公開日:2023/09/27 / 最終更新日:2023/09/28

スマホの個人情報漏えい│最新セキュリティ対策と専門調査の重要性

嫌がらせ専門対策室#嫌がらせ#セキュリティ

最新セキュリティ対策

スマホは今や私たちの生活に欠かせないツールですが、その一方で個人情報の漏えいやプライバシー侵害のリスクも高まっています。

セキュリティに油断することで、何らかの形で被害に遭う可能性があります。

この記事では、スマホの基本的なセキュリティ対策から高度な手法までを解説し、万が一の被害に遭った場合にどのように専門家が対応するかについても触れます。

安全なスマホ利用のための最新情報を得て、日々のリスクを最小限に抑えましょう。

執筆者兼監修者

執筆/監修者:山内 和也2023年9月27日 更新

探偵調査歴20年。日本・海外の潜入調査、信用問題、迷惑行為、企業・生活・個人間の男女トラブルの問題を多数解決。経験・実績を元にサイトの監修/執筆を手がける。

> 監修者ページ

1- 個人情報が求められる理由

個人情報保護法によって、個人データは厳格に管理されるようになりました。

その結果、企業が個人情報をしっかりと管理しているかどうかが、その信用度のバロメーターになっています。

厳しい制限のおかげで、以前よりも容易に個人情報を手に入れることは難しくなりました。

そのため、特定の誰かについての情報が必要な際には、その人のSNSや友達の関係、活動履歴などを綿密に調査するケースが増えています。

多くの人が個人情報を「趣味」として収集していますが、一部の人々は承認欲求を満たすために、オンラインで得た情報を公開し、自らの「リサーチ能力」を披露しています。

さらに、個人情報を商売として収集する「データ屋」と呼ばれる業者も存在し、個人情報の価値は日々高まっています。

情報漏れはありませんか?

日常生活の多忙さから、個人情報のセキュリティがおろそかになっていませんか?

もし個人情報が漏れてしまうと、それが犯罪に悪用される可能性もあります。

まずは、情報漏れが発生しているか、その内容や被害状況をしっかりと把握することが重要です。

そうした上で、効果的な予防策や対応を考えましょう。

2- 個人情報の漏えいがもたらす危険性を簡潔に解説

個人情報の漏えいは多くの危険性を持っています。

以下に主なものを簡潔に解説します。

詐欺のリスク

漏えいした情報が詐欺師に使われる可能性があります。たとえば、銀行口座情報が漏れると、不正にアクセスされて資金を盗まれる可能性があります。

プライバシー侵害

個人情報が公にされることで、プライバシーが侵害されます。住所や電話番号が漏れた場合、ストーキングやハラスメントの対象になる可能性があります。

なりすまし

漏れた個人情報を使って、他人があなたの名前で行動するケースもあります。これにより、不正な契約や購入が行われる可能性があります。

企業への影響

企業内で個人情報が漏れた場合、その企業の信用やブランドイメージが大きく損なわれることがあります。

心理的ストレス

情報が漏れたこと自体がストレスとなり、日常生活に影響を与える可能性があります。

法的リスク

個人情報の管理が不適切であれば、関連する法律に違反し、罰金や刑事責任を問われる可能性もあります。

以上のように、個人情報の漏えいは一個人だけでなく、その周囲、さらには関わる企業や組織にも広がる多くの危険性をはらんでいます。

最善のセキュリティ対策を施すことが重要です。

3- どんな情報が個人情報の漏えいに当たる?

個人情報の漏えいとは、特定の個人を識別または識別できる情報が不正アクセス、窃盗、紛失、不注意などによって第三者に公開されたり、不正に取得されたりすることを指します。

以下は、一般的に個人情報とみなされる情報の例です。

  • 氏名:姓名、ミドルネーム、ニックネームなど、個人を識別できる名前。
  • 住所:現住所、前住所、メールアドレス。
  • 電話番号:固定電話、携帯電話、仕事の電話番号。
  • 日付:生年月日、記念日、重要な日付など。
  • 身体的特徴:身長、体重、血液型、障害情報など。
  • 社会保障番号/個人番号:各国で使用される個人識別番号。
  • 銀行情報:銀行口座番号、信用カード情報。
  • 電子情報:メールアドレス、パスワード、ユーザーID。
  • 写真と映像:顔写真、個人が映っている動画。
  • 職業と職場情報:職業、勤務先、所属部署。
  • 学歴:卒業した学校、専攻、学位。
  • 医療情報:医療履歴、保険情報。
  • その他:趣味、信仰、家族構成など、個人を特定するために使えるその他の情報。

これらの情報が不正に外部に漏れると、個人情報の漏えいとみなされます。

そのため、これらの情報は 厳重に管理し、適切なセキュリティ対策を施す必要があります。

4- 個人情報流出の原因│紙媒体とIT媒体

個人情報の流出は、紙媒体とIT媒体の両方で発生する可能性があります。

それぞれの媒体で一般的な流出の原因を以下に述べます。

紙媒体

  • 不適切な廃棄:シュレッダー未使用や焼却せずに捨てられた文書が不正に回収される。
  • 紛失・盗難:持ち歩いているファイルや書類が紛失したり盗まれたりする。
  • 内部関係者による漏洩:社内の従業員や関係者が文書を持ち出して流出させる。
  • 無関係な第三者への送付:間違った住所や名前で送付され、受け取った第三者がそれを悪用する。
  • オフィス内の不適切な保管:セキュリティの甘い場所に大切な文書を保管してしまう。
  • 卒業アルバム:本人の実家割出や交友関係、過去を割り出すことが可能。
  • 郵便物・ポスト:鍵がかかっていないポストは狙われやすい。

IT媒体

  • パスワードの弱さ:簡単に推測できるパスワードを使用していると、攻撃者に容易に侵入される。
  • フィッシング攻撃:偽のウェブサイトやメールによって、個人情報を抜き取られる。
  • マルウェア感染:悪意のあるソフトウェアがコンピュータやスマホに感染し、個人情報が外部に送信される。
  • データベースの脆弱性:セキュリティ対策が不十分なデータベースから、情報が不正に取得される。
  • 内部関係者による漏洩:社内の従業員や関係者がデータを持ち出して流出させる。

それぞれの媒体には独自のリスクが存在するため、両方に対する適切な対策と管理が必要です。

5- 基本的なスマホセキュリティ対策

自分でもデイルセキュリティ対策

スマートフォンは私たちの日常生活に欠かせないツールですが、個人情報が詰まっているため、セキュリティ対策も非常に重要です。

以下は、基本的なスマホセキュリティ対策です。

1. パスワードやPINの設定

スマホのロック画面には強力なパスワードやPINを設定しましょう。

2. バイオメトリクス認証

指紋認証や顔認証などのバイオメトリクス認証を活用することで、セキュリティレベルを高めます。

3. ソフトウェアの更新

OSやアプリのセキュリティアップデートは、常に最新の状態に保ちましょう。

4. 公式ストアからのアプリダウンロード

アプリは信頼性のある公式ストアからダウンロードするようにしてください。

5. 不要なアプリの削除

使用していないアプリは削除し、それによって不必要なリスクを排除します。

6. ネットワーク接続に注意

公共のWi-Fiなど、安全でない可能性のあるネットワークには注意が必要です。

7. VPNの利用

公共のWi-Fiなどを使用する際には、VPNを活用して通信を暗号化しましょう。

8. 二段階認証の設定

重要なアカウント(メール、SNS、オンラインバンキングなど)には、二段階認証を設定することが推奨されます。

9. アプリの権限管理

アプリに与える権限を最小限にし、不必要なアクセスを許可しないようにしましょう。

10. 定期的なバックアップ

個人データは定期的にバックアップを取ることで、万が一のデータ喪失や情報漏えい時に備えます。

これらの基本的な対策をしっかりと行うことで、スマートフォンのセキュリティを強化できます。

6- もし被害に遭ってしまった場合

被害に遭った場合、専門家(セキュリティコンサルタント、ITフォレンジック専門家など)が以下のような手順で調査を行い、解決に導きます。

データ収集

被害に遭ったデバイス、アカウント、ネットワークなどから証拠となるデータを収集します。

この段階で、侵入経路や攻撃者が何を目的としているのか手がかりを得ることが多いです。

フォレンジック分析

収集したデータを基に、詳細な分析を行います。

これにより、どのように攻撃が行われたのか、どのようなデータが漏れたのかを特定します。

脆弱性の特定と修復

攻撃がどのように行われたかがわかれば、その脆弱性を修復するための手段を提案します。

修復作業を自分で行う場合もありますし、専門のサービスを紹介する場合もあります。

法的手段の検討

攻撃者が特定できた場合、法的手段を取ることも考慮に入れます。

これには専門の法律家とも連携することが一般的です。

フォローアップ

被害が解決した後も、再発防止のための対策を提案します。

一定期間後に、実施した対策が効果を発揮しているかどうかを評価し、必要であれば、追加の対策を行います。

以上のようなプロセスで専門家は被害の解決を図ります。

専門家のスキルと経験によっては、非常に高度な調査と対策が可能です。

真実を知らなければ何も変わらない

7- 専門家による情報セキュリティ対策

デジタル被害に対する完全対策サービス

当事務所では、PCやスマートフォンのセキュリティ対策から不正アクセスの追跡、個人情報流出の防止まで手がけます。

特にリベンジポルノやオンライン誹謗中傷に関する調査も得意としており、9割以上のケースで問題の画像や動画の削除に成功しています。

豊富な実績と独自メソッドで情報流出をゼロに

私たちの「情報セキュリティアドバイザー」チームは、長い経験と独自の方法論を活かし、情報漏えい問題に対する高度な解決策を提供します。

一般的な対応策にとどまらず、 ご依頼者一人一人の状況に合わせたカスタマイズされた解決策をご提供します。

ファミリー調査事務所 お問い合わせフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する 安心無料で相談する

TV・マスコミ掲載情報

1.令和2年8月28日
THE フライデー
情報提供:「室間添随症」の実態
2.令和5年3月9日
THE 突破ファイル
情報提供:「新企画!盗聴発見Gメン」

Worldwide THE FAMILY Investigation Agency

世界探偵協会加盟

警察庁

東京弁護士会

共感と寄り添いの会「ふぁみりー」

ファミリー調査事務所の探偵塾

クレームに悩まない新しい不動産管理サービス。クレームやトラブル対応はプロにお任せ。不動産の安心管理を徹底サポート。

婚活のプロフェッショナル「探偵の縁むすび」

ファミリー調査事務所へ よくある質問