公開日:2023/10/18

フィジー共和国探偵調査ガイド

オセアニア海外探偵調査詳細#海外調査#オセアニア

フィジー探偵調査

世界の強豪であるラグビーの代表チームが有名なフィジーですが、南太平洋に浮かぶ島々と、美しく透き通ったラグーンのサンゴ礁などが有名で海外旅行先としても人気の国となっています。

週2便ではありますが、成田から直行分もあることで、比較的行きやすい南国リゾートです。直行便に加えて、大都市経由でのアクセスも可能です。

英語版相談窓口のご案内

海外からの調査依頼や外国人ご依頼者からのお問い合わせ増加に伴い、ファミリー調査事務所では英語版のお問合せページを設置いたしました。

国境の壁を越え、グローバルな探偵活動を展開し、みなさまのお悩みに寄り添い問題解決のサポートをしてまいります。

Due to an increase in investigation requests from overseas and inquiries from foreign clients, we are pleased to announce the launch of our English inquiry page.

Breaking through borders, we are expanding our global detective services, offering support to address your concerns and provide solutions.

フィジー共和国での浮気・不倫スポット

フィジー探偵調査3

国際空港があり観光の中心地・ナンディを中心に、同国で一番大きなビティレブ島にある首都・スバや、国立公園のあるナウトカ、他では、美しいビーチが堪能できるタベウニ島、ナイガニ島などが人気スポットとなっています。

直行便もあることから“弾丸ツアー”も可能であり、また、韓国・仁川、香港、オーストラリア、ニュージーランドなどを経由してのアクセスも可能であることから、「海外出張」と言いつつ、不倫旅行先として選ばれるフィジー共和国。

妻(夫)に不倫相手と別れてもらうよう話し合いをするにせよ、離婚に踏み切るにせよ、不倫の証拠を入手している場合としていない場合とではその後の展開に大きな違いが出てきます。

フィジー共和国で行なう調査依頼事例

フィジー探偵調査4

フィジー共和国での不倫・浮気相談事例

メーカーの海外渉外担当として、中国をはじめ、アジア各国への出張が多い夫。ある時、不自然に日焼けして帰ってきたことから、「本当の行き先はどこ?」と疑問に感じ、出張時の行動の追跡を依頼。

追跡調査の結果、夫の行き先は香港経由のフィジー・ナンディ国際空港行き。空港で若い女性と待ち合わせ、そのまま、ビティレブ島内の高級ホテルへ。

ダイビングやシュノーケリングを楽しんだ後、一夜を共にし、翌日に、経由地の香港へ。

仕事と抱き合わせで、不倫を楽しんでいたことがわかりました。

 

浮気どころか法律違反!パスポート書き換え

新婚旅行以来、2人での海外旅行を計画していた若い夫妻。ウキウキしながら出かけて行きましたが、出国審査で夫のパスポートをめぐり、複数の職員が凝視したり、首をかしげたり…。そして、衝撃の事実が発覚しました。

「このパスポート、書き換えましたね?」。そうです。夫が妻に内緒で海外旅行を楽しみ、しかも、その帰国スタンプを、砂消しゴムで消していたことがわかったのです。

この結果、旅行がキャンセルとなり、夫婦関係にヒビが入った上、パスポートの書き換えは、刑法による「公文書偽造罪」に問われる可能性もあるので、決してしてはいけません。

 

フィジー共和国での所在が知りたい

英語を学ぶための語学留学先にフィジーを選んだ息子。ラグビー好きだったこともありますが、留学費用の安さも魅力だったようです。しかし、連絡も徐々に取れなくなり、心配になって行方調査を依頼。

現地調査の結果、息子さんは、現地の犯罪グループとグルになって、日本人観光客をターゲットにした、スリや置き引き、クレジットカードのスキミングなどに手を染めていたことがわかりました。

フィジーの限らず、留学先でこうした“闇落ち”するケースも少なくないようです。

 

その他、フィジーで起こるトラブル相談事例

  • 「日本人は金持ち」と思われていることから起きる窃盗
  • “格安観光ツアー”とうたいながらも、オプショナルツアーとして料金を次々と詐取
  • フィジー人によるひったくり「フィジアンアタック」には要注意
  • フィジー探偵調査6

    フィジー共和国探偵調査対応エリア

    フィジー探偵調査2

    調査担当者からひと言

    フィジー共和国では、言語や文化が日本と全く異なるため、日本の探偵が誰でもできるわけではなく、言葉や撮影技術も必要ですが、なにより大切なのは、環境や状況にも順応することが必要です。

    ファミリー調査事務所では、世界中のリゾート地における調査業務を経験したことによって、フィジー共和国における調査が可能なのでお気軽にご相談ください。

    フィジー共和国調査エリアガイド
    フィジー共和国調査エリア スバ(首都)、ナンディ、ランバサ、レブカ、ラウトカ、サブサブ、パシフィックハーバー、ナイタシリ州、ナモシ州、レワ州、セルア州、タイレヴ州、ブア州、ザカウドロヴェ州、マズアタ州、カダヴ州、ラウ州、ロマイヴィティ州、バ州、ナドロンガ・ナヴォサ州、ラ州、マナ島、ロツマ島、タベウニ島、ビティレブ島、バヌアレブ島、カンダブ島、タベウニ島、ナイガニ島、ママヌザ諸島、ヤサワ諸島、マロロ諸島

    在フィジー共和国日本国大使館

    在フィジー日本国大使館は、在キリバス日本国大使館、在ツバル日本国大使館、在ナウル日本国大使館を兼轄しています。

    緊急事態発生時には、提出された「在留届」をもとに、大使館・総領事館が、安否確認・支援活動等を行います。(https://www.fj.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html)

    Embassy of Japan in the Cook Islands

    所在地:G.P.O.Box 13045, Level 2, BSP Life Centre, Thomson Street, Suva

    電話:(+679)3304633

    フィジー共和国での探偵調査をお考えの方へ

    フィジー探偵調査5

    海外でも日本と変わらない料金体制

    ファミリー調査事務所では、自国の文化・風習に通じた人材を迎え入れ、グローバルな調査体制を整備しているので、海外調査・外国人調査でも、日本国内の調査と変わらない料金体制で調査いたします。

    海外の調査だから高額になるというようなことはありません。また、他社などで断られた案件についても対応いたしますのでご安心ください。

    海外調査のご質問やご相談、見積もり等をお知りになりたい方は、お問合わせフォーム・電話・メールからご連絡をください。

    ファミリー調査事務所 お問い合わせフォーム

    ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
    お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。







    メールは24時間以内に返信します。

    お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

    ご連絡希望の曜日
    ご連絡可能な時間帯

    安心無料で相談する 安心無料で相談する

    TV・マスコミ掲載情報

    1.令和2年8月28日
    THE フライデー
    情報提供:「室間添随症」の実態
    2.令和5年3月9日
    THE 突破ファイル
    情報提供:「新企画!盗聴発見Gメン」

    Worldwide THE FAMILY Investigation Agency

    世界探偵協会加盟

    警察庁

    東京弁護士会

    共感と寄り添いの会「ふぁみりー」

    慰謝料請求専門調査窓口

    ファミリー調査事務所の探偵塾

    クレームに悩まない新しい不動産管理サービス。クレームやトラブル対応はプロにお任せ。不動産の安心管理を徹底サポート。

    婚活のプロフェッショナル「探偵の縁むすび」

    ファミリー調査事務所へ よくある質問