公開日:2023/06/05 / 最終更新日:2023/08/09

失踪した家族が残した遺書-初動の重要性と手遅れになる前の対処法を解説

失踪人探し調査#失踪人

遺書を残して失踪した家族の家出(失踪)人調査

警察庁や厚生労働省の調べによると家出人(行方不明者)の数は増加の一途を続け、現在、年間9万人に迫ろうとしています。

加えて、届け出がなされていないケースも含めると、年間10万人を超えているともいわれています。

また、「自ら命を絶つ者」の数は微減傾向が続いていたものの、コロナ禍の影響を受ける形で、令和2年以降は増加に転じ、年間2万人を超える水準となっています。

孤独感にさいなまれ精神的に追い込まれたり、失業などの経済的な理由で、死に場所を求めるように、家出や失踪する人が増えています。

ここでは、遺書(もしくは、自ら命を絶つ行為をほのめかすような行動・言動・メモなど)を残し失踪したケースについて、家族がとるべき対応を解説していきます。

調査員篠原

執筆者/篠原
2023年6月5日 更新

探偵調査歴10年。探偵調査歴15年以上の経験者の指導を受け下積み3年。問題解決してきた、数々の実績・経験を元に徹底的にわかりやすく執筆。

> 監修者ページ

目次

失踪が発覚した際は行方不明者届を提出

まずは警察に行方不明届

「警察は“民事不介入”が原則であり、家出人探しには消極的」と考えている人は多いのではないでしょうか。

しかしながら、遺書があったり、自ら命を絶つ行為をほのめかす言動がある場合、行方不明届(かつては「捜索願」といわれていました)を提出することにより「特異行方不明者」とされ、警察が積極的に捜索することになります。

「行方不明届」を出すときのポイント

「行方不明届」を届け出られるのは、行方不明者の保護者、配偶者、親族、監護者、福祉従事者、同居人、雇い主に限られ、届け出する際は警察署や交番に直接出向くことが必要です。

電話では受け付けてくれない点には注意が必要です。慌てて「110番」してしまいがちになりそうですが、結局は二度手間になります。

また、警察に届け出を出す際には、身分証印鑑が必要となります。

探偵・調査会社に依頼するメリット

警察による捜索には限界がある

前出のように、行方不明者が、約2分半に1人のペースで届け出がなされている現象や現状の警察の規模を考えると、犯罪の捜査や事故の処理などの業務が多岐にわたり、自ずと行方不明事案にかけられる人員や時間に制約があります。

自力で捜索する方法もありますが、手法を間違えば、警察による捜索の妨げとなってしまう可能性の出てきます。

そこで、警察による届け出と並行して、「家出(失踪)人調査」の専門家である探偵・調査事務所へも依頼すれば、メリットが大きいといえるでしょう。

早期発見につながる情報は多いほど効果的

捜索のヒントとなる情報は多ければ多いほど早期発見につながります。

家出人の写真はもちろん、携帯番号や残していった服や所持品も、捜索の大きなヒントになり得ます。

そして、警察への届出、探偵・調査会社に依頼に重要なことは、何よりも「スピード」といえます。

警視庁の調べによると、行方不明者の約6割は行方不明事案の1日以内に発見されているというデータもあり、早期に捜索を依頼する大切さを裏付けるといえます。

クリックすると移動しますあわせて読みたい

早期発見と死亡確認日数について

グラフ パーセンテージのキューブ

遠方で暮らす息子・娘の捜索も可能

警察では積極的に捜索しないことも

離れて暮らすご子息(息子・娘)が、ショートメッセージやLINEで、自ら命を絶つ行為をほのめかすような言葉を残し、消息を絶った場合、親の近所の警察に届け出たとしても、所轄が違うため連絡や情報の共有に時間を要し、その間も事態が悪化している可能性もあります。

この場合、時間との勝負となるため、ためらわずに探偵・調査会社に依頼することが得策でしょう。

遺書を残していた場合は「時間との勝負」

遺書まで残して失踪した場合、本人はすでに「覚悟」を決めている可能性すらあります。また、うつ病などの精神疾患も抱えている場合もあるでしょう。

以上のことから、ご依頼者の側も「即断即決」で捜索を依頼する必要があり、探偵・調査会社も「即日(当日)調査」に対応した業者を選ぶ必要があります。

「再発防止」までサポート

失踪に至った悩みや心の病に寄り添います

このような行方不明事案の場合、他の家出(失踪)人調査と決定的に違うのは「探し出して終わり」ではないことです。

当事務所では、本人が独りで抱え込み続けていた悩みや事情などに寄り添い、ご依頼者とともに次善策を一緒に考え、再発防止につなげていくサポートをいたします。

遠く離れて暮らす家族を見守るサポートも

「遠方に暮らす家族(親・息子・娘)が心配」というケースでも、当事務所のサービス「ファミリーセキュリティ」にて、日常生活における生活全般のトラブルに対応いたします。

家族が失踪しても焦らず対象することが重要

もし突然、大切な家族が遺書を残して行方をくらましたら、誰しもがうろたえ、冷静さを失うでしょう。

そのうえで、コロナ禍によって人のつながりが希薄となり、人知れず孤独感を募らせているケースも多くなっています。

「いつ・誰が」いなくなっても不思議ではない世の中となっているといえます。だからこそ、“心の準備”だけは必要なのです。

“そのとき”が突然、自分に降りかかっても動揺しないよう、どう準備するかも、大切な人を失わないために重要なリスクヘッジとなるのです。

警察・探偵の“両面”での捜索を

身近な人が遺書を残して行方不明となるなど、考えたくもないことかもしれません。

しかし、「仮にそうなったら、どう動くべきか」考えることは、さまざまなトラブルに備えて、頭のなかでシミュレーションすることと似ています。

いずれも、“いつ訪れるかもわからない万が一のできごと”に備えることにつながります。

そして、身近な人が遺書を残して行方不明となった場合などの現実に直面したときは、家出(失踪)人調査の専門窓口を有するファミリー調査事務所にご相談ください。

家出(失踪)人調査の概要

家出(失踪)人調査とは、言葉のとおり家出人の行方や足取りおよび居場所を特定することを目的とした調査です。

まずは、遺書を残して失踪した家族を探し出すこと(安否確認)を最優先に行ないます。

家出(失踪)の原因は、事件や事故・心の病気が原因の家出(失踪)の他にも、異性関係が原因など家出(失踪)人によってさまざまです。

家出(失踪)の原因に応じて適切な対処を行なわなければ、手遅れになってしまう可能性もあります。

また、家出(失踪)先で事件や事故に巻き込まれていた場合、わずか数日の遅れが生死を分けることもあります。

家出(失踪)した当時の状況や残された情報をもとに、人員をかけた捜索、聞き込みによる情報収集、張り紙の作成や張り出し、尾行調査、張り込み調査、データによる情報収集、独自の情報網を駆使し、状況に応じた方法で家出(失踪)人の捜索を行ないます。

準備する情報の種類とは

  • 移動手段
  • 失踪当時の服装
  • 失踪した家族の写真
  • 失踪当時の持ち物・所持金
  • パソコンや携帯の検索履歴
  • 失踪した日の情報(時間帯や様子など)

警察と探偵の違いは事件性にある

大きな違いとして、探偵の場合は「事件性が高い」「事件性が低い」などの内容に関係なく行動してくれる点ではないでしょうか。

警察に事件性が低い「一般家出人」と判断された場合は積極的な調査は行なわれませんが、探偵は行動するまでが早いので早期発見に期待できます。

当事務所は家出(失踪)人調査に特化した探偵事務所です。探偵は自分たちにはできないことも迅速に対応ししてくれるため、安心して任せることができます。

高い捜査力や独自の調査

ファミリー調査事務所は高い捜査力や独自の調査・ルートから、家出(失踪)人の居場所を探していきます。

残された情報や状況など精査し的確な調査を行なうことで発見率は高くなります。過去には、遺書に残されていた自殺の名所や山や林などの捜索を行なった実績もあります。

家出(失踪)の原因と状況に応じては、独自の調査(山岳・海難捜索調査、ドローン捜索調査)で居場所につながる情報収集を行ないます。

家出(失踪)人調査の費用について

ファミリー調査事務所の家出(失踪)人調査は、基本料金1名(1時間)8,300円からご依頼が可能です。

家出(失踪)人調査は、事前の情報量・信憑性、調査内容(捜索範囲)、調査期間(日数・時間数)、調査員の人数、サポート内容などに応じて費用が異なります。

過去の事例から、20~60時間の調査プランをお選びいただく方が多く見受けられます。

しかし、過去のシチュエーションと同じ案件はあり得ません。現在に至るまでの経緯や状況を詳しくお聞かせください。

当日(即日)調査、初動から24時間交代制の調査、最短で1時間の調査にもご対応いたします。

また、ご予算をお聞かせいただけましたら、ご予算内で行なえる最適な調査プランをご提案させていただきます。まずはご相談ください。

成果基準が明確なものを前提とした「成功報酬」での調査プランもご用意しております。

諸経費込みの安心コミコミパックプラン

当事務所のコミコミパックプランは、基本料金に諸経費(交通費・車両代・燃料代等)も含まれています。

基本的に追加料金は一切かかりません。しかし、家出(失踪)人がホテル・旅館に宿泊していた場合、入場者しか利用できないエリアへの潜入が必要になるケースがあります。

このような場合、基本料金のほかに宿泊費や入場料などが別途かかります。事前に担当者と打ち合わせを行ない確認してください。

【失踪】遺書を発見した場合の相談

ファミリー調査事務所は、家出(失踪)人の捜索に特化した探偵事務所です。最短で当日のご面談が可能です。即日(当日)調査やご希望に沿った調査に迅速にご対応いたします。

当事務所は、失踪の再発防止に関するサポートも承っております。家出(失踪)人の捜索から問題解決するまでサポートいたしますのでご安心ください。

緊急時の判断ミスや間違った行動は、命に関わる危険もあります。家族の家出(失踪)は諦めずに探しましょう。大切な家族が帰れる場所を作ってあげてください。

家出(失踪)人調査のご相談は、お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて、24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。

他社などで断られた案件についても対応いたします。緊急性の高い方は、フリーダイヤルをご利用ください。

大切な家族が1日も早く見つかるように、元の生活を取り戻せるよう尽力いたします。

ファミリー調査事務所 お問い合わせフォーム

ご連絡をいただいたら24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらから折り返しお電話するので、お名前・電話番号の記入のみでけっこうです。







メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日
ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する 安心無料で相談する

TV・マスコミ掲載情報

1.令和2年8月28日
THE フライデー
情報提供:「室間添随症」の実態
2.令和5年3月9日
THE 突破ファイル
情報提供:「新企画!盗聴発見Gメン」

Worldwide THE FAMILY Investigation Agency

世界探偵協会加盟

警察庁

東京弁護士会

共感と寄り添いの会「ふぁみりー」

慰謝料請求専門調査窓口

ファミリー調査事務所の探偵塾

クレームに悩まない新しい不動産管理サービス。クレームやトラブル対応はプロにお任せ。不動産の安心管理を徹底サポート。

婚活のプロフェッショナル「探偵の縁むすび」

ファミリー調査事務所へ よくある質問