公開日:2023/09/04 / 最終更新日:2023/09/06

隣人からの騒音や振動による嫌がらせ被害と解決事例

嫌がらせ専門対策室#嫌がらせ#近隣トラブル

近隣トラブル騒音振動

隣人による騒音や振動が日常生活に影響を与えることは多い。

そんな時、どのように対処すれば良いのか、「騒音おばさん」を例にとって、具体的な解決事例を紹介します。

当事務所が科学的な測定手法で確認し、解決に導いたケースを掲載しています。

執筆者兼監修者

執筆/監修者:山内 和也2023年9月4日更新

嫌がらせ調査歴20年探偵調査10年以上の経験者の指導のもと、嫌がらせ調査担当者が書きました。嫌がらせ調査について徹底的にわかりやすく書いているので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

> 監修者ページ

1- なぜ「騒音おばさん」は罪に問われたのか

一躍有名になった「騒音おばさん」の裏側

「引っ越し、引っ越し、とっとと引っ越し、しばくぞー」というフレーズで瞬く間に名を馳せた「騒音おばさん」

この記事では、彼女がなぜ加害者とされたのか、その理由を探っていきます。

彼女は法的に加害者とされ、多くのメディアがそのように報じています。

特に注目されたのは、2005年に奈良県警に逮捕され、2007年に最高裁で実刑判決が確定した奈良騒音障害事件です。

しかし、SNSでは「騒音おばさん」は実は被害者なのではないかという意見も多く見受けられます。

騒音おばさんがした行為

「騒音おばさん」が裁判で加害者とされた理由は、隣に住む夫婦に対して24時間大音量で音楽を流していたからです。

彼女の主張によれば、これは自分の障害を持つ子供の発する奇声をかき消すためだったと言います。

騒音おばさん受けた行為

一方で、「騒音おばさん」自身も隣の夫婦から強い光を当てられたり、早朝から布団を叩かれるなどの嫌がらせを受けていたと主張しています。

さらに、裁判で使われた動画には隣の夫婦の笑い声が編集で消されていた可能性があります。

明らかにならなかった真実

裁判では、「騒音おばさん」が何故そうした行動をとったのか、その原因が明確にされることはありませんでした。

メディアも彼女を単なる加害者として報じ、両者の主張を平等に取り扱っていなかったという問題点もあります。

2-「騒音おばさん」の複雑な状況解説

騒音おばさん

事件の背後にある真実

「騒音おばさん」は、新しく隣に引っ越してきた夫婦と当初は友好的な関係にありました。

だが、彼女が隣夫婦に自分の娘が障害を持っていると話した後、状況は一変。宗教への勧誘を断った彼女は、隣夫婦からの嫌がらせを受け始めるようになったとされています。

例えば、夜中に眠れないほど強いライトが彼女の自宅寝室に照らされ、それを止めるように頼んでも聞き入れられなかったというのです。

宗教団体への「ノー」が原因で嫌がらせが増加?

隣夫婦は「騒音おばさん」の娘の障害が「騒音問題」になっていると近隣に広め、そのため彼女は24時間音楽を流して防音対策を取っていました。

これは、母親として自分の娘を守るための行動だった可能性が高いです。

いくつかの証拠や証言から見ても、隣夫婦が彼女を故意に加害者に仕立て上げたと考えられます。

その動機の一つとして、彼女が隣夫婦からの宗教団体への勧誘を断ったことがあるかもしれません。

これはSNSの情報であり確実性は低いものの、完全に否定するわけにはいかない状況です。

※この内容は、多くのSNSやネット掲示板から集められた情報に基づいています。

3- 隣人からの騒音被害

被害の実態と対処方法

隣人からの騒音被害は、多くの人々が住宅密集地で共存する現代社会において、避けられない問題となっています。

この被害は、テレビの音量、大声での会話、足音、家庭用機器の音など多岐にわたります。

被害の種類とその影響

騒音被害は主に以下のような形で現れます。

  • 音楽やテレビの音量が極端に大きい
  • 深夜または早朝に家庭用機器を使用する
  • 大声での会話や喧嘩
  • 嫌がらせのために使うパラメトリックスピーカー
  • 足音、ドアの閉め方など日常生活の音

これらの被害は、被害者にストレスや不安、睡眠不足などの心身の健康問題を引き起こす可能性があります。

対処方法

騒音被害に対する対処方法は以下の通りです。

  • 対話を試みる:まず、隣人との対話で解決を試みましょう。理解し合える場合が多く、最も簡単な方法です。
  • 証拠を集める:対話が効果を示さない場合、騒音の証拠を集めることが重要です。これには、音量計を使用する、騒音発生時の時間を記録するなどがあります。
  • 自治体に相談する:証拠が揃ったら、次のステップは自治体や警察に相談することです。必要な場合は、法的手段を講じることもあります。

隣人間の騒音問題は繊細であり、感情が高ぶりやすい問題でもあります。そのため、冷静かつ慎重に対処する必要があります。

※この記事は一般的なケースに基づいており、個々の事情によって対処方法が異なる場合があります。

4- 隣人からの振動被害

いったい何が起きているのか

隣人からの振動被害は、騒音被害と同様に近隣トラブルの一つであり、特に集合住宅でよく報告される問題です。

これには、大音量で音楽を聴く、家具を引きずる、重い物を落とすなど、多くの原因が考えられます。

振動被害の種類と影響

振動被害は以下のような形で出現します。

  • 家具や壁が振動する
  • 床が揺れる感じがする
  • 窓ガラスが震える

これらの振動は、住民にストレスや不快感、さらには健康問題をもたらす可能性があります。

解決策と対処方法

振動被害に対する具体的な対処方法は以下です。

  • まず対話を試みる:被害を感じたらまずは隣人と話をしてみましょう。多くの場合、相手は振動が周囲に影響を与えているとは気付いていないことが多いです。
  • 証拠を集める:対話が解決につながらない場合、振動の証拠を集めることが次のステップです。特定の時間帯に振動が起きるといったパターンを明らかにし、必要であれば記録を取ります。
  • 専門機関へ相談:証拠が揃ったら、自治体や専門の相談機関へ持ち込むことができます。さらには、法的措置を考えることも一つの選択肢です。

隣人からの振動被害は、その影響が目に見えにくいため解決が難しいケースもあります。

しかし、適切な対処と協力があれば、問題は解決に向かう可能性が高まります。

※この内容は一般的なケースに基づきます。個々の状況によっては対処法が異なる場合がありますので、専門家の意見も参考にしてください。

真実を知らなければ何も変わらない

5- 何が「騒音」なのか?その複雑な定義と対処法

法律の枠組みと個人の感じ方

一般に「騒音」とは大きな音を指すことが多いですが、実はその定義は法的にも主観的にも複雑です。

公共の場での音量は「騒音規制法」によって定められていますが、個々の民事事件においては明確な基準が存在しません。

さらに、「うるさい」と感じるかどうかは人それぞれ。数値で測っても、「それほど大きくない」と他人が感じる場合もあります。

このあいまいな定義を利用して、故意に騒音を作り出して嫌がらせをするケースも報告されています。

よくある被害事例は以下の通りです。

  • 寝ている時に上階からくる規則的な「トントン」音によって眠れない。
  • 自分が何かをするたびに、隣の部屋から奇妙な音が聞こえてくる。
  • 早朝から突如として音楽が流れ始め、睡眠が妨げられる。
  • 話し声が聞こえるが、これが建物の構造だけが原因ではない可能性がある。

これらは音量が大きくない場合でも、タイミングや状況によっては非常に不快に感じる事例です。

騒音の源を探るためのステップ

騒音問題の証拠を集めるには、音量を計測するデータが不可欠です。

このデータを使って、通常時と騒音発生時を比較することで、明確な証拠を得ることが可能になります。

6- 解決への一歩!騒音と振動の問題

調査による解決

当事務所は「振動音調査」を専門的に行い、科学的データを基に解決策を提供します。

目的は、被害者の状況を詳細に把握し、その上で全面的なサポートを提供することです。

具体的な方法としては、騒音や振動の対策を科学的に分析し、最適な解決法を提案します。

女性
クライアント: 30代女性
ご依頼内容: 嫌がらせの調査
依頼の背景: 上階の住人から騒音を受け、対応策を探しています。警察の対応は限られており、自分と夫の健康にも影響が出てきています。
調査結果: 問題の振動音の原因を特定し、対応策を実施。必要な場合は、管理会社に証拠を提供して問題を解決します。
女性
クライアント: 60代女性
ご依頼内容: 騒音問題調査
依頼の背景: 隣家から頻繁にドラムの演奏音が聞こえてくる。夜間でも演奏が行われ、生活に支障をきたしている。自治体に相談したが、十分な対応がされなかった。
調査結果: 実際に音響測定調査を行い、騒音レベルが許容値を超えていることを確認。次に、隣家に対して調査結果を提示し、妥協点を見つける交渉を行いました。 最終的には、隣家が演奏時間を限定することで解決に至りました。

7- 解明へ向けて

騒音問題は煩わしさだけでなく、心の平穏をも奪います。一人で悩んでいても解決は困難です。

近隣との関係を悪化させずに解決するためには、客観的なデータと適切な対策が必要です。

当事務所はその両方を提供し、皆様が安心して生活できる環境を作るために努力します。

ファミリー調査事務所 お問い合わせフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する 安心無料で相談する

TV・マスコミ掲載情報

1.令和2年8月28日
THE フライデー
情報提供:「室間添随症」の実態
2.令和5年3月9日
THE 突破ファイル
情報提供:「新企画!盗聴発見Gメン」

Worldwide THE FAMILY Investigation Agency

世界探偵協会加盟

警察庁

東京弁護士会

共感と寄り添いの会「ふぁみりー」

慰謝料請求専門調査窓口

ファミリー調査事務所の探偵塾

クレームに悩まない新しい不動産管理サービス。クレームやトラブル対応はプロにお任せ。不動産の安心管理を徹底サポート。

婚活のプロフェッショナル「探偵の縁むすび」

ファミリー調査事務所へ よくある質問