集団で行う車両ストーカーについて

集団で行う車両ストーカートラブルが生じている方が、専門の探偵事務所に相談するのも容易ではありません。そこでファミリー調査事務所では無料相談サービスを実施し、悩まれている皆様に解決の第一歩として解決方法について、経験した情報を基にご説明しております。どうぞお気軽にご利用ください。

車両ストーカー被害にお悩みの方へ

集団で行う車両ストーカーについて

車両ストーカー被害

車両ストーカーがターゲットの行き先に先回りできる理由として、追跡班と言われる車両ストーカーのつきまといがあってこそできる技です。車両ストーカーの被害は全国的に見られ、同じような事例と恐怖体験が報告されており、つきまといの中で1番恐ろしくえげつない嫌がらせと言えるでしょう。

車両ストーカーの特徴

全国的に見られる車両ストーカーの特徴をまとめてみました。
皆さんは下記の項目にあてはまる光景をみたことがありますか。

  • 他県ナンバーしか走ってない
  • 携帯電話を必ず持って運転している
  • スマートフォンを向けられる
  • 若い世代が乗る車なのに高齢者が運転してる
  • レンタカー(わナンバー)の車を毎日見る
  • あまり見かけない自動車を来る最近よく見かける
  • 同じ乗用車やバイクが行く先に現れる
  • 毎回違う車両だが決まった時間に必ず現れる

この項目だけでは、一般車と変わらないし、車両ストーカーと区別できません。ただ、車両ストーカーの特徴として、必ずターゲットを見かけたら車載カメラや携帯電話で撮影をして走行しているので一目瞭然です。つきまといが車道を占めてると、ターゲットを見てアンカリング、スマホで報告している仕草をしながら、ターゲットはバスや電車に乗っても、前を見ずに他の追跡班と連絡しながら追跡している車両ストーカーが多いのが特徴です。

自分での解決が困難と感じたら探偵に解決方法を相談しましょう

集団車両ストーカー岐阜県の報告事例

数字を通してメッセージ

愛知県と東京都を結ぶ中央自動車道が通ってる岐阜県では、中央自動車道での車両ストーカー報告が多いエリアです。ターゲットが中央自動車道を走行中に、ゾロ目の車がスピードを緩めたり上げたりしてターゲットの車を妨害されたこと、サービスエリアに入るまでその妨害は続き、サービスエリアに入って止める場所を探すまでの間に、あり得ない場所で停車した二台の車が監視をしていたり、その車が毎日、ターゲットの自宅近辺で見る車のナンバーであることが分かり、サービスエリアまで追跡する車に恐怖心を植え付けられたことで、ゾロ目ナンバー車を見るたびに怯える毎日を過ごしている。
 
この事例で目撃されたゾロ目ナンバーは、全国的に多い調査事例としてターゲットの自宅近辺の住人が乗っている車がゾロ目ナンバーになっていたなど、数字を通して「つきまとい」の恐怖を演出しているの可能性があります。

しつこくつきまとう理由とは

車両ストーカーが高速道路やサービスエリアまで、つきまとう理由として考えられることは、ターゲットの情報です。あらかじめ情報を入手している場合は、連携を取り合って追跡できますが、入手しきれていない情報があると、追跡して情報を拡散する役割を担っているからです。

自分での解決が困難と感じたら探偵に解決方法を相談しましょう

集団車両ストーカーの恐怖

つきまといはつきまといあらず

車両ストーカーのつきまといは、ターゲットを監視してるだけではなく、車だからできる「異常な光景」を演出する恐ろしいグループ。運転手もニヤニヤしたり、街宣車に乗ってるような人が多く強面な人たちが運転しているケースが多く報告されています。しかも、平気で信号無視もするし、現行犯でなければ警察が取り締まってくれないという現実。そんな光景をみて「誰も自分のことを助けてくれない」と実社会に絶望してしまい、精神を病んでしまう人たちが増加しています。そうなる前に、集団ストーカーの存在を知りつくしてる専門家に相談してください。

車両にGPSが取り付けられているかも

車両ストーカーのつきまとい手段としてよく使われるのがGPSです。この「GPS受信機」は、発信器ではなく受信しているだけなので、それを自分で見つけ出すというのは目視で探すしか方法がないです。自分でできる対策としては、携帯の電波が入りずらい場所(地下など)ではGPS位置検索が難しいため、離れて検索しているストーカーには有効です。弊社では、GPS車両追跡装置(発信機)の発見調査を行っていますのでお気軽にご相談ください。

自分での解決が困難と感じたら探偵に解決方法を相談しましょう

集団車両ストーカー利用方法

未来を切り開くために一歩前へ

集団ストーカー被害を相談できる探偵事務所を探すのは難しいかと思いますが、相談相手を探すのは「自分」でしかありません。インターネットで「集団ストーカー 相談」「集団ストーカー 探偵」「集団ストーカー 解決」と検索して「これだ」という探偵事務所が見つかったら、思い切って連絡してみてください。収穫が無くても、必ず理解してくれる人がいると確信を持って、相談できる専門家を探しましょう。

調査の流れ

1 お問合せ〜ご相談

ファミリー調査事務所にお電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

お問合せ〜ご相談

2 ご面談〜ご検討

お電話にてご予約いただいた日時に、事務所にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

ご面談〜ご検討

3 ご依頼〜調査開始

面談によるご相談の結果、調査相談による助言等のみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

ご依頼〜調査開始

4 ご報告〜アフターケア

証拠に自信!裁判にも有効な報告書で調査結果を報告。調査結果は報告書で報告します。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。専門家を紹介することも可能です。

ご報告〜アフターケア

集団車両ストーカーサポート

車両ストーカー解決方法

『車両ストーカーを解決するためには、被害状況を把握し正しい対策を行うことから始まります! 』
車両ストーカーによる被害は、自分で立証することが困難なケースが多く、また判断が難しく間違った判断は解決から遠のくため必ず専門の探偵事務所にご相談ください。車両ストーカーを解決するために最も重要なポイントは「相談者と二人三脚」、「正確に調査する豊富な機材」、「巧妙な手口に対応する技術」と考えています。

力強くサポート

『必要に応じて弁護士のご紹介や法的アドバイスもサポートします』
車両ストーカー調査だけではなく、その後のアフターフォローも重視しております。調査中や調査後のサポートは、被害者だけではなくその周辺にいる家族や親族の不安を払しょくするような対策を講じる活動も行っておりますのでご安心下さい。

ファミリー調査事務所

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ファミリー調査事務所では、24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらからお電話致しますのでお名前・電話番号記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。




メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日

ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する