろと失うこともありますが、集団ストーカー被害から解放されれば時間をかけて元に戻すことができます。

「以前の生活には戻れないかもしれない…」より、以前の生活より楽しいことが待っているかもしれないと考えましょう。

集団ストーカーの被害にフォーカスしすぎて、自分の能力や可能性を否定してしまうこと、夢や目標をもてなくなってしまうことが「本当の被害」なのです。

孤立しても決して負けないで「ご依頼者の声」

探偵に相談するのはなんとなく「不安」と思われる方は少なくありません。プライベートな悩みを話すわけですから、気が進まなくて当然です。しかし、どんな問題でもひとりで悩んでいては良い解決ができません。

最初は相談するのも不安があるかもしれませんが、問題が解決する事を考えれば、専門家への相談は必要なことです。

女性
ご依頼者: 40代/女性 会社員 
ご依頼内容: 集団ストーカー調査
ご依頼の声:

「孤立」はとても苦しいですよね。自分が望んで孤立しているわけではないのだから…だからと言って自分の命を捨てるような苦しさでしょうか。

集団ストーカーは行く先々にいろんな罠を仕掛けていますが、人間はそんなに完璧ではないし、必ずボロがでるものです。皆さんは集団ストーカーに苦しめられる人生を送るために生まれたわけではないはずです。

集団ストーカーを打破するのは1人ではできません。第三者の理解者に話を聞いてもらって、打破できる対策を一緒になって考えて実行してみてください。私の不安の多くは行動するだけで解決しました。

解決するための調査時間が90日という長い月日と集団ストーカー対策費用が必要でしたが、1つ1つの問題を解決でき不安な日々から解放されたことに非常に感謝しています。

調査レポート: 集団ストーカー調査をはじめて依頼する方は、どの探偵に依頼して良いのかわからない方がほとんどです。警察に相談したものの、「証拠がない」「解決してもらえない」などの悩みを抱えている方が多くいらっしゃいます。

はじめての方は、集団ストーカー調査を依頼する前に専門窓口に必ずご相談ください。集団ストーカーによる被害は、自分で立証することが困難なケースが多く、また判断が難しく間違った判断は解決から遠のくため必ず専門のアドバイスが必要なのです。

集団ストーカーを解決するために最も重要なポイントは、「被害状況を把握し正しい対策を行なう」ことから始まります!

「解決に向けて」確認すべき重要事項

解決まで責任を持てるのか?

一筋縄ではいかない「集団ストーカー被害」に、短期間で解決できる魔法のような調査は存在するのでしょうか?

すぐに見つかるような犯罪者であれば、わざわざ探偵に依頼するまでもありません。もちろん、簡単に捕まえたケースもありますが稀です。

犯罪の性質上、ある程度の期間は必要になると当事務所では考えております。この調査を探偵社に依頼するメリットは「サポート内容」がとても重要になります。

最近では、調査も満足にせず解決できない理由を「ご依頼者」のせいにする探偵の存在も確認されています。長期サポートができない「やりっぱなしの探偵」には依頼しないことです。

調査方法の選択が単純ではすぐバレる

集団ストーカーの調査を簡単に考えると「犯人にばれてしまうリスク」があります。

万が一、バレてしまった可能性が高いときは、潔く調査を中断してしばらく様子をみることも必要です。

バレてしまっても、調査が終わったと見せかけて犯人をおびき出す作戦もありますので、臨機応変に対応する力が求められます。

上記で説明した「長期サポート」は、こういった状況でも「調査期間」に有効期限がないので安心して任せられる理由となります。

情報漏洩対策は徹底的に!

ネットで「集団ストーカー被害者」であるブロガーやツイッターで知り合った人に相談することはよいことだと思いますが、「偽被害者」が存在することを忘れてはいけません。

集団ストーカーの加害者が情報収集のために行なっているかもしれません。情報が漏れて「仲間との分断工作」に遭った、情報が漏れて「新たな嫌がらせ」が始まったなど残念ながら被害報告もあります。

集団ストーカーにとって、被害の相談は新しい嫌がらせを作るための絶好なネタであり餌であることに注意してください。

被害者はどこに相談する?

集団ストーカー被害を相談するなら、集団ストーカーに詳しい専門家に相談したほうが安全です。しかし、不安にさせて契約をすすめてくる「不安を煽る探偵社」に注意してください。

探偵社に解決できる問題なのか

インターネットのサイトには「探偵に依頼しても集団ストーカーの解決にならない」という言葉が多く見受けられます。

確かに警察沙汰にならないレベルで嫌がらせをするケースもあるため、探偵に依頼しても仕方ないという考えがでてきても当然のことだと思います。

実際、探偵を雇って素行調査をしてもらったが、見当違いの人を調査していたという事例もありますので調査経験の差は否めないです。ですが、悪質な集団ストーカーを解決した事例もありますのでご安心ください。

必ずボロがでることを確証する

集団ストーカーと1人で戦うのは危険ですが、探偵という味方がいるだけで、プロが教える対策を練りながら、証拠を掴むことができるのです。

集団ストーカーは、集団だから上手に嫌がらせもやってますが、必ずボロが出ます。

そして、集団ストーカーの加害行為には「情報」が必要です。情報をどこで手に入れたのか、皆さんの環境をもう一度確認してみてください。

もしかしたら、SNSから情報を収集したかもしれないし、家族や友達の情報をベースにしてるかもしれません。専門的な探偵を味方にして、集団ストーカーが仕掛けた情報網に気付きましょう。

予算の関係で難しいという声は重々承知していますが、これからの心労のダメージを補う費用と調査費がどちらがコスパが高いか考えてみてください。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

未来を切り開くために一歩前へ

集団ストーカーの被害を相談できる人を探すのはとてと難しいかと思いますが、相談相手を探すのは「自分」しかありません。

インターネットで検索して「これだ」という探偵社が見つかったら、思い切って連絡してみてください。

収穫が無くても、必ず理解してくれる人がいると確信を持って、相談できる専門家を探しましょう。

調査の流れ

1 お問合せ〜ご相談

まずはファミリー調査事務所にお電話をいただき、面談のご予約をお取りください。年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)また、お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

お問合せ〜ご相談

2 ご面談〜ご検討

お電話にてご予約いただいた日時に、事務所にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けください。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務があるので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。ご予約いただいた後に、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

ご面談〜ご検討

3 ご依頼〜調査開始

面談によるご相談の後、調査をご依頼される場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び調査方法、調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定めの他、探偵業務の対価などを明記した契約文書のことです。ご依頼者と受任者がそれぞれ1通ずつ、同一内容の原本を保有します。

ご依頼〜調査開始

4 ご報告〜アフターケア

証拠に自信!調査結果は報告書で報告します。写真の顔がはっきりと映っているなど、裁判になったときにもきちんと証拠として採用される報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実しているので、専門家を紹介することも可能です。

ご報告〜アフターケア

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する 安心無料で相談する