新潟県で認知症の徘徊捜索|高齢者行方不明相談

認知症による徘徊者探し相談窓口
新潟県で実績のある探偵ファミリー調査事務所は、法に基づき探偵調査業務を行う全国の探偵事務所です。ファミリー調査事務所は、問題を抱えた方のための駆け込み寺として、皆様に寄り添いながら、問題の解決に向けて取り組んでゆく所存でおります。ふじみ野市で認知症による徘徊したご家族をお探しの方は下記の解決方法をご参考ください。

新潟県行方不明捜索相談窓口

行方不明者の状況整理

認知症とは

認知症という病気は、記憶障害(物忘れ)を特徴とする病気です。記憶障害に対する薬はありますが、認知症の特効薬は、まだ開発されていません。認知症における物忘れは、中核症状と呼ばれますが、それと並んで問題になっているのは認知症の周辺症状で、BPSDと呼ばれるものです。

BPSDとは

周囲の人との関わりのなかで起きてくる症状を「BPSD」といいます。暴言や暴力、興奮、抑うつ、不眠、昼夜逆転、幻覚、妄想、せん妄、徘徊、もの取られ妄想、弄便、失禁などはいずれもBPSDで、その人の置かれている環境や、性格などが絡み合って起きてくるため、それぞれ表れ方が違います。

認知症による徘徊原因

  • 道に迷う

    道順や目印を忘れる記憶障害や、自分のいる場所がわからなくなる見当識障害があると、慣れているはずの場所でも道に迷い徘徊する。

  • 帰宅時

    見当識障害により「自宅」という認識が持てず帰宅しようとすることで、自宅周辺を徘徊する。

  • 居場所探し

    家族や知人の顔が認識できず、見知らぬ人がいる不安や、置かれている環境に不満があったりすると、感情が抑制できず衝動的に外出してしまう。

  • 過去の習慣

    定年退職した会社に出社しようとしたり、昔住んでいた家に帰ろうとするなど、記憶障害で現状を忘れ、過去に習慣として行っていたことをしようする。

家族が行方不明者捜索を行う前に

厚生労働省特設サイト

行方不明となった認知症高齢者が、身元が不明のまま、各市町村において保護されている場合があります。行方不明になった認知症高齢者をお探しの方は、新潟県内で保護されている身元不明者を確認してください。
新潟県身元不明者情報に関する特設ページはこちら
 
《お問い合わせ》
福祉保健部 高齢福祉保健課
在宅福祉班
電話:025-280-5192

地域との連携

新潟県内の徘徊対策には地域との協力が欠かせません。ご近所・地域とは日ごろのお付き合いが大切です。立ち寄る可能性のある店舗や、駅などの交通機関を事前に知っておくと、いざというときに協力をお願いすることもできます。並行して、自力での捜索だけに頼らず、まずは迅速に警察に連絡しましょう。戸惑うかもしれませんが、通報時間が早ければ早いほど捜索範囲も狭まり、発見する確率はずっと高くなります。

新潟県探偵無料相談を活用しましょう!

早期着手が大切です

認知症による徘徊による行方不明者捜索では、早く行動を起こしたほうが判明率が高く、早期に行動し探す出すことで最悪の事態を回避出来る可能性が高いことから早めに動くことが大切です。自分での行方不明者探しや警察での対応に不安を感じたら早急にご相談ください。新潟県ファミリー調査事務所では独自のネットワークを構築しており、ご連絡頂いた当日に必ず新潟県内のスタッフがご自宅に伺います。新潟県内の情報を集められることにより、わずかな情報からでも探し出すことは可能です。

探偵選びの判断基準について

行方不明者捜索を依頼する場合、どんな探偵事務所を選んでも良いわけではありません!必ず「行方不明者捜索に強い探偵事務所」を探して、依頼する必要があります。ほとんどの人は、知り合いに探偵はいないと思われますので、まず初めにインターネットで検索してみましょう。インターネットなどで検索した際や、電話で問い合わせる時に「これをクリアしておけばOK」と判断できるポイントを5つご紹介します。

早めに相談しよう

どのようにして調査を進めていくのかが曖昧だったり、調査プランに自信がないと感じたら、問題に対する経験値は少ないと判断して良いかと思います。一か八かで調査を依頼することは絶対あってはならないことです。仮に上手く証拠がとれたとしても、調査後にどうして良いか分からない方がほとんどです。経験不足の無知な探偵事務所に依頼すると、依頼人に不適切なアドバイスを行ない、行方不明者発見を遅らせてしまう場合があります。最後まで問題解決への的確なサポートができる探偵事務所に依頼しましょう。

過去の解決実績を確認する

「探偵は、全員調査の知識があるのだから、行方不明者捜索に強い探偵じゃなくても良いのでは?」と思われるかもしれません。しかし、実際は探偵事務所にも得意不得意があり、自分の得意な調査以外の実績については、あまり解決事例がない探偵事務所が多いのです。例えば、浮気調査をメインに扱っている探偵事務所に認知症捜索のことを相談しても有益な回答は得られない可能性があります。

調査費用がどれくらいかかるのか、事前に答えることができる

探偵に正式に依頼する前に相談の段階で「実際に調査費用はいくらぐらいかかるのか」を聞いてみることをおすすめします。「実際に調査してみないと分からない」などと答える探偵事務所は、行方不明者捜索のプロではない可能性が高いので、避けた方がよいでしょう。調査経費が調査料金を上回るなんていう悪質なケースもありますので、「経費込み」の料金体系の事務所が安全です。

「大手の事務所だから安心」は間違い!

例えば「新潟県相談実績〇〇件以上」という探偵事務所の広告があったとします。この広告を見たときに探偵業界を知らない一般の方なら「〇〇件も相談実績があるならきっと立派な探偵事務所だから安心して相談できる」と思うでしょう。人は情報に乏しい時は、それが人気があるかどうかで相談先を選択する、という心理を利用したものです。それにネット広告には広告宣伝費がかかり当然、調査費用に反映され高額になります。

デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か

良い探偵事務所というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。依頼者が「このようにしてほしい」と言われても、担当者が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い調査事務所と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!大丈夫です!」という探偵事務所は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

探偵に依頼した時の行方不明者捜索料金

新潟県行方不明者捜索料金

おおまかな目安としては、Aなら比較的簡単に発見できるレベル。B~Cは、調査エリアが広く人数と時間をかけて調査する場合に利用します。警察に捜索願を出したが見つからない、家族だけでは捜索が困難だという場合には、プロの調査機関である探偵への協力要請も検討しましょう。認知症患者が失踪してから発見までの期間の生存率は、4日目で約20%といわれており、いかに緊急性が高いかがわかると思います。

新潟県認知症捜索調査料金
認知症捜索料金 難易度A 行方不明調査(3名)基本料金(10時間):着手金¥75,000 成功報酬無し
認知症捜索料金 難易度B 行方不明調査(4名)基本料金(12時間):着手金¥100,000 成功報酬無し
認知症捜索料金 難易度C 行方不明調査(5名)基本料金(14時間):着手金¥125,000 成功報酬無し

調査料金につきまして

新潟県の行方不明者捜索はお任せください!

長年の経験と独自のノウハウを生かした調査方法

新潟県ファミリー調査事務所では、認知症徘徊者を早急に見つけることを最優先していただくために、専門家にしかできない事、依頼人にしかできない事を明確にすることにより、必要な調査を行います。また、事前に予算をお決めになっている方にも、その予算内で出来る効果的な調査をご提案致しますのでお気軽に申し付け下さい。

認知症捜索相談窓口

新潟県内を拠点に全国いたるところ、隅々まで広がるネットワークを駆使しての認知症徘徊者捜索の調査技術は、皆様から大変な感謝を頂いております。永年培ったノウハウを活かし、ファミリー調査事務所が総力をあげて応援します。認知症捜索なら新潟県認知症捜索相談センターにお任せ下さい。

新潟県地域探偵出張相談・調査対応地域(niigata area)
妙高市 上越市 糸魚川市 加茂市 三条市 長岡市 柏崎市 小千谷市 十日町市 見附市 魚沼市 南魚沼市 田上町 出雲崎町
湯沢町 津南町 刈羽村 新潟市 新発田市 村上市 燕市 五泉市 阿賀野市 胎内市 聖籠町 関川村 粟島浦村 弥彦村 阿賀町 佐渡市  

  

繝輔ぃ繝溘Μ繝シ隱ソ譟サ莠句漁謇€

ファミリー調査事務所 24時間無料相談お見積りフォーム

ファミリー調査事務所では、24時間以内に返信いたします。
お急ぎの方は、こちらからお電話致しますのでお名前・電話番号記入のみでけっこうです。

以下のフォームから、新しい一歩を踏み出しましょう。




メールは24時間以内に返信します。

お電話でご連絡するご希望の時間がございましたら、以下からご指定いただけます。

ご連絡希望の曜日

ご連絡可能な時間帯

安心無料で相談する