公開日:2022/06/29

何でも屋の「嫌がらせ調査」「浮気調査」で解決できるのか

何でも屋で嫌がらせや浮気は解決できる

何でも屋の「嫌がらせ調査」「浮気調査」で本当に解決できるのか、詳しくご説明いたします。

何でも屋と探偵社の違いや、メリット・デメリットもお伝えいたします。調査依頼をご検討の方は、必ずお読みください。

また、ご相談や見積作成は無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

男性記者が記事作成者した

「何でも屋」と「探偵」の違いについて
2022年6月29日

探偵調査10年以上の経験者の指導のもと、「何でも屋」と「探偵」の違いについてお伝えしています。何でも屋と探偵の違いについて、詳しくお伝えしていますので、調査依頼をお考えの方はご参考になってください。

目次

「何でも屋」とは?

雑用や困りごとを代行するビジネス

「何でも屋」とは「便利屋」「よろず屋」とも呼ばれ、日常生活のなかにある雑用や困り事を代行するビジネスの総称です。

家屋・部屋・庭の掃除、洗濯、買い物、ペットの散歩、害虫駆除、ゴミ出しなど家事全般から引っ越し、高齢者のサポート、あるいはゴミ屋敷の掃除、遺品整理、特殊清掃(事件、事故、自殺などの現場や孤独死などにより遺体の発見が遅れ、腐敗によりダメージを受けた部屋の清掃作業)まで、あらゆる業務を請け負う業者も存在します。

そのなかには、「浮気調査」「盗聴器発見」など、探偵・調査会社に依頼すべき案件を請け負う何でも屋も存在します。

当然ながら、こうした業務を請け負うには「探偵業届出証明」が必要です。一部の何でも屋には、探偵業の届出を行なっている業者も存在しますが、届出を行わずに依頼を受けることは違法です。

探偵・調査会社は探偵業法(探偵業の業務の適正化に関する法律)の範囲内で、浮気調査、人探し調査、ストーカー調査、いじめ調査、盗撮器・盗聴器調査、人物調査、企業調査などをご依頼者に代わって調査する仕事です。

そのなかには、「嫌がらせ行為」に対する証拠収集を行ない、失敗すると「探偵ではない」「専門ではない」といわれ、費用を無駄にしている事例が増えています。

こうした調査を請け負う何でも屋も存在しますが、本来であれば探偵・調査会社に依頼すべき調査を、何でも屋に依頼するデメリットについて解説します。

「何でも屋」ができること

skill

「資格」は必要ないが「スキル」が必要な仕事

「何でも屋」は、前述した通り、そのサービス内容は多岐にわたり、挙げたらキリがないほどの種類があります。

当然ながら、幅広いスキルが必須となります。また、何でも屋に資格は必要ありませんが、そのなかで、不用品や廃棄品を扱う際は「古物商」「廃棄物処理」といった免許が必要となることもあります。

フランチャイズ展開している何でも屋も存在し、その需要は右肩上がりといっていいでしょう。

コロナ禍で成長したビジネス

女性からも需要があり依頼者は増えている

「何でも屋」は、高齢化や共働き世帯の増加などによって、力仕事が難しい、仕事や育児で忙しくて家事まで手が回らないなどの悩みを抱える女性からの需要もあり、今後も成長が期待されているビジネスでもあります。

コロナ禍によって、遠方に住む親戚や、友人・知人・ご近所などとの接触が敬遠される世のなかにあって、掃除や洗濯、ゴミ出し、買い物など家事全般にとどまらず、遺品整理やお墓の管理、話し相手など、高齢者の生活サポートするサービスも提供されています。

女性の利用者が増えていることから、女性スタッフのみで運営されている何でも屋も誕生しています。

加えて、国際化の影響から自国とは違う言語や文化、風習のなかでの困り事を解決する手段として、外国人が何でも屋を利用することも増加し、これからも外国人向けのサービスが増えてくることも想定されます。

「何でも屋」と「探偵」の違い

探偵業届出証明を行なっているか否か

探偵・調査会社と何でも屋との決定的な違いとは、「探偵業届出証明」を行なっているかどうかです。しかし、何でも屋のなかでもこれを行なっている業者も存在します。

探偵・調査会社は、浮気調査、人探し調査、ストーカー調査、いじめ調査、盗撮器・盗聴器調査、人物調査、企業調査などを「専門的」に扱う業種です。

しかしながら、何でも屋は、さまざまなサービスを行なうなかの一つとして、「副業的」に調査業務を行なっています。

調査ノウハに圧倒的な違いがある

以上のことから、調査業務以外のさまざまな仕事を行ないながら探偵としての依頼を受ける何でも屋と、さまざまな調査を専門に扱う探偵・調査会社では、その調査力やノウハウが全く違うといってもいいでしょう。

また、調査に結果によっては、裁判資料となる可能性もあるため、鮮明な証拠写真を撮るための機材や撮影技術も必須であり、この分野でも、探偵・調査会社と何でも屋とは雲泥の差があります。

探偵にしかできない調査とは

確実な証拠が必要なら探偵に依頼する

何でも屋でもできる仕事もあるが…

例えば、「子どもの通学を見守ってほしい」などといったご依頼であれば、何でも屋に依頼した方がコストパフォーマンス的に高いこともあるでしょう。

しかし、尾行などを伴うある人物の調査や、加害者のわからない嫌がらせやストーカーの特定などは、急を要するうえに、探偵としての経験値が必須となります。

および、提訴まで視野に入れた場合「確実な証拠」と、それらをまとめた調査報告書が必要です。

しかし、何でも屋では、満足な結果が得られないばかりか尾行技術などが未熟で、調べていることが調査対象者にバレたり、料金設定があいまいであるがゆえに高額な請求をされる、調査報告書がいい加減…といったトラブルが起きることもあります。

嫌がらせ対策には“チーム”で対応

嫌がらせはチームで対応いたします

当事務所も含め、探偵・調査会社が嫌がらせ行為を調査する際には、ご依頼者に細かくヒアリングしたうえで、複数人の調査員が担当します。

また、被害の実態や加害者の特定、証拠の確保、警察への被害届提出を可能とするのみならず、慰謝料や損害賠償請求へ向けた提訴も視野に入れた場合、証拠として提出を可能とする調査報告書を作成します。

加えて、再び同様の被害に遭わないよう継続的に監視することによって、ご依頼者に安心して生活していただけるまでアフターフォローします。この点が「調べて終わり」の何でも屋との大きな違いです。

もしトラブルになったら…

需要と供給

何でも屋の存在を否定するつもりはありません。何でも屋は基本料金自体が安く、軽作業など短時間での仕事を依頼する際はコストパフォーマンスに優れ、それが消費者に受け入れられつつある点は評価すべきでしょう。

加えて、買い物や掃除といった、分野がわかれることを一度に依頼したいときも便利です。

しかしながら、何でも屋は多くのサービスを兼務しているため、探偵・調査会社に限らず、専門業者が行なうべき分野と被る部分が多々あります。

実績や作業クオリティーの高さ、保証やアフターサポートが備わっている専門業者のほうが安心して仕事を任せられ、満足度の高い対応をしてくれる可能性が高いといえるでしょう。

仕事を依頼する前に「自分のニーズは何か」をきちんと精査したうえで、選択する必要があります。

こんな「何でも屋」は危ない!

違法行為を行なっている業者に要注意

「何でも屋」と検索すれば、実に3600万件もヒットします。実店舗を持ち、作業内容や料金設定が明確が業者であれば、比較的、安心して仕事依頼することもできるでしょう。

ただし、ネットのみで集客しており、連絡先は携帯電話、明確な所在地なども不明であり、「別れさせ屋」「辞めさせ屋」「復縁屋」「復讐屋」「仕返し屋」などとうたった業者は違法行為をはたらいている可能性が非常に高いです。

嫌がらせ対策などの仕事を依頼したことで、逆にトラブルを生み、しまいには「自分は探偵ではない」と開き直るケースもあります。

こうした悪徳業者と関わることによって、ただでさえトラブルを抱えている自分の身に、二重の苦しみとなる結果となりかねません。

嫌がらせ対策は探偵に依頼を!

嫌がらせ調査とは、相手の素性がわからないか、加害者の目星は付いているが確証がないといったケースが多く、探偵が受ける仕事のなかでも高度な調査技術を必要とします。

とはいえ、加害者が不明であることから、警察に被害届を提出することもできず、独りで悩みを抱え込むことの多い事象でもあります。

しかしながら、調査ノウハウの少ない何でも屋に依頼するにはお勧めできません。

さまざまな嫌がらせ行為に苦しみ、加害者を特定し、示談や提訴などを視野に入れた際には、嫌がらせ行為の証拠収集の専門家であるファミリー調査事務所にご相談ください。

各種調査やサポートに関するご相談は、お問合せフォーム・電話・メール・ラインにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。まずは、無料相談をご利用ください。

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する 安心無料で相談する

ファミリー調査事務所の探偵塾

婚活のプロフェッショナル「探偵の縁むすび」

ファミリー調査事務所へ よくある質問