公開日:2021/03/18 / 最終更新日:2021/03/19

帰宅恐怖症かもしれない!実態調査をおこなった結果

「帰宅恐怖症」とは、妻の態度や暴言に恐怖を感じ、自宅へ帰ることを苦痛に感じたり、帰ることができなくなってしまったりする症状のことです。1990年に、ある医師が「ストレス漬けで疲れ切っているお父さんが、奥さんの何気ない一言をきっかけに陥る心の病理現象」を帰宅恐怖症候群と名付けたといいます。決して特殊な症状ではなく実際に3人に1人は帰宅恐怖症とその予備軍と言われています。

目次|帰宅恐怖症の実態

帰宅恐怖症相談事例

妻が怖い…!

帰宅恐怖症とはどのように感じてしまうのでしょうか? 妻に対する恐怖に襲われるようになった男性をご紹介します。

男性
ご相談者様: 30代/男性 会社員
ご相談内容: 結婚する前からやや神経質だったり、説教ぽいところがありましたが、彼女に惚れていましたし整理整頓がしっかりできて結婚するにはちょうどいいと思ってしまいました。結婚後、妻は自分ルールを私に押し付けてくるようになりました。コップの向き、スリッパを揃える、歯磨きや入浴時間に至るまで管理し、うっかり忘れると激怒しました。結婚後1年も経つと「何回同じこと言わせるの?!」という妻の不機嫌な顔と声を思い出すだけで気分が悪くなりました。妻が起きている時間帯に帰りたくないため、進んで残業をするようになったり、居酒屋で飲んでから帰宅したりします。なるべく離婚は避けたかったのですが、精神科に通うまでに病んでしまったためやむを得ず相談しました。

ご相談内容について

自分の非に自覚のない妻

この場合男性の妻は「夫を苦しめている」という意識は全くないため、「自分に非がある」と理解し、歩み寄るのは難しいと思われます。

最近の女性に多い傾向ですが、両親に大事に育てられ、成人してからも両親との距離の近いため、結婚相手と一緒に“新しい家庭を築く”という意識の希薄な人が少なくありません。そういう女性たちは生活習慣も価値観も結婚相手に合わせるという柔軟性がないに等しいのです。

一緒にいることでお互いに不幸を招く

自分の育った家庭をモデルケースとして捉え、「幸せになるためには、自分の両親のような家庭を築かなければならない」と思い込んでいる節があります。この妻も例外ではなく「正しいことをできない夫が悪いから、教え込まないといけない」という考えが行動に出てしまっているのでしょう。

「細かいルールを押し付ける妻が異常だから逃げたい」と感じる夫と一緒に暮らし続けるのは、お互いにとって大きな負担となります。

真実を知らなければ何も変わらない

帰宅恐怖症になった原因

あなたのご主人は大丈夫!?

帰宅恐怖症になる原因として欠かせないのは妻であるといわれています。帰宅後の妻からの小言や嫌味がストレスで、仕事後も会社でぐずぐずしたり寄り道したりしてなかなか帰宅しない夫が増えているというのです。

夫からすれば暴言であったり、それにに加えて、夫の前で笑顔を見せず冷たい態度、その反対で行動を管理し、自分の思うようにできないと怒る、いちいち指示する、指摘するような行動も当てはまります。症状が日増しに悪化していく最大の原因は、「夫から怖がられている」ことに、妻がまったく気づいていない、という点にあります。

夫が帰宅恐怖症になるメカニズム

喧嘩を繰り返すうちに夫婦関係の悪化し、帰宅恐怖症になってしまったというケースが多いのは実情です。夫が帰宅恐怖症になるメカニズムとしては、夫婦喧嘩が絶えず、妻が不満に思っていることを夫が自覚がないことで、妻は何でわかってくれないの!?と不満をため込み夫に責め口調になることから始まります。

夫は責められることが苦痛で妻を避けるようになります。妻は逃げている夫をますます追い込み、夫は妻と顔を合わせたくなくて寝静まったころに帰宅するようになるというわけです。

帰宅恐怖症になりやすい夫婦

「帰宅恐怖症」は、特別なことではなく、実はごく普通の生活の中でのほんの些細なことから始まります。どんな夫も「帰宅恐怖症」になってしまう可能性があるとはいえ、帰宅恐怖症になりやすい傾向があります。以下の10項目は、「帰宅恐怖症チェックポイント」をご参考にチェックしてみてください。

「帰宅恐怖症」7つのチェックポイント

  • 妻はコントロールしたがる傾向がある。
  • 妻は常に自分を正当化しようとする。
  • 妻から指摘されたり、否定されていると感じることが多い。
  • 自分が正しくても妻の考えに合わせてしまう。
  • いつも妻の顔色をうかがったり、気を遣っている。
  • 妻とはできるだけ会話をしないようにしている。
  • 家のドアを開けるのが、憂鬱、または怖く感じる。

帰宅恐怖症を治す方法

夫婦の協力次第

夫が帰宅恐怖症になった場合は、ストレスやプレッシャーを取り除くことが帰宅恐怖症を改善する有効な方法です。そのためには原因を作った妻の協力が欠かせません。そのためには妻自身の言動を見直してみましょう。

夫の症状次第では改善することは容易ではないかもしれませんし、妻だけが悪いわけではないかもしれません。もちろんお互いが歩み寄り支え合うことが重要ですが、それでも家庭での居場所を失い、心を傷めている夫の心を癒してあげることが、夫に帰宅恐怖症から脱してもらえる最善の方法です

帰宅恐怖症を治す3つのポイント
  • 妻が改心して夫を支える。
  • お互いに感謝の言葉を言うようにする。
  • 夫は妻の話にちゃんと耳を傾ける。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

まとめ

夫婦の問題は二人なら解決できる

家庭生活は夫婦ともに心身が健康でなければ健全に営むことはできません。夫の帰宅恐怖症は、夫だけの問題でも妻だけの問題でもありません。ただ、共働き夫婦が増加し、家事や育児を行う夫も増えてきたとはいえ、やはり「家庭の色」 は妻によるところが大きいのもまた事実です。

家に帰って家族と過ごすことで、心癒される家庭が増えることを切に願っています。帰宅恐怖症は、一種の病気であることを理解し、その改善に向けて夫婦がしっかりと話し合いをすることが大切です。解決まで時間もかかることもあるでしょうし、ぶつかることも、虚しくなることもあるかもしれません。

それでも一度は愛し合って夫婦となったのですから、それもまた人生と考え、居心地の良い家庭を夫婦で協力して作っていくことも価値があるのではないでしょうか。

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ファミリー調査事務所では、24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらからお電話致しますのでお名前・電話番号記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する