公開日:2021/06/10 / 最終更新日:2021/06/24

探偵の聞き込み方法とは?調べていることが相手にバレないのか

探偵の聞き込みは、多くの場合、聞き込みとわからないようにカモフラージュした方法で行なわれます。調査対象者に、調査されていることを気づかせないように調査をする、というものになりますがどのようにしてばれずに調べられるのでしょうか?

目次|探偵の聞き込み調査を解説

聞きこみはどうやるの?なぜ専門の探偵社はバレないの?

探偵社の聞き込み

「カモフラージュするってことは、誰かに成りすましたりして聞きこむの?」と、気になる方もいるかもしれません。「詐欺になるんじゃないの?」と考えられる方もいますが、刑法上の詐欺罪は「人を騙して財物を交付させる行為」です。騙すだけで金銭をだましとるものではないため、刑法上の詐欺罪にはなりません。

嘘をつくことは、もちろん好ましくないかもしれません。しかし、探偵の聞き込みで、目的や肩書についてのカムフラージュをすることは、クライアントであるご依頼者を守るためひ必要なことです。

聞き込み調査の目的とテクニック

探偵の聞き込みテクニックとは

実は、ドラマにあるように刑事の聞き込みでも、肩書偽装や嘘の目的は普通に使われる聞き込みテクニックなのです。肩書や目的を偽装して情報を取得する方法は、元々、軍事的スパイ活動や、産業スパイ等の諜報活動を起源とする特殊技術とされています。探偵はその技術を応用しているのです。

目的の偽装には、さまざまな切り口で聞き込みを行ないます。ばれることはまずありません。案件毎にシチュエーションをあらかじめ考えて置き、効率的に聞き込み調査を進めるのがプロの探偵です。

  • 音信不通の知人を探す。
  • 親族や相続人を探す。
  • 特異行方不明者を探す。
  • ビジネス関係で人を探す。

「聞き込み」は大きく分けて、「調査対象の相手に聞く」「対象の周辺の人に聞く」という2手段に分かれます。また「直接会って聞く」「電話で聞く」「メールで聞く」という手段があります。探偵社の調査員はこれらの聞き込みの「種類」や「方法」をうまく組み合わせて駆使し、証拠をそろえていきます。

個人情報保護のため措置の特例に関する指針を遵守しつつ、ポイントである調査は手を抜かないのが本来の探偵社の業務です。聞き込みの注意点は最近はプライバシーに対しての意識が非常に高まっていますので、上手に聞き込みをしなければ相手は本当の情報をくれないかもしれません。

  1. 5Wの法則で聞きこむ(When いつ・Where どこで・Who だれが・Whatなにを・Why なぜ)
  2. 聞く相手に対し、敵意を持たれないようにする。
  3. 第一印象に気をつける。
  4. あくまで目的に関することを調査する。

探偵の調査と言っても、これらは一般のビジネスマナーは必要なので、やたらに怪しい聞き込みなどプロはしません。プロだからこそ普通に聞きこみをしてその中からポピントになることを見つけ出すのです。

聞きこみの基本はバリエーション?

探偵社の聞き込みバリエーション

肩書や目的の設定に関しては、どれが正解とは決まっていません。臨機応変に対応することが基本です。ちょっとした聞き込みのコツを列挙しましたので、ご参考ください。

  • 最初から質問を並べすぎない→聞かれた人物は警戒します。
  • 問題がないかどうかだけ回答させるような誘導をする。
  • わざと褒めると、聞かれた人が反動で話しやすくなる。そのまま真相を聞き出す。
  • 直接質問をなるべく避ける。
  • 押したら引いて世間話をする。
  • 世間話のあとは、再び真相を引き出す。

また探偵は聞きこみを行なう際には以下のことに気を配りながら進めます。法律に触れるような動きは一切しないことが前提です。

プライバシーの侵害・誹謗中傷

盗聴や聞き込みなどで得た非公開とされる情報を公開するとプライバシーの侵害に該当することがあります。刑法上の刑事罰は存在しませんが、民事にて損害賠償請求をされることがあります。

また、その情報が事実であってもなくても関係なく「名誉毀損罪」に該当することもあります。誹謗中傷についても同様の罪に該当する可能性があります。

【刑法第230条 名誉毀損罪】
・3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金

聞きこみの内容によってプロは戦略を練る

探偵社の聞き込み調査力

音信不通の相手の消息を聞き込みで探す場合「氏名、前住所、職業、勤務先」といった情報が重要です。その情報の鮮度も成功率に関係します。若い世代の人は、賃貸物件等に居住している可能性が高く、一か所にとどまらないなどの特長もありますので聞き込みの難易度が高くなったりします。その場合は、管理会社をたどっていくとわかることがあります。

中年以上の人物であれば、社会的地位も確率し、特徴がわかりやすいという点も多いので、聞き込みがしやすくなります。ただし、情報が常に更新されることもあるので、最新の情報かどうかを見極めなければいけません。

行方調査の聞き込み

特異行方不明者の場合は、捜索願を出して警察に捜索してもらうことが前提となりますので、関係先の情報をわかりやすく伝えなくてはなりません。所持品や、携帯電話・PC等の履歴、メモやレシート、交友関係など、よく現れる場所の情報をもとに聞き込み調査を行ない、点を線でつないでいきます。

債務者や被告になりえるような人の聞きこみなら、氏名・生年月日・住所・勤務先等の情報、公簿(住民票・戸籍・戸籍附票)の情報を紹介し、必要な部分以外の手がかりを分析し、聞き込みを行なっていきます。

まとめ

情報収集は探偵にお任せ

このように、話の流れの中で押したり、引いたり、誘導質問や、かまかけをしながら、じわじわと情報を引き出し、まとめていくのが聞きこみのテクニックであると考えています。プロの探偵として、日々聞き込み調査を行なうなかで、技術を高めるべく研究しています。専門家はさまざまな手段や機械を使って、解決への道筋を作っていきます。一人で悩まないようにしてください。メールや電話の無料相談、いつでもお待ちしています。

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する

ファミリー調査事務所へ よくある質問