公開日:2021/12/02 / 最終更新日:2021/11/30

ストーカー被害でお悩みの方はお任せください|女性調査員在籍

女探偵03

こちらの記事を見てくれた皆様、ありがとうございます。
はじめまして、筆者の女性調査員です。😊
この記事を見ているということは…あなたはストーカーでお悩みかと思います。

筆者も10年前にストーカー被害に遭い、そのことがきっかけで探偵になりました。
ひとりでも多くのストーカー被害がなくなればいいなと思っていますので、是非ご相談ください。

※ご相談及び調査で女性希望の場合は、事前にお申し付けください。

ストーカー被害にあったら必ず読んでください

記事作成者
ストーカー対策調査
2021年12月02日
調査10年以上の経験者の指導のもと、ストーカー対策調査担当者が書きました。調査について徹底的にわかりやすく書いているので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

どこからがストーカー?

つきまとい行為は確実犯

【ストーカー規制法】では【つきまとい等およびストーカー行為】が対象となります。
筆者も一応被害届は出しました。が、警察に相談しても殺人事件のような大ごとでない限り動いてくれず、正直あまり役に立ちませんでした。

どれだけ華奢な男性でも女性の腕力では絶対勝てません!!
大ごとになってからでは遅いので無理に自力で解決しようとして抱え込まず、調査で証拠を掴みましょう。

~当てはまれば危険5項目~

  1. 恐怖を抱かせた時点でストーカーになりえる
  2. ストーカと断言するのに明確な回数はないが、2~3回くりかえし行なわれている
  3. はっきり嫌だと拒否しているのに行なわれている
  4. 電話・メールの嵐やSNSで監視している等告げられた
  5. 心当たりのない誹謗中傷をあちこちで受けるようになった

男性にも起こりえる【逆ストーカー被害】

仕事後、女性につけられていませんか?

ある日、とある1人の男性が私のもとを訪ねてきました。
年齢は20代前半で金髪、いかにもナイトワーク風なその男性はホストをしており「女性客にストーカーされていて、自分でも手に負えないくらいエスカレートしているので何とかしたい」との悩みを打ち明けてくれました。

調査することになり調査内容は依頼者尾行兼付き添い・彼の店の潜入調査・相手の身元特定を実行、調査結果は成功。女性は引っ越すことになり、ストーカー行為はピタッと止んだそうです。
男性から「正直ダメ元で探偵に相談したから、あなどっていた。こんなに解決後が清々しいなんて…本当良かった!」との嬉しいお言葉をいただきました。

~何があったかというと~

彼の女性客のAさんが、彼と付き合っていると勘違いして仕事おわりに店の前で待っていたり、連絡返さないと頻繁にラインがきたりして、業務に支障がでて丁重に断っていたのです。
しかし彼が仕事終わって帰宅したある雨の日のこと、傘をさしたAさんが家の前で待っていて笑みを浮かべたそうな。
そのことをキッカケに、さすがに男性の彼もゾッとし怖くなってきたのでご相談にきたそうです。
仕事柄と男性が被害者ということで周りはあまり親身になってくれなかったので精神的にも辛かったそう…仕事や性別関係なく被害にあったら迷わず専門家に相談しましょう。

ストーカーになりやすい人・されやすい人の特徴

上記の例は女性の加害者でしたが、男女どちらにも共通して言える特徴をご紹介します。

ストーカーになりやすい人

  • 頭の回転が速くて賢い→ストーカーは自分の思い通りにしたいので、あたかも正論のように話し相手を丸め込む。
  • 恋愛経験がない・少ない→恋愛経験がないので『笑顔=脈あり(相手に気がある)』と思い込みが激しくなりがちです。
  • プライドが高い→「やめて!」と訴えてもプライドが高く拒絶されたことを認めず逆上する。
  • 自己愛が強すぎる→自分の感情を優先するため、相手を思いやる気持ちはなく、平気で相手の嫌がることをする。

ストーカーされやすい人

  • 笑顔が多い
  • 同情心がある
  • 危機意識が低い
  • 押しに弱い

昨年2020年に警察にストーカー相談があった件数は約20,189件。その内女性の相談数が9割・男性の相談数が1割で、女性からの被害を訴える男性も少なくないですね。

経験者だけが知るストーカーの恐怖

ストーカー被害

眠れなくなるほど怖いストーカーの話 筆者体験談

私がストーカー被害に遭ったのは、一人暮らしをはじめた18歳の時でした。
彼の束縛が激しく私生活にも影響がでてしまい別れましたが、彼はあまり別れ話に納得していなかったようです。

家も大学も知られており「今家の前通ったよ。」と家の画像と一緒に送られてきたり、大学に乗り込む等の脅しの連絡が1日で電話100件・メール300件程送られてくるなど…。

それに恐怖を感じたので家族や友だちに相談しながら外出も控えてなんとか生活していました。ある日の夜、大学の授業で遅くなった私が急いで帰っていると…なんと家の前に彼がいたのです。恐怖のあまり声も上げることができず必死に走って逃げました。

ですが、足の速い彼から逃げ切れるはずもなく、後ろから髪を掴まれて、蹴られて、倒れている不可抗力な私のうえに乗り刃物を近づけてきたのです。

私の脚のうえに乗っかり刃物を突きつける彼は、不気味な笑みでこっちを見ている…。私は泣きながら自分の手で彼の腕を掴んで必死に抵抗してなんとか無事に家の中までたどり着きましたが、マンションの部屋は2階だったため「外に出てこい、さもないとガラス割って部屋に入ってやる。」とメールが送られてきたのを見たとき、恐怖のあまり閉めたカーテンをギュッと掴みながら寄りかかり、呼吸するのが精一杯でした。

~放っておくと大変危険です!!~

後に警察の方と母が来てくれて、被害届を出して引っ越しをしてからはストーカーはなくなりました。
今思えば抵抗できるような力だったので刺す気はなくただ嫌がらせをしたかったのでしょうがそうは思いつつも気味が悪く、10年経つ今も夜道がふと恐怖に感じる時があるので同じような被害で悩んでいる方はお気軽にお問い合わせください。

あなたが困っていたらそれはもうストーカーです。直ちに解決させましょう!

ストーカー被害のご相談はコチラ

ご安心ください!女性調査員も活躍している探偵社です。
「男性の方だと話しづらい…」という女性ご依頼者のご相談から調査まで可能なのでお気軽にご相談ください!

※女性希望のご相談・調査は事前予約が必要です。

問題解決

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する