公開日:2018/06/21 / 最終更新日:2021/06/21

子どもの犯罪を未然に防ぐ素行調査

子供が犯罪に手を染めないために、自分で何とかしなければいけないと感じていても、普段の生活では子供の素行をすべて知ることは出来ません。では、一体どうすることが最適なのか、専門家がアドバイスします。

子供の素行調査

ご相談・ご依頼を検討中の方は
是非このページをお読みください!

相談だけでもお金がかかるのかな…依頼方法は?素行調査ってどんなこと?

少年犯罪は未然に防げます!!

少年犯罪が増加する要因とは

少年犯罪とは未成年による犯罪全般のことを指し、殺人、強盗、窃盗、器物損壊など刑法に反した行為は全てといっていいでしょう。相手の尊重無視の危険行為、差別的な思考による強行など、戦前から少年犯罪は存在していましたし、60年代、70年代の日本では過激な犯罪を犯したグループが多かったと言われています。

1997年に起きた酒鬼薔薇聖斗事件以来、少年犯罪は凶悪化の意図を辿り、「キレる10代」とマスコミが騒ぐほどに社会問題になりました。最近では無料通話アプリのグループトークでの口論から殺人事件に発展した忌々しい事件など、一般的な考えでは理解できない世界で少年犯罪が起こっているのです。

なぜ、そんな陰湿な犯罪に発展するのか?それは、自分に自信が無い人達が増えているのも一因かもしれませんが、「1人で何かをする」ファッションでも何でも、グループのリーダーの意見で何もかも決まってしまう、グループに入っている環境がその火種を作ってると考えられています。

だから、誰かの指示に従って、犯行におよぶ。そして、口裏合わせをして「墓場まで持っていく」環境へ追い込まれていつのまにか、リーダーの支配下に置かれた生活を強いられ、いつのまにかリーダーの意見が正しいと洗脳されてしまい、犯罪集団へと発展していく構造が水面下で作られていると言われています。

相談の多い少年犯罪

  • 学校でいじめられていないか?
  • 学校に行かないでなにをしているのか?
  • 急にお金が必要だと言い出した
  • 詐欺に加担しているか?
  • 風俗に勤めていないか?
  • 自殺をほのめかす

少年犯罪を未然に防ぐために必要な調査

警察は事件が起きてからでないと動いてくれません。事件になるまでの経緯を記録を残して、被害が大きくなる前に対処する必要があります。犯罪行為にしても、警察は十分な証拠がないと動いてくれないと1人で抱えている人を私たちは手を差し伸べる立場であり続けたいと考えています。

ある事例で、家に不信感を感じると依頼され、家に監視カメラを設置して調査した結果、依頼者の息子さんの中学の同級生グループの仕業と判明。待機してた調査員の話だと「ネットワークビジネスの勧誘を断ったから」と供述しましたが、住居侵入したということで、警察に連絡してあとは警察の捜査に託しました。

調査依頼で出会った非行を繰り返してしまう少年たちに共通する問題点は、「楽しい」「気持ちがいい」「むかつく」「お金が欲しい」などといった直情的・衝動的な感情を抑えられず、人の迷惑や悲しみを考えられないところにありました。彼らは、自分の行動によって傷つくことになる人の気持ちを思いやることができず、感情の赴くままに見境なく突っ走ってしまうです。

少年犯罪を未然に防ぐ

  • 素行調査(どこで、なにをしているか)
  • 監視調査(人・機械で監視する調査)
  • 犯罪調査(犯罪に加担していないか)
  • 行方調査(家出した子供の所在)
  • 聞込調査(素行調査では見えない部分を聞き出す)

失敗しやすい5つのポイント

探偵選びの判断基準について

調査を依頼する場合、どんな探偵事務所を選んでも良いわけではありません!必ず「素行調査に強い探偵事務所」を探して、依頼する必要があります。ほとんどの人は、知り合いに探偵はいないと思われますので、まず初めにインターネットで検索してみましょう。インターネットなどで検索した際や、電話で問い合わせる時に「これをクリアしておけばOK」と判断できるポイントを5つご紹介します。

早めに相談しよう

探偵事務所に相談したとき、調査の進め方の説明が曖昧だったり、歯切れが悪く自信がなさそうな感じがしたら、その事務所の経験は少ないと判断していいかもしれません。経験の浅い探偵事務所だと、証拠を入手できても、その証拠をうまく活用できないようなことがありがちです。それどころか、ご依頼者へのアドバイスが不適切で、かえって問題をこじらせてしまうようなことすら起こりかねません。「ここに頼んでも大丈夫だろうか」と不安に感じたら、他の探偵事務所にも相談してみてください。両者の対応を見比べて、問題が解決するまで、適格なサポートをしてくれる探偵事務所に調査を依頼しましょう。

過去の解決実績を確認する

褒められた話ではありませんが、探偵は万能ではありません。探偵事務所にも得意な分野と不得意な分野があり、得意な調査以外では、芳しい解決事例がない探偵事務所が多いのが実際です。例えば、浮気調査をメインに扱っている探偵事務所に、嫌がらせ調査の相談をしても、有益な回答は得られないことが多々あります。相談時には、調査を依頼しようと思っている分野で、その探偵事務所がどのくらいの実績を積んでいるのかを確かめてください。

調査費用がどれくらいかかるのか、事前に答えることができる

調査にかかる費用がどのくらいになるのかは、最初に相談するときに聞いてください。「費用は実際に調査してみないとわからない」と答える探偵事務所があったら、他の探偵事務所に依頼したほうがいいでしょう。最初に明確な料金プランを説明しない探偵事務所は、調査にかかる経費だけで本来の料金を上回るようなことがよくあるので気を付けてください。安心できるのは、最初から「経費込み」の料金体系を掲示している探偵事務所です。

「大手の事務所だから安心」は間違い!

インターネットでは「相談実績〇〇件以上」という探偵事務所の広告をよく見かけると思います。探偵業界の実態をご存じない方なら、「豊富な相談実績があるのだから安心して相談できる」と思われるかもしれません。人は情報に乏しい時は、それが人気があるかどうかで相談先を選択する、という心理を利用したものです。また、ネット広告は広告宣伝費がかかり、そのぶんが調査費用に反映されて高額になることを知っておいてください。

デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か

良い探偵事務所は、ご依頼者に隠し事をせず、必ずデメリットやリスクの説明をします。ご依頼者が「こうしてほしい」というご要望を出されても、「それにはこういうリスクを伴うのでおすすめできない」と返すようであれば、そこは良い調査事務所と言ってもさしつかえないでしょう。むしろ、二言目には「できます!大丈夫です!お任せください!」と言う探偵事務所のほうが注意をする必要があるかもしれません。

調査相談の流れ

探偵無料相談では、問題への対処方法や調査手続きなど、調査の専門家によるアドバイスが受けられます。1回で解決しない場合は、複数回相談することも可能です。調査が必要かどうかわからない問題も、まずは相談してみることが、大きなトラブルになることを防ぐ第一歩なのです。

調査の流れ

1 お問合せ〜ご相談

ファミリー調査事務所にお電話をいただき、面談のご予約をお取りください。年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

お問合せ〜ご相談

2 ご面談〜ご検討

お電話にてご予約いただいた日時に、事務所にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

ご面談〜ご検討

3 ご依頼〜調査開始

面談によるご相談の結果、調査相談による助言等のみではなく、調査のご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

ご依頼〜調査開始

4 ご報告〜アフターケア

証拠に自信!裁判にも有効な報告書で調査結果を報告。調査結果は報告書で報告します。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。専門家を紹介することも可能です。

ご報告〜アフターケア

少年犯罪お役立ち情報

未成年の子どもが犯罪をおかしてしまったら

14歳未満の子どもが刑法犯にあたる罪を犯したときは、刑事責任能力がないとみなされるため、罪に問われたりすることはありません。また、逮捕もできないため、代わりに保護を行うことになります。14歳以上の子どもが罪を犯したときは、逮捕・勾留などの捜査段階については成人とほぼ同様の手続きを取られます。親として子どもにプラスになる行動としては、弁護士を雇ったり、示談の準備をすることになります。

少年犯罪警察相談

各都道府県警察では、お子さんのことで悩みを抱えているご家族やいじめ、犯罪等の被害に遭い、悩んでいる子ども自身のために、少年相談窓口を開設しています。

警察相談窓口
相談ホットライン 警視庁総合相談センター 電話番号:#9110

法テラスの犯罪被害者支援の流れ

「どういった支援が受けられるのか知りたい」
被害者の置かれた状況はさまざまであり、時間の経過によっても変わっていきます。その時どきに必要とする支援を適切に受けられることが、被害からの回復にとって非常に重要です。

法律相談窓口
法テラス 法テラスは全国各地に事務所を設けおりますのでお問合せください。 電話番号:0570-078374

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する