公開日:2023/09/29

バイアウトの成功に向けた企業調査|リスクを最小限に抑える方法

法人向け不正調査#海外調査#個人信用調査#法人向け

バイアウト企業調査

新たなビジネスの展開や成長を目指す際、正しい情報と戦略は成功に不可欠です。

バイアウトにおいては、買収企業と被買収企業の両者が確実なステップを踏むことが、安定した未来を築く第一歩です。

当事務所は、バイアウトプロセスを円滑に進め、リスクを最小限に抑えるための信頼性の高い企業調査サービスを提供しております。

デューディリジェンスから文化の評価まで、詳細な情報をもとに貴社のビジネス戦略をサポートいたします。

成功を共に築くため、ぜひお気軽にお問い合わせください。

調査員波多野

執筆者:波多野
2023年9月29日

素行調査&男女トラブル解決歴10年以上。教育学をはじめ臨床心理学、行動心理学を学び、人が抱える悩みや問題に寄り添いサポートすることを得意とする。結婚や離婚に関する問題、素行調査に関する相談解決実績多数。英語でのやりとり可能。

> 監修者ページ

バイアウトする際のリスク管理

企業調査2

バイアウトを検討する際のリスク管理は極めて重要です。

バイアウトには多くのリスクが伴いますが、それらを事前に評価し、最小限に抑えることが成功の鍵です。

確認しておきたい取引先の企業情報

バイアウトに伴うリスクは多岐にわたります。さまざまなリスクを正確に特定し、対策を講じることが必要です。

財務デューディリジェンス
  • 負債
  • 資産
  • 収益
  • コスト
  • 税務情報

法的デューディリジェンス
  • 法的な契約
  • 規制遵守
  • 訴訟関係

事業戦略の評価
  • 市場のポジショニング
  • 競合分析
  • 成長の機会

日本国内の企業間におけるバイアウト

日本国内の企業間のバイアウトもリスクを伴います。

独占禁止法や株主の反対、経営戦略の不適合が問題となることがあります。

バイアウトを成功させるためには、緻密な計画と適切な戦略が必要です。

日本企業と海外企業間のバイアウト

日本企業と海外企業間のバイアウトには、為替リスク、法的規制の違い、文化の不一致などが影響します。

地域間の違いを理解し、対処策を講じることが不可欠です。

【買収企業向け】企業調査|この企業を買って大丈夫か?

企業調査3

成功にはリスクの最小限化と戦略的な評価が不可欠です。

買収企業として、バイアウト対象企業を評価するための企業調査は欠かせません。

企業調査で確認すべきこと

バイアウト対象企業を評価するために、財務状況、契約関係、法的問題、文化の適合性など、重要なポイントを詳細に調査する必要があります。

ニュースで見るバイアウトの失敗事例

バイアウトの失敗事例を通じて、リスクの特定の重要性について明らかにします。デューディリジェンスと適切な戦略の重要性が浮き彫りになります。

買収企業側に起きるリスク

会社売却失敗事例

インドの後発医薬品メーカー、ランバクシー(Ranbaxy)は、2008年11月に、TOB(株式公開買付け)などによって議決権の過半数を獲得した日本の製薬会社、第一三共(Daiichi Sankyo)への企業売却を完了しました。

しかし、ランバクシーは2008年9月時点で、医薬品の品質管理に関する問題から、アメリカ食品医薬品局(FDA)によってアメリカへの医薬品輸出が一時的に禁止されていました。

この買収に関して、第一三共は株式譲渡の際に重要な情報が隠されていたと主張し、国際商業会議所国際仲裁裁判所に対してランバクシーの前株主との仲裁手続きを申し立てました。その結果、仲裁が受け入れられ、ランバクシーの前株主に対して約562億円の支払い命令が下されました。

画像引用元:東洋経済オンライン2014/04/09

この事例のように、被買収企業が負債や悪い状況を意図的に隠している可能性はゼロではありません。

このように、買収企業側の戦略が大きく崩れ事業存続に関わる重大なトラブルに発展するリスクをはらんでいます。

事前に、財務デューデリジェンスや法的デューデリジェンスの調査・分析、事業戦略の評価を行なうことでこういったリスクを最小限に抑えることができます。

◆当事務所が行なう探偵調査のご案内

当事務所は、買収企業向けの探偵調査を提供しており、バイアウトにおけるリスクを特定し、成功への道をサポートします。

買収対象企業のデューディリジェンスから文化の適合性の評価まで、全ての側面をカバーし、信頼性と確実性をもって貴社のビジネスに貢献いたします。

詳細についてお知りになりたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

選べる料金プラン

【被買収(売却)企業向け】企業調査|この企業に売って大丈夫か?

企業調査4

企業調査で確認すべきこと

企業を売却する際、安心感と信頼性は不可欠です。

買収候補企業との取引に際して、契約内容や財務状況、文化の適合性など、重要な要素を確認するための企業調査が不可欠です。

ニュースで見るバイアウトの失敗事例

被買収(売却)企業側に起きるリスク

国内バイアウト失敗

スシローホールディングスと元気寿司の合併失敗(2017年)

この事例では、日本の外食業界で活動するスシローホールディングスが、元気寿司を買収する合併計画を立てました。

スシローホールディングスは、買収資金の調達に苦労し、計画は遅延しました。

結局、買収に必要な資金を調達できなかったため、合併は失敗しました。

引用元:日経ビジネス2019.6.26

この事例は、買収企業が資金調達に失敗し、計画が頓挫するリスクを示すものでした。

事前に、財務デューデリジェンスや法的デューデリジェンスの調査・分析、事業戦略の評価を行なうことでこういったリスクを最小限に抑えることができます。

◆当事務所が行なう探偵調査のご案内

当事務所は、被買収企業向けの探偵調査を提供し、売却プロセスを成功に導くサポートを行います。

買収企業の評価から契約の透明性、文化の適合性まで、すべての段階で貴社をサポートし、最適な条件での売却を実現いたします。

ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

選べる料金プラン

企業調査の相談窓口

企業調査相談窓口

バイアウトに関する企業調査についてのご質問や相談は、当事務所の専門家にお気軽にご相談ください。

リスクを最小限に抑え、成功を実現するお手伝いをいたします。

お問い合わせはいつでも歓迎です。お気軽にご連絡ください。

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。







安心無料で相談する 安心無料で相談する

TV・マスコミ掲載情報

1.令和2年8月28日
THE フライデー
情報提供:「室間添随症」の実態
2.令和5年3月9日
THE 突破ファイル
情報提供:「新企画!盗聴発見Gメン」

Worldwide THE FAMILY Investigation Agency

世界探偵協会加盟

警察庁

共感と寄り添いの会「ふぁみりー」

ファミリー調査事務所の探偵塾

クレームに悩まない新しい不動産管理サービス。クレームやトラブル対応はプロにお任せ。不動産の安心管理を徹底サポート。

婚活のプロフェッショナル「探偵の縁むすび」

ファミリー調査事務所へ よくある質問