公開日:2021/06/08 / 最終更新日:2021/06/19

探偵の尾行方法とは? 相手にバレたらどうする!?

尾行調査のコツと方法はどんなことをしているの?たまに質問されることがあります。おそらく探偵=尾行というイメージなのかもしれません。バレないためのポイントは? 備考の方法や、リスクなどについて詳しく解説します。探偵に依頼する際の尾行と素人の尾行の違いも考えてみましょう。

目次|尾行調査を依頼するメリット

尾行調査のコツとは

探偵事務所の尾行

尾行調査は、「尾行」や「張り込み」を行ない、対象者の活動状況や接触した人物の割り出しなどを目的とした調査です。主に、浮気や素行を調べる場合に行なわれ、証拠となりうる情報を集めるための重要な調査となります。

また、情報漏えいや競合企業などの接触人物との会話や、借金を踏み倒しそうとする債務者を追う場合にもベストな方法になります。

素人の調査はリスクが高い

自分での調査は失敗の恐れがある

調査の経験が無く尾行や張込みをしてしまうと、途中で見失ったり、不審者扱いされたり、時間が足りず続行できないなどのアクシデントが発生します。プロとの違いは、そうしたアクシデントの対処法を知っており、すぐに対応できるという点です。また、調査に必要な機材を数多く所持しているため、効率的に尾行できます。

尾行のコツとはどのようなものか?

尾行調査を行なう際にはテクニックが必要です。適度に人通りも交通量もあり、見通しのよい場所であれば、安全に尾行しやすい場所なのですが、人気がない場所を尾行するにはテクニックが要ります。徒歩尾行の場合、一定の距離を取って、対象者と目を合わせずに尾行します。

対象者に気付かれるような尾行の仕方はいけません。風景に溶け込んで、一般人に紛れ込むかが重要です。また、車両での監視の際は車両の向きを対象者と反対に向けて、ルームミラーで対象者を監視することもあります。

探偵でもバレることがある?

バレたときのケアができるのも探偵

尾行張り込みは対象者にバレずに行なうことが大原則です。しかし、プロの探偵でも尾行がバレそうになることは少なからずあります。熟練した調査員であれば引き際をわきまえており、その場合は別の調査員と尾行を交代することなどします。

人は、おおよその体型や服の色を記憶していることが多いので、服装から雰囲気を変えるだけで別人だと思い込ませられます。調査員が眼鏡やマスクを着用したり、服装を変えることで気づかれにくくすることが可能です。

また、ご依頼者が戦略を立てて、対象者の行動を探偵事務所に伝えることも大事です。情報提供をして協力することも、調査の成功につながります。

通報や事故などのアクシデントが起きたら

長時間張り込みをしている場合、近隣者から110番通報を受ける場合があります。その場合、探偵業者は、身分を明かし、調査している旨を警察に報告すれば問題にはなりません。

ただし、調査対象者に尾行がバレた場合は、それ以上継続するとストーカー行為とみなされる危険性があるので、いったん中断することもあります。

車両の尾行中に事故が発生することもあり得ます。現場への行き帰りや、尾行中も、絶対に気を抜かないことが鉄則なのです。探偵業務で一番重要なことは、ご依頼者の意向をよく聞き、ご依頼者を満足させることにあります。契約期間内は、ご依頼者に100%満足できる調査を行なわなければいけません。

浮気や不倫における尾行調査

証拠をつかむための尾行

尾行調査とは、主に浮気や不倫調査で調査対象者の行動を監視することで、証拠をつかむための調査です。

  • 浮気をした日時が記載
  • 浮気相手の名前が記載
  • 肉体関係があったかどうかの証拠

自由に動き回る対象者に対して、臨機応変に対応できることが求められます。まずは依頼する場合には探偵事務所と念入りに打ち合わせを行ないましょう。ご依頼者はできるだけターゲットの基本情報や、普段の行動などを伝えましょう。調査員は数名のチームを組み、尾行することが多いです。調査する側はご依頼者からの事前情報をもとにして動きます。

尾行というと、電柱に隠れながらこそこそと追跡するイメージをお持ちの方がいるかもしれませんが、あのように目立つドラマのようなことをする調査員はいません。あくまで一般人と同じように歩きながら尾行し、ときには道路の反対側から追跡する場合もあります。

一定の距離間でさりげなく監視するのがプロの探偵に必要なスキルです。ご依頼者にとっては、尾行するだけでなく、証拠を撮影してほしいと依頼することでしょう。

尾行調査後の流れ

報告書で証拠をまとめる

尾行中に調査対象者が浮気を決定的づける行動をとった場合は、撮影するなどして証拠をおさえるのも探偵の仕事です。具体例として、不倫相手と一緒にラブホテルへ出入りしたり、キスやセックスなどの肉体的接触をとったシーンなどは重要な証拠となります。尾行調査の後は、報告書が作成されます。

最近では写真だけでなく動画でも撮影することも多いので、できる限りの証拠をおさえてもらいましょう。報告書には、以下のような事項を記載します。

  1. 調査期間、調査日時
  2. 調査対象者の氏名
  3. 調査対象者の一日の行動内容
  4. 浮気、不倫相手の住所

調査対象者の行動については、報告書と写真や動画で提出できるので、浮気の証拠としては非常に決定的なものになります。調査報告書は、裁判でも有効な浮気の証拠として認められるので、慰謝料や損害賠償請求に有効です。

探偵事務所は、受注した業務責任を持って完成させなければなりません。探偵事務所と相談した際に、面談の中で信頼できないと判断すれば依頼を見送るのも一つです。探偵事務所は一つだけではないので、比較するのも大事です。妥協する必要はありません。

1社だけでなく複数社の相談や見積もりを取って特徴や比較をするのもよいです。各事務所に得意不得意があるはずなので話を聞いてしっくりいくかどうか判断しましょう。

まとめ

証拠収集は探偵へ

探偵業界の内情は、世間にほとんど知られていませんが、探偵事務所や調査事務所のカラーが大きく分かれるのもこの業界の特長です。探偵業者に依頼する際は、業者から詳しく説明を受け、尾行張り込みの技術的な点を確認したり、口コミ評判を見て置いたりしてあらかじめある程度絞ったところで依頼の比較や無料相談をしておくようにしましょう。

自分が求める情報収集に最適な探偵事務所をピックアップし、比較検討したうえで、最適な探偵事務所に依頼することが重要なのです。

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する