公開日:2022/06/21

情報収集を妨害し孤立させる「集団ストーカーの妨害工作や情報操作」

集団ストーカーはあらゆる手段を使ってターゲットを陥れようとします。その際、ターゲットがどのような抵抗手段を取るかも織り込み済みなのは、被害者の行動パターンに共通点が多く、どんな心理状態にあるのか熟知しているからです。

では、集団ストーカーが仕掛ける妨害行為や情報操作を駆使してどのようにターゲットを追い詰めていくのかを解説します。

男性記者が記事を作成しました
集団ストーカー調査
2022年6月21日 更新
探偵調査10年以上の経験者の指導のもと、集団ストーカー調査担当者が書きました。お悩みを打ち明けていただくことが、大きなトラブルへの発展を防ぎ、問題を解決する第一歩になるのです。皆さまの問題を解決できるよう尽力いたします。

目次│集団ストーカー被害相談

1-集団ストーカーの「妨害工作」の目的

周知を最も嫌う集団(もしくは組織)

集団ストーカーの被害に遭った方々のコミュニティはNPO法人から地域の小規模な集まりまで、全国にさまざまな形で存在します。

以前の集団ストーカーの被害者は、同じ苦しみを体験し理解しあえる仲間を得る機会はほとんどありませんでした。

今ではネットワーク網を構築し、「集団ストーカーという犯罪者集団の周知」ための署名活動や啓蒙活動などを積極的に展開するようになりました。

このような活動は集団ストーカーには脅威となり、「偽被害者」を使って分断したり、情報操作を行ない被害者同士が接触しないように妨害します。

迷惑行為防止条例やストーカー規制法の改正

各都道府県の迷惑行為防止条例やストーカー規制法の改正により、集団ストーカーの加害行為もいくつか処罰の対象になりました。

そのため、活動が大きくなることで、組織の正体を暴かれたり、状況によっては警察当局の捜査の手が及ぶことを恐れているのかもしれません。

そのため、さまざまな手段を用いて被害者同士のつながりを断つための妨害をしたりします。

1-1 ターゲットを孤立させる手段

集団ストーカーによる妨害行為のなかでもっとも顕著なのが、ターゲットをコミュニティから孤立させることです。

ここでは、集団ストーカーがどのような妨害工作をするのか、具体例を紹介します。

パソコン、スマートフォンの電波妨害

携帯電話やメール、LINEなどの無料通話アプリは今や欠かすことのできない伝達・情報収集ツールになっています。

特にメールやコミュニティサイトは最新の情報をいち早く知ることができるため、とても重要です。集団ストーカーはまず、それらの情報取集ツールを使えなくしようとします。

スマホの情報を抜き取る

パソコンやスマートフォンに保管してあるデータをハッキングされると、インターネットでどのようなことを検索して調べたのか、また誰と連絡を取り合ったのかなどの個人情報が集団ストーカーに筒抜けになります。

コミュニティから分断する

集団ストーカーがよくやる手口の1つに、職場をはじめ住んでいる地域やコミュニティに居づらくする、または出て行かざるを得なくなるまで追い詰めることがあります。

例えば、「不倫をしている」「過去に逮捕されたことがある」というような根も葉もない嘘話を近隣住人や職場の上司・同僚、さらには友人知人らに広め、ターゲットの社会的信用を損なわせようとします。

上記のような手段はよくある手口となり、高度な技術では「洗脳工作」や「精神病工作」を使って集団ストーカーは被害者どおしのつながりを分断しようとします。

妨害対策について

集団ストーカーからの妨害を受けたと感じた場合、被害者のコミュニティからいったん距離を置いてみるのことも大切です。

コミュニティに対する工作を行なう加害者がターゲットが自ら去ったと思わせることで、翻弄できます。以下に紹介する対策方法を取ってみることもおすすめします。

根本的な解決を目指すなら探偵に相談

集団ストーカー解決には第三者に対して「故意に行った」ことを証明する必要があります。被害者がいくら被害を主張しても『被害妄想』と思われてしまうと解決が非常に難しくなってしまいます。

情報が不足していたり、相談できるところに行っても解決ができなかった場合は、探偵の無料相談からはじめてみてはいかがでしょうか?

2-不安を煽るための嘘「情報操作」

集団ストーカーが繰り広げるターゲットに対する「悪評・風評被害」は、インターネットを利用して全国的に広がっていると思われがちですが、一種の洗脳工作だと知ってください。

いままで調査してきた結果、嘘を一部に拡散されていることはよくありますが、「全国的に広がっている」「デジタルタトゥーは一生消えない」などよっぽどのことがない限りありません。

集団ストーカーが精神的に追い込むことが目的とした行為で、被害者の思い込みが重なってしまうと精神疾患に「陥りかねない」でしょう。

実際はごく一部に共有されているだけだったこともあり、気にしなければ普段と変わらない生活が送れます。

嘘の情報に振り回されて大騒ぎすればするほど周囲から「この人おかしい」と見られるようになり、自分の首を絞めてしまうのです。

被害者の風評被害はインターネットの掲示板にそのまま書き込まれるというより、一部で情報が共有されていたり、協力者に「気にしてるワード」を仄めかしさせたり、不安を煽る工作の方が目立ちます。

実際にオンライン上の風評被害であれば、「サイバー調査」で被害把握から削除申請まで保証をつけた調査が可能なのでお気軽にお問合せください。

ネット上での誹謗中傷は専門家に相談

集団ストーカーの嫌がらせは、「ネットの世界」にも繋がっており、ターゲットかその周りの人たちが気付かない限り知ることができません。

集団ストーカーの情報操作によって作り上げた「人物像」が、勝手にネットの世界に拡散されている可能性はあります。

もし、個人情報が広範囲に漏洩している可能性があるときは迷わずご相談ください。

2-1どうしたら自分の情報を守れるのか

集団ストーカーはスマートフォンや小型カメラをもってターゲットに近づき、撮影して情報共有している可能性が高く、その風貌や状況で面白おかしく、ターゲットの人物像を作り上げて拡散する流れです。

見知らぬ人たちからスマートフォンのカメラで撮られるという被害は多く報告され、注意すると「ゲームをやっていた」など言い訳されるので、よっぽどのことがない限り接触することはおすすめしません。

接触することで「不審人物」と扱われ、その姿を拡散されてしまうと本当に不審人物としてみられてしまい、外出することが嫌になってしまうでしょう。

相手にすることが「罠」だといち早く知ること

しかも、悪気がないのが厄介で、捕まえても「赤信号みんなで渡れば怖くない」認識で、罪の意識はありません。

なぜなら、言い訳できる場所で日常に溶け込んだ嫌がらせであることが、この犯罪の厄介なところです。

軽くみている厄介な実行役には犯罪行為であることを認識させることが必要ですが、実行役レベルに時間と労力の無駄に使うことはお勧めしません。

証拠が欲しいときは、なんでもかんでも調査するのではなく「取得しやすい加害」に狙いをつけて行なうので、解決させたいときはご相談ください。

理解者の必要性

集団ストーカーが拡散するターゲットの情報は、ゲームのように操作して遊んでます。情報操作によって作り上げられた人物像をいとも簡単に「不審者」と信用する人が多くいることに注意しなくてはいけません。

辛い日々を送っている皆さんに言いたいことは、集団ストーカーから打破するのは「1人」では限界がありますので、当事務所の「支えあう会」をぜひご利用ください。

3-控えるべき行動と取るべき行動

集団ストーカーの狙いはターゲットを孤立させ、理解者や味方が1人もいないと思わせることです。

そのような状況に陥ると、八方塞がりでどうしようもないと思いがちです。そのため「自分しか信用できない」「自分で何とかするしかない」と躍起になってしまい、振り回されている被害をよく見ます。

以下は失敗のリスクが高くなりかねない考え方や行動です。

全員が敵と思いこむ

集団ストーカーでは不特定多数の人からつきまとわれている経験から、『全員が敵だ』と疑心暗鬼に陥ってしまいます。疑心暗鬼に陥ると、優しい言葉さえ全てを疑ってかかり、孤立を加速させてしまいます。

そうした状態では意思決定能力が著しく乱れているため、全く関係のない赤の他人を加害者と思い込んでしまうこともあるので、なにかするときは第三者の意見を取り入れ慎重に決めるべきです。

諦めること

最もやってはいけないことが現状を打破せず諦めてしまうことです。集団ストーカー被害を放置しても自然に終われケースは加害者の都合でしかなく、エスカレートするリスクもあり、加害者側が仕掛ける負のループに嵌ってしまい、解決に向かうことはありません。

控えるべき行動がわかったところで、実際に解決に向けてすべき行動や心構えとはどういったものなのかご説明します。

信頼できる人を疑わない

集団ストーカー被害者は、孤独に戦っている人が多い傾向があります。ご自身で解決までの証拠収集ができてもメンタルを維持し続けることは難しいでしょう。

まずは、相談できる理解者を探してみてはいかがでしょうか?何よりも孤立を防ぐ予防線となります。

慎重に行動すること

誤った行動をして、自分の身を滅ぼすことのないようにしましょう。親身になってくれる仲間や理解者がいれば、自分がどのように行動すればいいのかアドバイスをしてくれるはずです。

NGな行動は、確証がないのに問い詰めたり、反撃して暴力事件に発展してしまうことがないように、日頃から感情をコントロールするようにしましょう。

嘘の情報に惑わされないようにする

以前なら、集団ストーカーの被害を訴えても、ほとんどが統合失調症による幻覚・幻聴で片付けられてきました。しかし近年では、集団ストーカーは周知されようになり、「集団ストーカー」の調査を依頼される方が増えてきています。

集団ストーカーはターゲットにした相手を陥れるため、嘘の情報を広めたり、近隣から不審人物と思われるような悪評を立てたりします。彼らが流す「嘘の情報」に惑わされないように、冷静に対処しましょう。

4-逃げないで集団ストーカーと向き合う

集団ストーカー被害者が、解決したいという意思を持つかどうかが組織犯罪と縁を切れるかどうかに大きくかかわります。

「そのうちなくなるのでは」と思い、放置する人には犯人側には好都合で、解決できるチャンスがあってもあの手この手で解決の糸口をつぶしてきます。

「そこまでするか?」と思いますが、加害側は執着心の塊です。おそらく協力者には”飴と鞭の使い分け”が徹底している組織で統制が取れているのでしょう。

つまり「秘密」にしたい犯行を掘り起こし、「秘密」にさせない姿勢がとても重要になってきますが、ひとりで対策するというのはかなりの困難を極めます。

まずは、自分でできる情報収集を行ない「解決の糸口」を見つけてみてはいかがでしょうか?

被害の調査・分析

  • 1.家の外や会社で今までと違うことが起きていることを記録・分析
  • 2.仄めかしの内容を覚えている限り記録し、情報漏洩の原因を探る
  • 3.なぜ自分はターゲットになったかを過去を振り返ってみる
  • 4.被害当初から現在までの環境・人間関係・身体的被害の経歴と詳細の書き出し
  • 5.コリジョンキャンペーンやノイズキャンペーン、アンカリングなども記録

情報収集

  • 本や電子書籍から被害の情報収集
  • インターネット上の被害者ブログや記事から情報収集
  • 海外・日本の探偵が公開している情報やNPO団体から情報収集

真実を知らなければ何も変わらない

集団ストーカー被害の解決方法

集団ストーカー被害で精神的に辛い場合、その現状を打破するためにはまず嫌がらせに関連する情報を収集する必要があります。

特に嫌がらせを証明するための「証拠」は、上記でもお伝えしたように必ず必要だと言えます。

やってはいけないパターン

証拠の無い状態で問いつめても相手に濁されてしまう可能性が高く容易に解決はしません。

当然、「やられたらやり返す」「行き過ぎた証拠収集」は、加害者となってしまうリスクがあります。

  • 証拠がない状況で追及する。
  • やられたら同じことをやり返す。
  • 行き過ぎた証拠収集(撮影場所や撮影方法)

裁判や調停でも認められる調査報告書

集団ストーカー無料相談利用方法

最善の解決策が見つかるまで何度でも無料

当事務所の無料相談では、調査の専門家が問題の対処方法をアドバイスしたり、調査の手続きをご説明したりしております。1回のご相談で解決しない場合は、複数回ご相談いただいて構いません。

また、調査が必要かどうかわからない問題も、まずは相談してください。お悩みを打ち明けていただくことが、大きなトラブルへの発展を防ぎ、問題を解決する第一歩になるのです。

調査の流れ

1 お問合せ〜ご相談

まずはファミリー調査事務所にお電話をいただき、面談のご予約をお取りください。年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)また、お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

お問合せ〜ご相談

2 ご面談〜ご検討

お電話にてご予約いただいた日時に、事務所にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けください。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務があるので、お話しいただいた内容が外部に漏れることはありません。ご予約いただいた後に、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

ご面談〜ご検討

3 ご依頼〜調査開始

面談によるご相談の後、調査をご依頼される場合、着手金・実費等の調査費用についてご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び調査方法、調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定めの他、探偵業務の対価などを明記した契約文書のことです。ご依頼者と受任者がそれぞれ1通ずつ、同一内容の原本を保有します。

ご依頼〜調査開始

4 ご報告〜アフターケア

証拠に自信!調査結果は報告書で報告します。写真の顔がはっきりと映っているなど、裁判になったときにもきちんと証拠として採用される報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実しているので、専門家を紹介することも可能です。

ご報告〜アフターケア

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する 安心無料で相談する